RYO the SKYWALKER、次男誕生。アルバム制作の中、家族に感謝。

日本を代表するレゲエ・アーティストのRYO the SKYWALKERさんが、本日2014年6月26日、Twitterで第2子誕生の報告を行いました。

上の写真は、先日某雑誌向けにRYO the SKYWALKERさんインタビューさせて頂いた際、個人的に撮らせて頂いたオフショット。インタビューは、まもなく発売の新作アルバム「LIFE DRAWING」の話題を中心にお伺いさせて頂いたのですが、取材後に、奥様が妊娠中であることをこっそりと教え頂きました。

あの時は、本当に目前だったんですね。無事のご出産、心よりおめでとうございます!

なんという癒し顔。めちゃくちゃ可愛い!

RYO the SKYWALKERさんのツイートより。

“今朝4:54、無事に2750gの元気な男の子が誕生しました!よく頑張った!!!\(^o^)/”

嫁の妊娠期間がアルバム制作期間とモロかぶりで、サポートしてやることもままならない中、逞しくがんばってくれました。どっちも大変だったなあ。感謝!(^^)”

“みなさんありがとうございます!リプめちゃ嬉しいです!今返信したいけど上の子はビービーいうし自分も寝てないし大変ですw ぼちぼち返させてください! respect”

Twitter (@RYOtheSKYWALKER) より

2011年第一子、長男誕生。2014年、次男誕生。

RYO the SKYWALKERさんは、1990年代前半、日本におけるダンルホールレゲエの発展途上期より大阪を拠点に活動を始めたレゲエ・アーティスト。2000年にシングル「SUNNY DAY WALK」、アルバム「HOW TO WALK IN THE SKY」でメジャーデビュー。その後、2004年に自身のレーベルBUSH HUNTER MUSICを設立。ヒット曲は数知れず、日本中の現場を席巻しシーンをリードし続けてきました。

2011年10月29日、第一子「宗良(そうら)」君が誕生(BUSH HUNTER ブログ)。

その後リリースされたアルバム「Word Piece」に収録の「WONDERFUL LIFE」では、家族の絆や命の尊さを歌い上げています。直接的にお子さんを授かってつくった曲とはしていませんが、リリック(歌詞)やミュージックビデオから、その影響や想いが垣間見えて、とても心打たれる内容になっています。

“オレもふたりの一部だった。命がけで命もらった。そりゃ時には意地になったけど、雨降ったあとには虹になった”

そして、本日2014年6月26日に第2子誕生。
1ヶ月後の7月23日、8枚目のアルバム「LIFE DRAWING」が発売になります。

7月23日発売!RSW、8枚目のアルバム「LIFE DRAWING」

アルバム発売を目前に控え、収録曲より先行配信、ミュージックビデオが公開されています。

私事ではありますが、鼓太郎が生まれて最初に聴かせた曲が、この「好きにやったらええ」なんです。これから人生を彩る我が子に贈るにピッタリの曲!

話がすこし脱線してしまいましたが、お子さんお誕生おめでとうございます!そして、RYO the SKYWALKERさん今後益々の活動も期待しています!リスペクト。