駄菓子屋さんで、お菓子を選ぶ子どもたち

ゴールデンウィークの前半戦、子育て中の友達家族と軽井沢へ旅行へ行ってきました。

軽井沢へは、すでに何度も行っているので、子連れで楽しめる遊びは数多く経験しました(パパやる「軽井沢」関連記事)。今回は、子どもと行きたい軽井沢の駄菓子屋さんをご紹介します。

中軽井沢駅すぐにある、駄菓子屋さん

駄菓子屋さんでお菓子を選ぶ鼓太郎

中軽井沢駅のそば、中軽井沢交差点に「駄菓子屋みーちゃん」という駄菓子屋さんがあります。みーちゃんというお母さんが、おひとりで店内を見ていらっしゃって、広さは6畳の間程度です。

小さな店内には、ところ狭しと駄菓子が並んでいます。10円や20円の商品がたくさんあり、高くても100円ほど。

この感じ、まさに昔かながらの駄菓子屋さんです!

 

駄菓子屋さんでお菓子を選んで、お会計してもらう鼓太郎

僕は、4歳(保育園)、5歳(保育園)、6歳(小一)、8歳(小三)、11歳(小六)、13歳(中二)の子どもたちを連れてお店へ行きました。

4歳が、うちの息子です。

そんな中、8歳の女の子が、「あーぁ、東京のうちの近くにも、こんなお店があったらいいのになぁ」と言っていたのが印象的でした。今の子どもたちがお菓子を買う場所はコンビニです。コンビニには、こんなにたくさんの種類のお菓子はないですもんね。

「ひとり10個ずつね!」

そう言って、子どもたちに自分で選んでもらいました。あれやこれやと嬉しそうに熱心に選んでいる姿は可愛いですね。6人でひとり10個買って、合計60個。お会計は1,975円でした(ひとりあたり330円)。

大人にとってはお値打ち。
でも、子どもにとっては贅沢なひとときです。

 

買ってきた駄菓子を並べて見せ合う子どもたち

買った後、子どもたちはみんなで戦利品を広げて、誰がいいお菓子を選んだかを見せ合いっこしていました。

 

駄菓子(わたがし)を嬉しそうにほおばる鼓太郎

息子の鼓太郎(4歳)、めちゃくちゃ嬉しそうでした。

駄菓子屋さんも楽しいし、お友だちとお菓子をほおばるもの良いよね!

蕎麦屋「かぎもとや」のとなり

そば「かぎもとや」外観

駄菓子屋みーちゃんは、しなの鉄道線「中軽井沢」駅のすぐそばにあります。このあたりでは超人気の、信州そばが食べられる老舗蕎麦屋「かぎもとや」さんの隣です。

 

そば「かぎもとや」店内に飾られている吉川英治の写真
祝六十七回誕生日を迎えた吉川英治

かぎもとやさんの店内には、作家の吉川英治さんが誕生日に訪れた際の写真が飾られていました。

僕は、ざる(850円)、けんちん汁(350円)が、特にお気に入りです。天ぷらとのセットもあります。ここでそばを食べてから、みーちゃんへ寄って帰っても良いかもですね。がぎもとやさんには駐車場があるけど、みーちゃんには無いので。

駄菓子屋みーちゃん 住所・定休日など

駄菓子屋みーちゃんポスター
画像参照元:駄菓子屋みーちゃん Facebookページ

みーちゃんの住所や定休日などの情報は以下のとおり。

住所
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉 3041-3

最寄駅
しなの鉄道線「中軽井沢」駅
徒歩2分

営業日・定休日
営業は平日のみ
11月〜2月は休業
など、その時々により不定期

Facebookページによると、お店のお母さん(みーちゃん)が怪我をして入院したり、お店が一時的に移転したりなど、色々あったようです。お店へ行こうと思った方は、事前にFacebookページを確認するか、上記ポスターに記載されている電話番号へ問い合わせしてから伺うと良いですね。

パパやる「軽井沢」関連記事

スウィートグラスアドベンチャー北軽井沢のスウィートグラスアドベンチャーは、まるで森の空中散歩。無料エリアと有料エリアへ子連れで行ってきました
*有料コースは小学1年生・身長110cmから。施設の入場料金や駐車場は無料です。未就学児は無料コースでも十分遊べるよ!

かくれの湯、北軽井沢の秘境温泉へ子連れで行ってきました。軽井沢おすすめの露天風呂かくれの湯、北軽井沢の秘境温泉へ子連れで行ってきました。軽井沢おすすめの露天風呂
*軽井沢の温泉といえば、星野温泉「トンボの湯」が有名なのですが、こちらは有名ではない秘境温泉。その名もまさに隠れの湯。

子連れ軽井沢ドライブ。1歳児の息子と「浅間牧場」と「どうぶつ広場」へ行ってきました。子連れ軽井沢ドライブ。1歳の息子と「浅間牧場」と「どうぶつ広場」へ行ってきました
*動物と触れ合えるよ! 中軽井沢から車で15分ほどで行けます。