子どもと過ごす連休・休日。お出かけ先や楽しい遊び総まとめ
ホーム 検索

事故 - 検索結果

結果が一致しない場合はもう一度検索してください
石灯篭に離れた注意書き「倒壊の恐れあり」

神社やお寺の石灯籠、子どもを登らせるのは危険! 倒壊で下敷きになる死亡事故発生

実は簡単に倒れます。鉄柱やボルトでガチガチに固まっている訳ではないのです。
ペダル無し自転車で走る子どもとそれに驚く自動車

ストライダーで死亡事故、4歳男児が一般道路で車と接触

ペダルがなく地面を蹴って進む幼児用二輪車・ランニングバイクに乗っていた4歳の男児が、左折してきた軽貨物車と衝突。男児は全身を強く打ち、出血性ショックで死亡しました。
自転車のハンドルにかけた傘

自転車事故、閉じた傘が前輪に巻き込まれ転倒。抱っこ紐の赤ちゃんが亡くなる

辛いニュースです。保育園に預けに行く途中、傘さし運転はしていませんでしたが、傘が原因で事故がおきました。
抱っこ紐は、着脱・前かがみ時に事故や恐怖あり。LINE「ヒヤリハット」スタンプで危険防止

抱っこひものLINEスタンプができました。着脱・前かがみ時に、事故やヒヤリハット!

抱っこひもの事故をなくそう。赤ちゃんの「のけ反り」、ママ・パパの「前かがみ」、台所「調理中」のの油断、「自転車」運転中の前抱っこは要注意!
トラックと自家用車が正面衝突。炎上!

本物のヒーロー、K1格闘家小宮山工介さん。炎上事故から、ひじ打ちで窓を割り男性2人を救出

父の教えは「死ぬ気でやれ」。格闘技は『力』と『勇気』と『正義』を与えてくれる。
毎年300人以上の子供が、転落・溺水などで死亡。第一回「子どもの事故防止週間」が伝える危険ポイントとは

毎年300人以上の子供が、転落・溺水などで死亡。第一回「子どもの事故防止週間」が伝える危険ポイントとは

こんなに沢山ある、赤ちゃんや子供にとっての危険スポット。政府が「防ぐことのできる事故を可能な限り防止する!」を掲げる。
穴があったら差してみたい、という謎の習性。子供のコンセント感電事故に注意!

穴があったら差してみたい、という謎の習性。子供のコンセント感電事故に注意!

コンセントの穴に、鍵を二本差し込んで感電(5歳児) 子供の発想が怖ろしい……。
3月から公園・広場での事故が増加。発生最多の遊具と事故原因は?

【注意喚起】3月から公園での子供の事故が増加。怪我・死亡最多の遊具とその原因は?

すべり台を逆走して衝突・転落し、頭がい骨骨折。ジャングルジムにランドセルがひっかかり宙吊り、意識不明。危険行為だけではなく、服装が原因での事故も発生しています。
この飛び出しは避けられない! 小学校入学をきっかけに交通事故が急増、7歳が死傷者最多

この飛び出しは避けられない! 小学校入学をきっかけに交通事故が急増、7歳が年齢別死傷者で最多

ドライブレコーダーが捉えた恐怖の瞬間。あなたはこれを避けられますか? 8歳以下の子供は「歩くより走った方が安全だ」と考えるそうです。
2月3日の節分、3歳までは豆を食べさせないで! 子供の窒息事故が起きています

2月3日の節分、何歳から豆を食べていいの? 子供の窒息事故に注意喚起

節分で豆を食べた夜に息が苦しくなり全身麻酔で緊急手術など、豆やピーナッツなどのナッツ類は要注意!
0歳の赤ちゃん、添い寝は危険! 大人用布団で窒息死、親で圧死など、家庭内死亡事故5年間で160人

0歳の赤ちゃん、添い寝は危険! 大人用布団で窒息死、親で圧迫など、睡眠中の死亡事故5年間で160人

顔にかぶさった布団が取れない、顔が埋まっても寝返りできない。14歳以下の年齢別死亡事故は、0歳児が最多なのです。

月齢・年齢別、0〜3歳の危険な行動まとめ。事故事例から学ぶ、赤ちゃんの怪我予防

ふかふかの寝具で窒息死、歯ブラシやフォークによる事故、オモチャの誤飲、熱中症……。消費者庁が注意喚起。
子供の歯みがき、転倒でのどに歯ブラシが刺さる事故多発! 1〜2歳が全体の75%を占める。

子供の歯みがき、転倒でのどに歯ブラシが刺さる事故多発! 1〜2歳が全体の75%を占める

のどに歯ブラシが刺さったまま救急車で搬送。スプーンや箸、棒状のおもちゃも注意!
赤ちゃん用「首浮き輪」で事故多発。手放しOKのお風呂の便利グッズではない!

赤ちゃん用「首浮き輪」で事故多発。手放しOKのお風呂の便利グッズではない!

【使用方法注意】親が洗髪や洗顔、おむつやミルクの準備のため浴槽を出たりなど、ほんの1,2分のあいだに事故が発生。
#保育士さんありがとう

#保育士さんありがとう 最初の投稿。マスコミへの怒りから、Twitterで誤解を説く声が広がる

保育園児のお散歩の列に車が突っ込んだ事故から一夜明け、Twitterで「#保育士さんありがとう」の投稿が凄い勢いで広がっています。
交差点で車道から離れて信号待ちをする保育園児達

信号待ち、歩行者は1歩でも2歩でも後ろに下がって欲しい。ベビーカーは道路からうんと離れよう

防げる事故があるかもしれません。運動能力が高い大人でも、歩道に車が突っ込んできたら避けらないのです。
いろんな国の子ども達が手をつないで並んでいる

5歳の偉人・有名人。えっ、あの人が!?

「あの子って、5歳だったの!?」「あの偉人は5歳の頃、そんなことをしていたんだね」など、お楽しみください。20人(20組)を選出しました。
大人が鬼のお面を付けている

節分の豆まき、鬼が怖くて子ども号泣! 怖がらないお面の使い方

ヤバイ、このまま鬼役を続けたらトラウマになってしまう! 2歳男児が「こわい、こわい……」と号泣。釣られて4歳の女の子も怯えてしまいました。
ひな人形と女の子「お下がりはダメ、姉妹・兄弟一体ずつ。知らなかった……」

ひな人形・五月人形、父母からのお下がりはダメ。兄弟・姉妹一体ずつ必要

節句・伝統文化の啓発と振興のために活動している一般社団法人日本人形協会が、ひな人形の本来の役割を説明するマンガを公開しました。
赤福餅を木ベラで取るところ

あぁ、赤福。なぜそんなに美味しいの? 4歳の息子もお食い初め

あっさりとした甘みと適度な柔らかさ。そして折箱に並ぶその美しさ。木べらを持って家族で分け合う幸せよ。
幡野広志 作品展「優しい写真」

写真家・幡野広志さんの作品展「優しい写真」レポート。息子が1歳半でガン告知、余命宣告

34歳で血液のガン「多発性骨髄腫」になり、医師から「治らない」と宣告。ひとり息子は保育園に入園し、2歳の誕生日を迎えます。そこには優しい家族の姿がありました。