定番記事

季節の記事

SNS ぜひフォロー&ご登録を!

509ファンいいね
842フォロワーフォロー
798購読者購読

最新記事

鼻水吸引器(電動タイプ)の人気ランキング。メルシーポットが1位を獲得!

「購入経験があるものの中で一番良い」と答えたものを、多かった順にランク付け。子どもがぐずってもすばやく鼻水が取れる、中耳炎になりにくくなった、など購入者の満足度は高い結果に。
パパやるラジオ、はじめました。なぜ今、音声コンテンツなのか?

パパやるラジオ、はじめました。なぜ今、音声コンテンツなのか?

耳で楽しめる、パパやるラジオ vol.1。音声コンテンツが聴けるスマホアプリと、僕が好きな番組をご紹介します。ポッドキャスト、ラジオクラウド、Voicy(ボイシー)。
子供の自転車の練習ができる交通公園。衾町公園は貸出無料で施設も充実(東京都目黒区)

子供の自転車の練習ができる交通公園。衾町公園は貸出無料で施設も充実(東京都目黒区)

お子さんの自転車の練習は、どこで行なっていますか? いきなり路上で乗るのは交通事故に遭う危険があるし、公園の練習では信号や道路標識などの交通ルールが身につかない。そんなときは交通公園がおすすめです!
ドーナツの食べ方、あなたはどっち?

ドーナツの食べ方には、ふた通りあることがわかった。あなたはどっち?

手づかみでパクっ! Twitterで「ドーナツの食べ方投票」を行いました。その結果発表です。
もし子供がいじめられたら。笑いのセンスと強力なオーラで、いじめに勝つ!

もし子供がいじめられたら。笑いのセンスと強力なオーラで、いじめに勝つ!

息子や娘が、いじわるをされたり、いじめられたりしているのを知ったら、親として心の中は穏やかではないでしょう。親はどこまで干渉していいの? 何をすべきなの? PHPファミリーにいい記事がありました。
ストライダーにやっと乗れた! 練習の仕方と、乗り方を教えるコツ

ストライダーにやっと乗れた! 練習の仕方と、乗り方を教えるコツ

ストライダーの乗り方・教え方のコツ! すぐに乗れる子と、なかなか乗りこなせない子がいますが、息子は後者です。1年9か月を掛けてようやく乗れるようになった経緯をお伝えします。2歳で買って、3歳で乗れました。

ルパンレンジャーのアジトBISTRO Jurerが発見された! 横浜・元町の洋館カフェPaty Cafe

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー。撮影場所として使われた秘密のアジトが、第1話放送直後に見つかってしまいました。中華街そばにある、おしゃれな洋館カフェ。
人形劇の人形たち

保育園・幼稚園に来てくれる人形劇団、東京近郊編。父母会でイベントを開催したい!

【更新:劇団追加しました】幼児施設に出張で上演してくれる人形劇団をご紹介します。「子供達が喜ぶイベントを考えてた!」なんて方に参考になれば。
えっ、豆まきなのに鬼がいない! 世田谷観音の節分会

えっ、豆まきなのに鬼がいない! 世田谷観音の節分会

いててっ!これって関東の風習!? 住職さんから「願いごとの8割が叶う方法」も教えてもらいました。

子育ても夫婦関係も、大事なのは笑顔が見たいって気持ち! キュウレンジャー名言

夫婦喧嘩をしてしまったとき、子供の教育方針で揉めたとき。そんな悩めるときはカジキイエローの言葉を、人生の道しるべにしよう!
2015年に第一子を授かったパパ、モン吉さんの「茜空」。子育て中に聞きたい名曲です

2015年に第一子を授かったパパ、モン吉さんの「茜空」。育児中に何度も聞きたい名曲です

歌詞のすべて、一言一句が全部リアル。もういい、もういい、やめてくれ〜……と思えるほど、涙が止まらなくなってしまうのです。何度聴いても。
2歳・3歳でも楽しめる! 手作りナイロン袋凧上げをやってみよう

2歳・3歳でも楽しめる! 手作りナイロン袋凧上げをやってみよう

空にあげる凧、季節はずれでもう売っていませんでした。そんなとき息子が保育園で作ってきたのです。これはいいね!
0〜6歳の発達相談会を開催します! @スタジオそら鷺沼

0〜6歳児向け発達障害の無料個別相談会を実施、スタジオそら。親のしつけのせいじゃない

うちの子、発達障害かも……。そう思っても、なかなか人に言いづらく、「自分のしつけが悪い!」と思い込んでしまうママ・パパが多いそうです。
ママと一緒にベッドで絵本を読んでいる3歳の息子

3歳、子供は叱られた理由を理解していないことがある。ベッドでママに「なんで怒ったの?」

僕が知らなかった秘密! 嫁さんから聞いた「母と息子と寝る前エピソード」をお伝えします。
雪の上でしゃぼん玉を作ると、神秘的すぎる天然のスノードームができる

雪の上でしゃぼん玉を作ると、神秘的すぎる天然のスノードームができる

最高! カナダのカメラマンCraig Boehmさんが、とても幻想的で素晴らしいフローズンバブルの作り方を公開しました。