【本気レビュー】ぬのペンで、うわばきに絵を描いて、1年間使い倒してみました!

子どもが保育園・幼稚園に入園すると、あらゆる物への名前書きが必須になります。洋服、下着、靴、バッグ、哺乳瓶、水筒、マスク……。記名対象は大小問わず、すべての持ち物です。

そんなとき、黒の油性マジック1本で済ますのではなく、ぜひ「ぬのペン」も買い揃えるのをおすすめします。その名のとおり、に特化したペンです。

北野

洗濯しても、ほとんど色落ちしない! 布製の服、うわばき、帽子、バッグなどへカラフルに描けますよ〜

ぬのぺん と 上履き

商品説明お名前ペンがわりもぴったり! 描いて、アイロンをかけるだけで、オリジナル柄の小物が作れます。Tシャツポーチハンカチ、アイロンがかけられれば、なんでもOK。
12本セットには、11色のぬのペンと、下書き専用のチャコマーカーつき! 初回のお洗濯時に、チャコマーカーのみがキレイに落ちます。
布製マスクのデコレーションにもピッタリ! (Amazonより引用)

\12本・6本セットあり/

created by Rinker
エポックケミカル
¥1,404 (2021/07/30 22:15:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エポックケミカル
¥723 (2021/07/30 22:15:14時点 Amazon調べ-詳細)

今回は、わが家で愛用している「ぬのペン」のレビューをお伝えします。

ぬのぺんの使い方

ぬのぺんで子どもの上履きに絵を描いているところ

Tシャツやパンツなどの名前書きにも良いのですが、わが家では上履きのデコレーションに「ぬのペン」を活用しています。

北野

うわばきに直接描いていけばOK!

手順

  1. 好きな文字や柄を描きます
  2. あて布をしてアイロン(適温)をかけ、充分に乾かします
  3. 完成です!

 

実は、わが家ではアイロンをせずに使っていました。布に描くだけ。乾かすだけで特に問題が起きたことはありません(自己責任でおねがいします)。

ぬのぺん 色落ち比較(うわばきデコレーション)

下駄箱と上履き
いくら布に描けると言っても、色落ちが心配ですよね。

ここでは最もハードな使い方をした、保育園児の「うわばき」の比較画像をお見せします。まずは、ぬのペンで絵を描いたばかりの状態です。

北野

およそ1年間、ここから酷使しました

 

使い古した上履き(ぬのぺんでデコレーション)

これが、使い倒したうわばきです。

毎日履いて、毎週末は持ち帰って洗濯。たわしてゴシゴシ洗ったり、洗濯機で回したりしました。

上履き本体は、もうすでにボロボロ。寿命です。でも、ぬのペンで描いた絵はまだ残っています!

たしかに色は褪せていますが、経年劣化の範疇でしょう。

北野

サクッと描いただけで、ここまで残るなんてすごい!!

エポックケミカル ぬのペン セット

ぬのペンは、ふつうにお名前ペンとして使っても良いし、Tシャツ、バッグ、ハンカチなどに、ワンポイントで絵やマークを描いたりすることもできます。

お子さんたち、きっと喜びますので、ぜひチャレンジしてみてください。ほんとオススメなんです!

\12本・6本セットあり/

created by Rinker
エポックケミカル
¥1,404 (2021/07/30 22:15:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
エポックケミカル
¥723 (2021/07/30 22:15:14時点 Amazon調べ-詳細)

パパやる「保育園グッズ」関連記事

上ばき・スニーカー洗濯時に大活躍! 良く乾くシューズハンガー「くっつん」が最高

保育園・幼稚園の持ち物「上履き」。選び方のコツと人気ランキング

【作り方】コンフェッティを使って布ポーチをデコパージュしよう! シヤチハタおなまえスタンプでグッズ作り

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください