抱っこ紐のバックルを外して赤ちゃんを落とす、悪質ないたずら(犯罪)に注意!

2667
北野

怖すぎる! 「抱っこ紐で赤ちゃんを抱えていたら、背後からバックルを外された」と、ツイッターに投稿された目撃談が話題になっています。

ことの発端は、ある女性がバス車中で目撃した、悪質なイタズラの報告ツイートです。

抱っこ紐で赤ちゃんを抱いて、畳んだベビーカーを持っていたママに起きた、むごい出来事。悪意に満ちたイタズラの主は、50代とみられる女性です。

北野

赤ちゃんを落とそうとしたり、ママを必死にさせたりして、その50代女性は笑っていたのです。

目撃したくらげさんは、バスの運転手さんには報告したとのこと。バスは神奈川県の市営バスだそうです。

スポンサーリンク

エルゴベビーを外されたことがある、など似た体験談も

この恐ろしい「抱っこ紐のバックル外し」に対して、怒りの声や、同様の体験談などが、多く寄せられました。

困っているパパ

医療者からこれだけは言わせてくれ、抱っこ紐からの落下で、赤ちゃんは本当に死んじゃいます。たった1mの高さで死ぬんです。救急外来で絶望するご両親を見ているだけに許せない。@harusukemog

困っているママ

酷いね、確信犯だわ、そのオバサン💢 他でもやってそうでこわい。 @chizumomo

困っているママ

前にもバックル外しおばさんの話見かけた気がします😱 同じ奴かも……。赤ちゃんが無事で良かった😢 @guchiakaguch

困っているママ

わたしもエルゴ外されたことがあって、その時は全く現在の抱っこ紐に対して知識の無いただただ人の良いお節介おばちゃんだったのですが・・・。それでもとんでもない恐怖でした。 @neco_n_e_c_o

日テレ「スッキリ」でも特集 迷惑行為 抱っこ紐外しに不安の声

バス車内での目撃情報のツイートから3日後、日本テレビの朝の番組「スッキリ」でも、この件に関しての特集が行われていました。

このバスでの出来事に加え、他の方のエピソードや、被害に遭いそうになった方への取材が行われていました。

困っているママ

カチッって音がしたら、娘が落ちてきてあわてた。知らない女の人に抱っこ紐のバックルを外されてた。

困っているママ

生後6か月の娘を連れてデパートを訪れたとき、くだりのエスカレーターで後ろの人が身を乗り出してきて、背中のバックルを触られた。震えがきて、すごくパニックになってしまった。
後ろにいたのは50代くらいの男性で、割と小ぎれいな感じの、どこにでもいそうな人。無表情で去っていった。

迷惑行為ではなく、傷害罪、もしくは暴行罪

番組に出演していたコラムニストの犬山紙子さんは、「迷惑行為じゃなくて、これは殺人行為」とコメント。さらに弁護士の菊地幸夫さんは、「赤ちゃんが落下して怪我をすれば傷害罪。落ちずに済んでも暴行罪に該当する恐れがある」と言います。

明らかに迷惑行為やイタズラで済まされる問題ではなく、犯罪として扱われるべきでしょう。

抱っこ紐からの転落で、頭蓋骨骨折・急性硬膜下血腫の事故事例も

抱っこ紐からの転落と言っても、ママ・パパの胸元からだとせいぜい1メートルほど。命に関わる高さではありませんが、乳幼児の場合、重大な事故につながる可能性があります。

なぜなら、月齢が低い赤ちゃんは、頭部が重いので頭から落下するためです。さらに、自分で防御するすべを知らないので、そのまま頭部が地面や床に叩きつけられるのです。

消費者庁も「抱っこ紐からの転落事故」については、再三注意喚起を行っています。

バックル外しの悪質行為ではありませんが、母親・父親がかがんだときや、抱っこからおんぶに変えようとしたときに、誤って落下させてしまうことがあるのです。

0歳児の抱っこ紐からの落下事故事例は相次いでいて、急性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折などの重症事例が多数消費者庁や日本小児学会のホームページに掲載されています。

抱っこ紐のバックル外し、被害に遭わない対策

先の「スッキリ」では、リュックを背負う、上着を羽織る、何もなくても後ろを振り返るなど、いくつかの対策が紹介されていました。

また、Twitterでも、様々な議論や意見が交わされています。

ストッケ マイキャリアフロント&バック ブラックメッシュ
Stokke

 

北野

背中にバックルがないタイプの抱っこ紐もあるので、これから買う方は、そうしたモデルを選ぶのも良さそうです。

 

とにかく、こんな悪質行為が起き得るなんて、僕は全く想像していませんでした。育児中の方、外出する際はくれぐれもご用心ください。

パパやる「赤ちゃん・子どもの事故」関連記事

自転車のハンドルにかけた傘
自転車事故、閉じた傘が前輪に巻き込まれ転倒。抱っこ紐の赤ちゃんが亡くなる

ペダル無し自転車で走る子どもとそれに驚く自動車
ストライダーで死亡事故、4歳男児が一般道路で車と接触

抱っこ紐は、着脱・前かがみ時に事故や恐怖あり。LINE「ヒヤリハット」スタンプで危険防止
抱っこひものLINEスタンプができました。着脱・前かがみ時に、事故やヒヤリハット!

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください