男の子がいるママへ。オムツがパンツタイプに変わったら、ポジションに気をつけてあげてください。

男の子がいるママへ。オムツがパンツタイプに変わったら、ポジションに気をつけてあげてください。

男の子がいるママへ。オムツがパンツタイプに変わったら、ポジションに気をつけてあげてください。

紙おむつには、「テープタイプ」と「パンツタイプ」の2種類があります。

布ではなく紙オムツを使う場合、生まれて最初はテープタイプのオムツを使うのですが、ハイハイをするようになる頃から、パンツタイプに切り替える方が多いと思います。移行時期は、人それぞれですが、生後6ヶ月から1歳くらいが多いのではないでしょうか。

その理由は……

  • 赤ちゃんが、自分の足をバタバタさせる力が強くなってきて、テープタイプのオムツを履かせていられない。
  • ハイハイ、伝い歩き、よちよちなど、動き回ってまわっても横漏れ(股漏れ / お腹漏れ)しにくくなる。
  • パンツをはく、という行為に慣れさせる。

などです。

パンツタイプは、テープタイプに比べると素早く履かせることができるので、じっとしていられなくなった子どもにはとても便利です。ただ、ウンチ替えがしにくくなるという弱点があります。

ママに知っておいて欲しい、男の子のパンツ事情。

先日、うちの嫁さんが生後1歳8ヶ月の息子のオムツを替えて、さらにお昼寝をさせて、「しばらくは起きないと思うから〜」と、子どもを残してお出かけしたんですね。僕は、その間に仕事をしよう、と思っていたのですが、15分ほどで息子が泣きながら起きてしまいました。

えぇ〜、せっかく寝たばっかりなのに、どうしたんだろ?

そう思いながら、抱っこをしたら……。

ズボンとシャツがぐっしょり。そして抱っこをした僕のシャツにも染みが。「オムツが溢れるほど、オシッコをしたのか!?」と思ったのですが、そうではありませんでした。

パンツタイプオムツのおへそ辺りから、『男の子のアレが、上向きにこんにちは』していました。

あぁ……。オシッコがオムツの中に入らず、はじめから外にぶちまけていたのです。

女の子はズバッと履くだけ。でも、男の子はもう一手間!

パンツタイプのオムツは、ズボンをはかせるように、立ったせたままズバッと履かせることができます。女の子の場合は、それで完了かと思いますが、男の子の場合は、ちゃんとパンツ内に収まっているか確認してあげて欲しいのです。

  • パンツからはみでている可能性
  • パンツの上のゴム部分に引っかかっている可能性
  • パンツのサイドギャザーに引っかかっている可能性

など。ポジションが悪いと気持ち悪いだけでなく、オシッコがオムツからはみ出て、洋服やお布団を汚してしまいます。

パパは男性なのでわかっていることですが、ママは女性ですので、そこに気付かない場合があります。男の子は、パンツをはかせたあとに、ポジションを確認。

どうか、最後の一手間を忘れずに。

 


*パンパース、ムーニー、マミーポコ、グーンなどもありますが、パンツタイプはメリーズが柔らかくて一番気に入っています。


*新生児用ではない薄手タイプもありますが、こっちの方がしっかりしていて拭きやすく、わが家ではずっと愛用しています。


*最初、しばらく不要だと思っていたのですが、離乳食が始まった頃からウンチのにおいがキツく……。やっぱりオムツ専用ゴミ箱はあった方が便利です。