元女子プロレスラーで、現在タレントの北斗晶さん(48歳)が、「明日9月24日、乳がんのため右乳房全摘出手術を受けることになりました」と、自身のブログで告白されていました。

北斗晶さんは、夫の佐々木健介さんとの名コンビでテレビCMやバラエティ番組で活躍されていますが、働くパワフルママとしても知られていて、育児中のママやパパの大きな心の支えにもなっている方です。

以前、本サイト「パパやる」でも、『母乳が思うように出ずに、追い詰められた気持ちになりながらも、2人の息子を立派に育てている』といった、北斗晶さんの記事を紹介させてもらいました。

■パパやる関連記事
完全母乳率は、産後1ヶ月で42.2%。北斗晶さんが、混合、完全粉ミルクに苦しむ母親に勇気を与えるメッセージ!
完全母乳率は、産後1ヶ月で42.2%。北斗晶さんが、混合、完全粉ミルクに苦しむ母親に勇気を与えるメッセージ!

うつ伏せになった時に、チクっとした痛み。

北斗晶さんが乳がんと診察されたとき、まさに青天の霹靂だったそうです。

がんと診察されたとき、多くの方が「まさか……」とショックを受けると思うのですが、特に北斗晶さんに関しては、毎年欠かさずに乳癌検査と婦人科検診を受け、さらに身内にがんになった者がいなかったので、とても驚かされたようです。


“なんとか温存療法で胸を残せないか?
せめて乳頭だけでも残せないか?

ありとあらゆる方法を調べ、告知されたあの日から主治医と何度も話し相談し、毎日を過ごしてきました。

(中略)

こっそり癌を取ってもらって、世間の皆さんにも乳癌だとは秘密にしようと考えていましたが、冒頭で書いた通り、私の右胸に出来た乳癌はそんな簡単なものではありませんでした。

北斗晶公式ブログ:【またね】と言わせて下さい。より一部抜粋”


 

ブログの記事をもとに、手術に至るまでの経緯をザッとまとめました。

  • 毎年秋に、定期検診。
  • 2015年初頭。うつ伏せになったとき、右胸にチクっとした痛み。圧迫の痛みかな?
  • 2015年春。鏡で乳房を見た時、右の位置が違って見えた。年齢によるたるみかな?
  • 2015年初夏、右乳房にチリチリした痛み。乳腺の炎症かな? 病院へ。
  • 2015年7月7日、細胞摘出の検査結果。陽性反応。
  • 翌日、セカンドオピニオンで再検査。血液、CT、MRIなど。
  • 周りに知らせずに治療できないか、と検討。
  • 再検査。
  • 直径2センチの腫瘍。進行が異常に早い。
  • 明日2015年9月24日、右乳房全摘出手術予定。

ブログは、明日の手術を控え、病院のベッドから更新されていました。

読みながら痛切な思いがヒシヒシと伝わり、とても辛い気持ちになりました。手術が成功し、がん治療が順調に進むことを心より願うばかりです。

■関連リンク
→ 北斗晶さんのブログ:【またね】と言わせて下さい。

日本では女性16人あたりに1人が、乳がんに。

乳がんは、よく聞く病名ではありますが、個人的にはどこか遠い存在に感じていました。しかし近年、僕のまわりでも乳がんを患う女性が現れるようになりました。

今では、僕たち夫婦ににわが子を授かり、育児に奮闘している最中、「もし、嫁さんが乳がんになったらどうしよう……」と、不安を感じることもあります。遠い存在だった乳がんですが、今では身近にある不安、という存在になっています。

乳がんは主に女性の病気ですので、僕自身あまり関心がなかったとも言えるのですが、調べてみると日本人女性の16人に1人の割合で乳がんになっているそうです(欧米ではもっと割合が高い)。そんなにも多くの女性を苦しめている病気だとは知りませんでした。

がん治療は、長期間にわたり、心身ともに大変な治療が続きます。さらに完治(根治)が難しく、治療後も再発の不安がつきまといます。ほんとうにこんな病気、世の中から無くなれば良いのにな、と思います。

繰り返しになりますが、北斗晶さんと、ご家族の幸せ、そして北斗晶さんの復帰を心待ちにしています。