HackforPlayでプログラミング学習 5歳・保育園児でもRPGゲームが作れたよ!

1393

わが家の5歳の息子は、4か月ほど前からゲーム作り熱中しています。パソコンで、マウスとキーボードを使って、HackforPlay(ハックフォープレイ)というウェブサービスでRPG(*1)を作っているのです。

その作ったゲームが、HackforPlayのYouTube公式チャンネルで取り上げられ、「これ面白いなぁ」と実況プレイされたのです!

それを見つけた息子は狂喜乱舞。めちゃくちゃ大喜びしました。

*1. 【RPGとは】キャラクターを操作して冒険するロールプレイングゲームのこと。代表的な作品はドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーなど。

スポンサーリンク

HackforPlay 5歳の息子が作ったゲームが実況プレイされ大喜び!

パパやるチャンネル

詳しい説明の前に、まずはこの動画をポチッと再生してみてください! たった1分の短い動画です。

 

【ハックフォープレイ実況】1マップでクリア!コンパクトゲームをプレイ

実際のプレイ動画はこちら!

HackforPlay開発者メンバーの谷さんが、実況プレイしてくれています。

クリア後、「これ面白いなぁ」とコメント。嬉しいです(涙)

 

5歳児がHackforPlayで作ったゲーム

息子が作ったゲームは、こちら。

パソコンでも、スマートフォンでも、どちらでも楽しめます。特別なアプリも不要、ブラウザ上でゲームがプレイできます。スマホでプレイする場合は、画面を横にしてくださいね。

早ければ2〜3分でクリアできるほどの、超ショートRPGです。

 

プログラミング言語はJavaScript ゲームだけどプログラミング学習になる!

HackforPlayでステージを作っている画面

ゲームを作るといっても、Nintendo Switchの「スーパーマリオメーカー 2」や、スマホアプリの「マインクラフト」のようなものではありません。

HackforPlayは、ゲームを作りながらプログラミングを学べるという特殊なウェブサービスなのです(ブラウザ上で動くアプリ)。

上の画面はゲームを作っている様子。左がプレイ画面で、右がプログラミング言語です。使用言語はJavaScript(ジャパスクリプト)

 

HackforPlayは、何歳からできる?

わが家の息子は5歳ですが、すでにマウスとキーボードを使って、プログラムを自分でいじっています。たとえば、プレイヤーの体力や攻撃力を増やしたり、敵やアイテムを配置するX軸・Y軸を指定したり。

最初は「難しいかな?」と思ったのですが、始めて2か月目には自分でプログラムを眺めて、適切な場所の数値を入力できるようになったのです。

僕は息子のために、小さな手でもつかいやすい小ぶりのマウスと、数字が入力しやすいようテンキー付きのキーボードを買いました。

HackforPlayに対象年齢はありませんが、おそらく10歳以降を想定していると思います。そのため、5歳児のように幼い子どもと遊ぶときは、親が付き添ってやらないといけません。親としても根気は必要ですが、スマホやゲーム機に夢中になるより有意義かな、と僕は思っています。

何より、自分で作ったゲームを公開して、他に人にプレイしてもらったり、今回のようにYouTubeで紹介してもらったりという広がりもあって、ゲームをするだけに留まらない面白さもあります

 

HackforPlayって何?

「HackforPlayって何?」という方のために、プロモーションビデオをご案内します。

パソコンがあれば、ほぼどんな環境でも使えます。Windowsでも、Macでも、Chromebookでも。

料金は無料プランと有料プランがあり、無料でも充分遊べますが、わが家では有料プラン(月額1,000円)に加入しています。

HackforPlayは、遊びとしても、学びとしても、素晴らしく優秀です。今度、別の記事で改めて、HackforPlayの魅力や使い方をお伝えしたいと思います。

今すぐやりたい!

という方は、公式サイトへレッツゴー!!

 

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください