公園の落ち葉で遊ぶ鼓太郎。2歳半。

日曜日の夕方、近所の公園でえらいかっこいいパパと知り合いました。

子どもたちと一緒になって楽しむ遊びっぷりと、「こっちへおいでよ」と誘ってくれるウェルカムな姿勢に、「これがパパというものか!」と衝撃を受けたのです。ちなみに見た目は、俳優の真田広之似で、年齢は30代後半頃かなと思います。

今回は、そんなかっこいいパパのから受けたインパクトについて書きます。

たっぷり遊んで疲れないと、夜寝てくれない2歳の息子

NHKスタジオパーク「パッコロリン」で遊ぶ鼓太郎
NHKスタジオパーク「パッコロリン」コーナー

週末日曜日、嫁さんが仕事だったので、その日は僕がひとりで2歳半の息子と過ごすことになりました。

まずは、渋谷のNHKスタジオパークへ。NHK Eテレの幼児向け番組のキャラクターたちがたくさんいたり、きかんしゃトーマスをミニ映画館で観たり……。入場料は大人200円のみなので、超コスパ良し!

その後、隣接する代々木公園へ行ったのですが、息子が「公園行く〜」と。

代々木公園は都内有数の大きな公園にも関わらず、子ども向けの遊具がひとつもありません。滑り台も、ブランコも、砂場も、何一つ。息子にとっては、ここは公園ではなかったのです。

……どうしよう。

時間は午後3時半。日暮れまであと1時間半ほどしかありませんが、やっぱり自宅方面へ戻り、いつもの公園へ向かうことにしました。

NHKスタジオパーク 真田丸
「わしゃぁ決めた! いつもの公園を攻めるぞ。のう、源次郎」@NHKスタジオパーク・真田丸

日暮れへのカウントダウン。早く体力を消耗してくれ〜

アイスクリームを片手に泣く鼓太郎

公園到着。いきなり「アイスクリームが食べたい」というので、まずは自販機でセブンティーンアイスを。やった、やった〜! と喜んで食べていたのですが、はしゃぎすぎて階段で転んで、泣きました。

なんとか気を取り直して、アイスを食べ終わったのは夕方5時。すっかり日が暮れて真っ暗になっています。

でも、肝心の遊びはまだできていません。息子も遊びたがっているし、僕もしっかり体力を消耗してほしいと思っています。

公園の遊具エリアには街灯がついてるので、少し遊んで帰ることにしました。

ポツリ、ポツリと、子連れ家族が帰ってゆき、残ったのはうちを含めて2組。

ダイナミックパパ「今夜はぐっすり眠れそうですね

夕方6時、もうひと組の親子はとても楽しそうでした。

お父さん、女の子、男の子。3人で落ち葉をたくさん集めてきて、ふかふかのベッドを作って飛び込んだり、放りなげて雪のようにしたりして遊んでいます。

そんなダイナミックパパに惹かれ、うちの息子が近づいて行きました。

ダイナミックパパ「おっ、僕も一緒に遊ぼう!」

何のちゅうちょもなく、息子を仲間に加えてくれたのです。僕は、そのパパにお礼と挨拶をし、息子を紹介しました。「この子は2歳で、こたろうと言います」、と。

すると、真田広之似のダイナミックパパは、「おまえたち、この子はこたろう。一緒に遊ぶぞ〜!」と、自分の子どもたちに紹介してくれました。子どもたちも「こたろー、行くぞっ!」と声をかけてくれて、一緒にはしゃいでいます。

聞くと、男の子は4歳で、女の子は3歳。鼓太郎は2歳なので、少し年上のお兄ちゃんとお姉ちゃんです。また、女の子は自分の娘さんだけど、男の子は友達の息子さんだそうで、今日は預かって面倒を見てあげているとのことでした。

ダイナミックパパは、終始カラダを動かし続けて子供達と遊んでいます。

公園では、スマホばかり見て、子どもを放ったらかしの親をよく見かけます(僕もやりがちです……)。子どもがある程度走り回れるようになると、親はその様子を見守るだけで良くなるので、ついやっちゃうんですよね。

でも、このダイナミックパパは途中でケータイを見るなんてことはなく、ずっと自分自身も動き続けているのです。「よし、次はこたろうの番だ。飛び込め〜!」と。

 

公園の落ち葉で遊ぶ鼓太郎。2歳半。

自分の子だけでなく、友達の子供も預かって面倒をみている。さらに、公園にいた他の子供も一緒に仲間に入れてあげる。そして自分自身も動き続けている。

かっこいい……。これがパパというものなのか。

僕はこのときガツーンと衝撃を受けました。乳児期とヨチヨチ期を終え、『これからどう子育てするべきか』の指標が見えたのです。

もっとアクティブに!
もっとウェルカムに!

 

ダイナミックパパ「今日は、ぐっすり眠れそうですね。^^」

そうやって、お別れをしました。

ひゃー、かっこいいお父さん。とてもいい出会いでした。

写真はないのでイメージのみ。(ラストサムライ - 真田広之)
写真はないのでイメージのみ。(ラストサムライ – 真田広之)