「パパやる」男性視点の子育てサイト

妻と子に頼られるパパになる!「パパやる」は男性視点の子育てサイト。

運営者はフリーランスWEBコンテンツクリエイターの北野 啓太郎。全力で手探り育児をしながら、かっこいい父親になるコツをお伝えしています。どうせやるなら、グッと踏み込んでみませんか。きっと毎日がもっと楽しくなりますよ!

特選ページ

季節の記事

Interview

ぜひフォロー&ご登録を!

532ファンいいね
1,275フォロワーフォロー
3,080購読者購読

最新記事

子連れで初めての熱海旅行、海、花火、料理のトリプルセットは大満足すぎた!

息子が小学2年生の夏休み、友人家族と熱海あたみ旅行へいってきました。初日から「また来年も来たいね!」と盛り上がるほど。旅で感じたリアルな魅力ポイントをまとめました!

小学1年生の黄色い通学帽、あごのゴム紐は絶対につけて! 風で交差点に飛ばされあわや事故

小学生になると「あご紐は子どもっぽいなぁ」と思うかもしれません。しかし、小1はまだ一人歩きに不慣れです。ママパパ、どうかお願いします!

iPhoneで「ママ」と打てない! 同じ文字を連続入力する方法

「ああ」「かか」など、あ行の同じ文字を連続で入力するにはコツが必要です。「まま(ママ)」が打ちづらくてイライラしている方へ。解決法を3つお伝えします!

先生に相談できる・頼れるのは大事なスキル。小学2年生の個人面談にて

学校だけでなく、家庭でも大切なこと。子どもに相談されやすい環境・関係をつくってみよう!

ナウマンゾウ博物館で、子ども達大盛り上がり! 長野・野尻湖旅行レポート

クイズ、折り紙、野尻湖人(原始人)のコスプレなど、子ども達がイキイキと積極的に学べると工夫がたくさんあって最高!

大自然を堪能、長野・野尻湖で子どもと泳いできました! 遊泳後はLAMPでランチ

湖はまるで海のように広いのですが、波はおだやかなので静か。第一印象は雄大。塩水では無いので、身体がベタベタしないのも良いですね!

大阪泉州たこ焼き名代秘伝の味じゅげむ 熱々とろとろ、東京で一番美味しい!

大阪から上京して15年。戸越銀座商店街で最高のお店に巡り合えました。父と小学2年生の息子、親子で大満足!

小学生の息子と親子で投票所へ。父と子で投票箱に入れました!

親子で投票所へ行くことについて体験談を踏まえて解説します。選挙を子どもにとっても有意義な場として活用する方法。

安倍さんは、なぜ撃たれたの? 小学生の子どもにどう説明すれば良いのか

学校から帰った小学2年生の息子に伝えたら、身体を硬直させ、少し震えているように見えました。

子どもに注意「自分がされたらどう思う?」は、未就学児・小学校低学年では理解できない

相手の気持ちを察したり理解したりというのは、高度な脳の機能。年齢・脳の成長に応じた伝え方があるんです! 言葉を「〇〇」と変えるだけ。

生後3,000日(8歳2か月)のお祝い! 息子に「これからどんな日を過ごしたい?」を聞いてみました

スマホアプリで「生まれてから何日経ったのか?」「夏休みまであと何日?」など、カウントアップ・カウントダウンしながら楽しんでいます。

学校公開と授業参観の違い。小学校の授業の様子をみて感じたこと

期間中何度行ってもOK! 学校を公開して学校全体を知ってもらうのが目的。授業中だけでなく、休み時間の様子を見ることもできます。

PTA役員、MacなどApple製品が学割価格で買える! 購入手続きや必要書類などを解説

わが家ではMacBook Pro 14インチモデルを4万400円もお得に買うことができました! お子さんが幼稚園・小学校・中学校などに通っていて、MacやiPadが欲しい保護者さんはぜひ。

父の日にお手紙もらいました 8歳の息子から感謝の気持ち

感激! パパの方こそ、いつもモリモリ食べてくれてありがとう!!(涙)

辻村深月「朝が来る」レビュー、小説・映画どっちもみました

【ネタバレ無し】内容を一切知らずに小説を読み始めたら……面白い! ぐいぐい引き込まれ、途中1回、そしてラストで胸が熱くなり涙が。原作と映画を比較しました。

中学受験をしないと決めた理由

中学受験率が高い地域で暮らす、小学6年生のお母さんとお話しました。公立中学校へ進ませる決断理由をお伺いし、子育てや親子のあり方についてハッとさせられました。

子どもが成長して家が手狭に。家の買いどき・借りどきはいつ?

家は買うのも・借りるのも相場が大きく影響します。鷹の目を持った投資家の判断はものすごく速いので、引くとなると一斉に引いてしまいます。さて今後の予測は……?

小学2年生、友達関係のことで考えたり悩んだりするようになった

父親として息子のよき理解者であろうと心掛けています。まずは共感、その上で勇気づけ。子どもの課題に対して、子ども自身が自分で立ち向かえるように。

定番記事

Pick Up

子連れで長距離移動

夫婦・家族問題

公園でかっこいいパパになる方法