大晦日の新幹線、夕方以降の自由席は空いていた。狙い目は1号車の後部座席

スポンサーリンク

混雑は当然? 帰省ラッシュの年末ですが……

大晦日、東京から大阪へ新幹線で帰省しました。

年末年始の交通機関は「帰省ラッシュ」のイメージがありますが、大晦日の夕方以降の新幹線は空いているという噂を聞き、初めて12月31日の夕方に新幹線に乗ってみました。

これが大正解! 本当に楽に帰省することができました。すごく快適だったので、今回はその様子をレポート形式でお伝えします。

新幹線に乗ったのは、僕と、嫁さんと、3歳の息子。
大人2名、幼児1名です。

新幹線の自由席、大晦日でも夕方は空いている

東京駅構内、大晦日でごった返している

12月31日大晦日、午後5時。東京駅の構内は、ごった返していました。帰省客らしき人達が右往左往していて、ぶつからないように歩くのが大変なほど。

「自由席……大丈夫かな」

混雑に直面し、嫌な予感がしました。

 

1号車の電光掲示板
のぞみ397号 17時23分東京発・新大阪行き

僕たちが選んだ新幹線は「のぞみ397号」。東京発の新大阪行きです。この時点で、時間はちょうど17時頃で、発車まで20分ほどあります。

さて、ここは重要ポイント!

東京駅は、終点・始点です。新幹線は、発車時刻より20分ほど前に到着し、車内清掃が行われるのです。そして、車内清掃後に乗車できるという流れです。

東京駅発の東海道線は、およそ数分〜10分に1本のペースで新幹線が発車しています。自由席の場合、どの号に乗るかが重要な選択肢となりますが、ホーム付近に到着した時刻の、25分以降に発車する新幹線を選ぶようにすると良いでしょう。

なぜなら、新幹線が到着する20分前には、すでに行列ができているからです。子連れで良い席を確保したい場合は……

  • 夕方5時についたら、17:30以降の新幹線に並ぶべし
  • 夕方6時についたら、18:30以降の新幹線に並ぶべし

新幹線の自由席、ベストポジションは1号車の後部座席だ

ホームで自由席を並ぶ人たち

新幹線到着直後、車内清掃中です。僕たちは、1号車後ろのドアに並びました。

ちなみに東海道新幹線・山陽新幹線を走る「のぞみ」の自由席は、1号車から3号車となります。

この日は、2号車へ並ぶ人が多く、1号車は穴場となっていました。改札口から一番遠いので、3号車、2号車、1号車に順に列に並ぶからでしょう。また、2号車は座席数が多いので選ぶ人が多いとも言われています。

 

新幹線を待つあいだ、ママに抱かれて寝てしまった息子(3歳)

乗車待ちをしている間、息子は寝てしまいました。これは確実にいい席を確保しないと大変なことになりそう……。

 

新幹線の各車両最後部座席は、後ろにスペースがありトランクが置ける

やった、最高のポジション! ベストな座席が確保できました。

新幹線は、各車両の最後尾の席は後ろに広いスペースがあるのです。スーツケースやベビーカーなど大きな荷物がある場合、ここはとてもありがたい座席となります。

さらに後ろには誰もいないので、思いっきりリクライニングを倒すこともできます。

 

新幹線の最後部座席の後ろは広々。大きなトランクも余裕で置けます。

このように、大型トランクも楽々と置けます。ベビーカーも余裕でしょ。

 

新幹線の車内

発車直前の車内の様子。大晦日の夕方は空いているという噂でしたが、まさにその通りでした。かなり空席が目立ちます。乗車率50%程度でしょうか。

その後も混雑することはなく、新大阪到着時には乗車率20%くらいになっていました。がらがら。

 

新幹線の座席で寝ている息子(3歳)

眠そうだった息子は、ずっと横になって寝ていましたね。いい席が確保できて良かったです。

 

新幹線の中でたべる駅弁とビール

車内販売のお弁当とビールを購入し、僕たち夫婦はゆっくりと食事を楽しむこともできました。

 

