完全母乳率は、産後1ヶ月で42.2%。北斗晶さんが、混合・完全粉ミルクに苦しむ母親に勇気を与えるメッセージ!

2297

2005年、厚生労働省が「授乳」についておこなった調査によると、完全母乳で育児をしている母親は、産後1ヶ月で42.2%、産後3ヶ月で38%となっています。

さらに「授乳について困ったこと」についての項目では、最多が「母乳が不足気味」、次に「母乳が出ない」と、母親が回答しています。

実に半数以上の母親が、母乳が出ない(出にくい)と悩んでいるのです。

 

画像参照元:授乳に関する現状 - 厚生労働省
画像参照元:授乳に関する現状 – 厚生労働省

 

さらに資料を読み進めていくと、「母乳育児を成功させるための10か条」が掲載されていたり、本文中に「授乳を通じて心も育ちます」と書かれていたりします。これは、2005年の少し古い資料ですので、現在は変わっているかもしれませんが、この当時、政府が母乳を推進していたことがわかります。

*参考資料:授乳に関する現状 – 厚生労働省

スポンサーリンク

完全母乳を目指す母親が苦しむ現状

元女子プロレスラーで、現在タレントの北斗晶さんが、自身のブログのなかで母乳・授乳に関する記事を公開しています。タイトルは「出ないもんは出ないんだよ」。

この記事は、毎日新聞に掲載された「母乳と育児:あふれる情報に振り回され…のしかかるつらさ」をみて、書くにいたったとのこと。

産後2週間。授乳指導をする助産院を訪問した際に、助産師に叱責された。「飲ませ方が下手」「赤ちゃん、ひょろひょろじゃない。あなたはそれでも母親なの?」

毎日新聞の記事より一部引用
(【追記】記事公開終了しました)

 

これに対し、北斗晶さん自身も母乳で苦しんだ経緯を告白しています。

健之介が約6ヶ月、誠之介が約3ヶ月 で母乳は完全ストップ。
元々、大して出ないから…お腹が空いて泣くから、粉ミルクと混合にして。
それも…哺乳瓶のシリコンの乳首が初めは吸えなくて大変な思いをしたり、出なくてもおっぱいを吸わせた方がいいって言われたり…

なんか、あの時の自分は追い詰められてた気がするんだよ

最終的に全く母乳は出なくなったから、粉ミルクで育てたけど…

北斗晶さんのブログより一部引用

 

完全母乳を目指すも、母乳が出ず、完全粉ミルクになってしまいました。

しかし……!
子どもたちは、立派に大きく成長したのです。

その結果は、ぜひ北斗晶さんのブログをみてみてください。完全母乳にしなければ……と悩む母親にとって、とても勇気が湧いてくる記事だと思います。

かっこいいね、北斗晶さん!

■関連リンク
出ないもんは出ないんだよ。:北斗晶オフィシャルブログ「そこのけそこのけ鬼嫁が通る」

パパやる「乳房・母乳」関連記事


北斗晶さん、乳がんを告白。右乳房全摘出手術

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください