認可保育園「父母会」の役員を引き受けたら、会長になってしまいました!

認可保育園「父母会」の役員を引き受けたら、会長になってしまいました!

えらいこっちゃ! な展開になってきました。

先日、パパやるにて「保育園の父母会(保護者会)、1歳児クラスを代表して役員になりました!」という記事を書きました。6年間の保育園生活のうちに、いずれはまわってくるであろう役員を、早いうちにサッサと済ませておこうという目論見が心の内にありました。

1歳児クラスだし、
まだ初心者だし、
どうせ大役は任せられないだろうから、縁の下の力持ちとして頑張ろう。

……と、思ったわけです。

保育園の父母会(保護者会)、1歳児クラスを代表して役員になりました!

新旧役員が集まっての総会。新役員決め!

父母会の役員は、全6クラス(0〜5歳児)より各2〜3名ずつ選出し、それぞれが役割を受け持ちます。「会計」「書記」といった聞き慣れた役職から、「絵本のコーナー」の担当、父母会会員向けの「ニュース誌発行」の担当など、保育園ならではの役職まで多岐にわたります。

現在の役員さん、来年度の新役員さん、総勢およそ30名(30組の家族)が集まって、担当の振り分けを行いました。

そこで、
そこでですよ……。

あろうことか、
僕が、
父母会の「会長」になってしまいました。

希望したわけでも、支持されたわけでも、ありません。単に、僕が希望していた役職が定員オーバーだったため、流れで会長にいきついてしまったわけです。

だ、大丈夫なんでしょうか!

認可保育園の父母会って、何するの?

息子が通う、東京・世田谷区の某認可保育園では「父母会」と呼んでいますが、「保護者会」「親の会」と呼んでいるところもあるそうです。小中学校でいうところの「PTA」です。

その名のとおり「父母」の会ですので、主体となるのは保護者。保護者同士がつながり、保育園とは別の《独立した団体》として機能します。具体的には……

  • 運動会をプロのカメラマンに撮影してもらってDVD化
  • 父母会独自の行事を開催(音楽演奏会など)
  • 送迎時、近隣住民の方に迷惑にならないよう保護者にお知らせ

などを行います。要は、「保護者としての立場からも、園児達が笑顔になれるようサポートしよう!」という団体です。

ちなみに父母会への入会は、会費もいりますので強制ではありません(*1)。入会は任意で、入退も自由です。

*1. 会費は保育園によって違い、年間数百円から数千円程度が相場。

ヤバイ……と不安だったけど、だんだん楽しみになってきた!

僕の息子が通う認可保育園は、総園児100名を余裕で超えるマンモス保育園。さらに、昭和時代から地元に根付く保育園です。親子2世代おなじ保育園、もしかしたら祖父母から3世代……なんて方もいるかも知れません。

今、待機児童問題から新設の保育園が次々とできていますが、僕たちの保育園は昔からある大きな保育園です。

そんな老舗でマンモスな保育園に対して、僕は、よそ者で、子供はひとり、保育園歴は1年という初心者なのです。

保育園のいろはの「い」も知らないような僕が会長なんて引き受けて大丈夫なのか、と不安だったのですが、だんだんと気持ちが変化してきました。前任者から仕事の内容を教えていただき、そして年間スケジュールなどの資料をいただき、父母会について勉強して行くうちに……。

「わが子を育てるだけでも楽しいのに、他の園児の幸せにも微力ながら携われるなんて、何て幸せなことなんだ!」、と。とてもありがたい環境に身を置くことができることに、感謝の気持ちすら芽生えてきました。

もちろん、不安が自信に変わった訳ではありませんが、不安が楽しみには変わってきました。

ちなみに僕が受け持つこととなった会長の主な役割は、保育園との橋渡し。父母会を代表して、保育園の園長先生と密なやりとりをすることになります。パパやるでは度々「どうせやるなら、めいいっぱい!」と書いてきましたが、そのポリシーを保育園と父母会でも発揮することになりそうです。

最後に、ひとつお願い。もし、パパやる読者さんのなかに父母会の役員経験者さんがいましたら、SNSやメールで良きアドバイスをいただければ嬉しいです。^^;

■関連リンク
パパやるへメールする!
Twitter(パパやる)
Facebook(パパやる)

【今日の一曲】 Vershon – Inna Real Life

「数々の困難に直面してきたけど、僕はそれに感謝しているよ。だってそれが人生ってものだろ」 by Vershon(参照:ROCKERS channel

 

【追記 2017年4月28日】1年間の任期を終えました

あなたが保育園の父母会役員になってしまったら。会長をやってわかった運営のコツ

保護者の顔と名前がわからない、役員間の空気が堅苦しくなるなど、「苦労」と「良かったこと」の両面からお伝えします。