スーツケース、ベビーカー、こども
*危険なのでやってはいけません!

以前、僕の友達(女性)が、2歳の息子とふたりで海外旅行へ行ってきました。ヨーロッパへ1週間ほど。

子連れの長距離移動はママパパが揃っていても大変なのに、母親がひとりで、しかも海外!

なんてすごいんだ! ……と、それを聞いた僕たち夫婦は驚きました。

ちなみにベビーカーは持って行かず、移動時は抱っこ、もしくは抱っこひも。バッグはスーツケースを持って行ったそうです。

16kgの2歳児と国内線。ベビーカーとスーツケースを持ってひとりで行けるか?

そんな話を聞き、僕は自信が湧きました。

東京から大阪の国内線へ、息子の鼓太郎とふたりで飛行機に乗ったのですが、家を出た瞬間諦めました。スーツケースとベビーカーの両方を持って行くのを。

スーツケースに乗る子供

 

思うように歩いてくれない!  「こっちだよー」と言っても、見かけた段差に登ったり、木の葉っぱを調べはじめたり、道に落ちているゴミを見つけて「誰だ落としたんだろね?」と気になったりで、まったく進まない。

息子はただいま2歳8ヶ月。
体重は16kg。

抱っこひもは、もう半年ほど使っていない重量級です。

こりゃダメだ、と速攻でクロネコヤマトの営業所へ行き、スーツケースだけ宅急便で発送しました。

そして僕は、ベビーカーと息子、そしてリュックの楽々スタイルで空港へ。

結論。
ベビーカーとスーツケースの両方をひとりで持つのは無理!

2歳、子供料金無料。父子ふたりきりの飛行機はこれで最後

パパの膝の上で眠る鼓太郎。2歳8ヶ月。

飛行機の子供料金が無料なのは、国内線の場合は3歳未満、国際線の場合は2歳未満までです(追記:幼児料金10%かかる場合あり)。ただし、席の確保はなく、親など同乗者の膝の上に乗せるのが条件です。

鼓太郎は、今回で12回目のフライト。

3歳になるまでに国内線に乗る予定はまだ数回ありますが、父の膝の上で乗るパパとふたりきりは今回で最後です。泣いたり、ぐずったりすることなく、終始スヤスヤ。幸せなひとときでした。

子連れ旅の苦楽は、子供による

冒頭に書いた親子ふたりきりの長距離移動や旅行。これは子供によると思います。

体重が軽い、重い。
おとなしい、すぐぐずる。
歩かない、しっかり歩く。
よく眠る、なかなか眠らない。

他にも、健康面での違いもあるでしょう。

「〇〇ちゃんの家はできたから、うちもきっと出来るだろう」、なんて過信は禁物です。子育ては人それぞれとよく言いますが、親子ふたり旅もそれぞれなんでしょうね。

パパやる関連記事