車内のご案内図

ちなみに僕たちは、1号車の後部座席に座っていましたが、ここは自由席の中でも、かなり良い場所なのです。

なぜなら、後ろのドアをくぐれば、トイレ、ゴミ箱があるからです。また、幼い子供がぐずった場合、すぐに通路に出て、子供をあやすことができます

■ 大晦日の新幹線まとめ

  • 乗りたい時間の30分前にはホームに到着しておく
  • 各車両の最後尾の後ろには荷物が置けるスペースがある
  • 1号車が穴場、かつトイレも近くて便利

新幹線の幼児・子供料金。自由席は無料だけど、指定席は大人の半額かかる

新幹線のぞみ

さて、今回僕たちは自由席に乗りましたが、もし指定席を選んだ場合はどうなるのか。子連れで新幹線に乗る際の料金を確認してみましょう。

電車と新幹線は、6歳(小学校入学)まで無料

  • 【未就学児・0歳〜6歳】無料
  • 【小学生・6歳〜12歳】子供料金 / 大人の半額
  • 【中学生以上・12歳〜】大人料金

新幹線や電車などの鉄道料金は、上記の価格体系となっています。未就学児は、新幹線であっても無料で乗れるのです。

幼児でも新幹線の指定席を取ると、運賃と指定料金が必要

半額

ただし、指定席を取る場合は注意が必要です。大人の膝の上に乗せる分は無料ですが、未就学児とはいえ座席を確保する場合は有料になるのです。その場合、指定席特急料金だけでなく、運賃も掛かります。

  • 【未就学児・0歳〜6歳の指定席】子供運賃 + 子供指定特急料金

たとえば、「のぞみ 東京・新大阪間」の指定席料金は以下のようになります。

  • 【大人】運賃8,750円 + 指定席特急料金(通常期)5,700円 = 14,450円
  • 【未就学児】運賃4,370円 + 指定席特急料金(通常期)2,850円 = 7,220円

自由席であったり、指定席でも席を確保しなければ、この7,220円は掛かりません。無料です。

ちなみにグリーン車に乗車するグリーン券には子供料金がないのので、未就学児や子供であっても大人料金が掛かります。

自由席の無料と比べ、指定席は結構な料金がかかるので悩みどころですね。特に子供の兄弟がいる場合は、より金額はかさみます。

また、パパやるの過去記事で、自由席で「のぞみ 新横浜・京都間」に乗ったレポートがあります。東京駅にように始発駅ではなかったので、こちらは大変でした。自由席で良い席を確保するなら始発駅からの乗車が良いですね。

パパやる関連記事

京都から新横浜。運賃7,880円、指定席特急料金5,370円(合計13,250円)



パパやる「飛行機・新幹線」関連記事

わが家では、東京の自宅から実家の大阪へ、年に数回帰省しています。0歳、1歳、2歳は国内線が無料ですので、飛行機での移動をメインに。3歳からは新幹線をメインにしています。また、ときにはレンタカーを借りることもあります。

新生児から幼児まで。子連れで旅行をしたり、長距離移動をしたりする際の参考になれば幸いです。すべて実体験ですので、リアルな情報ばかりです。

新幹線、車のチャイルドシートに座る赤ちゃん、飛行機赤ちゃんと実家帰省。新幹線?飛行機?車?どっちも乗ってきました!
*【0歳】生後2ヶ月の息子と妻との3人で、東京から大阪の実家に帰省してきました。

飛行機 ANA0歳児の赤ちゃんと飛行機に乗るコツや注意点について。【重要】
*【0歳】乳幼児を連れての飛行機、3度の経験して得たことをまとめました。

関空のキッズスペース
関西国際空港 (KIX) ゲートエリア内にキッズスペース。小さい子供連れは保安検査場を通過して中で遊ぼう!
*【0歳】子ども向けの遊具が無料で使えます。ビジネスマン向けには高速フリーWi-Fiも。

飛行機のバックヤードで、子どもを抱っこしてあやすお母さん乳幼児の飛行機はやっぱり後方席がベスト! スターフライヤーの親切すぎるキャビンアテンダントさんに感激。
*【1歳】飛行中に泣き止まない! 客室乗務員さんの対応に助けられました。

夕日と飛行機飛行機予約の座席指定で家族バラバラに。0歳、1歳、2歳の幼児連れの場合、航空会社に電話すると手配してくれることも!【注意事項あり】
*【1歳】むむっ!座席指定の画面で、家族別々の席しか空いていないぞ。泣かれると心配、授乳もできない。

空港で飛行機を眺める息子親子ふたりきりの飛行機、機内過ごし方のコツ。前日のスーツケース宅急便がおすすめ!
*【2歳】大きなスーツケース、宅配便の料金はいくら? 子連れの旅は、飛行機、新幹線、電車ともに荷物少なめが快適です!

スーツケースに乗る子ども親子ふたりきりの旅。スーツケースとベビーカーの両方を持って行くのは無理!
*【2歳】ただいま2歳8ヶ月、体重16kg。思うように歩いてくれず、家を出てすぐに断念。やっぱり無理でした。

新幹線のぞみ3歳からの新幹線。自由席で子供の席の無料確保を狙うか、指定席を確実に取るかどっち?【重要】
*【3歳】電車と新幹線は、6歳(小学校入学)まで無料。ただし指定席を取ると料金は大人の半額掛かかる。自由席と指定席の両パターンを「新横浜・京都間」で試してきました!