天皇のことを子どもに説明する。5歳の息子に教えたい

989

5歳になったばかりの息子から、「パパ、天皇って何?」と聞かれました。平成から令和に変わる2日前のことです。

これは説明が難しい。

日本国憲法の第一条に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とありますが、これは大人でも理解しづらい文面です。これを5歳の子どもに伝えるわけにはいきません。

では天皇は、王様とか偉い人かと言うと、そういう訳ではありません。

なぜなら、国の決まりごとを決めたり、偉そうにしている訳ではないからです。むしろ国民の声を聞いて、優しく接している人です。

僕は、5歳の息子になんと伝えるべきかを考えました。平成の天皇陛下をメディアでこれまで何度も拝見し、僕が感じたこと、僕が持っているイメージを、子ども向けにわかりやすくまとめました。

間違った解釈をしている部分もあると思いますが、僕が考えた5歳児でもわかる天皇についての説明です。

スポンサーリンク

天皇は、みんなのお父さん

「天皇は、東京駅の近くにある皇居というところがお家です。東京で暮らしているけど、日本中のあちこちへ行っています。そして、そこで暮らす人と色んなお話しをします。

保育園へも行くし、おじいちゃん・おばあちゃんがいる施設にも行きます。また、病気で身体が不自由な人たちがいる施設にも行きます。色んな人と会ってお話しをするためです。

それだけではありません。

地震や台風で、家や街がぐちゃぐちゃになったとき。天皇はそこにも行きます。家が壊れて困っている人や、怪我をした人を心配して、『どんなことが大変ですか?』『何か困っていることはありますか?』などとお話しをします。

また、天皇は外国にも行きます。遊びに行くわけではありません。『日本と仲良くしてくださいね』と、伝えに行くためです。

天皇は、日本中のみんなのことが大好きです。

天皇は、いつもみんなのことを見守っています。だから、僕たちはひとりぼっちになることはありません。

天皇は、みんなのお父さんなのです。」

 

以上です。

これで伝わるかな。息子が寝た深夜に考えました。明日は、平成の天皇陛下が退位の日。平成最後の日に、息子に「昨日の質問の答えだけど……」と教えたいと思います。

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください