1歳児の散髪屋さん、大成功のコツ。子供用DVD、お菓子、チヤホヤ……注意をそらす作戦でギャン泣きから克服!

1歳児の散髪屋さん、大成功のコツ。子供用DVD、お菓子、チヤホヤ……注意をそらす作戦でギャン泣きから克服!

1歳児の散髪屋さん、大成功のコツ。子供用DVD、お菓子、とにかく注意をそらすことでギャン泣きから克服!

1歳8ヶ月の鼓太郎、人生2度目の散髪へ行ってきました。

前回は、激しい大号泣とイヤイヤで、まともにヘアカットできる状態ではありませんでした。それでも美容師さんは、泣きながら暴れる息子を、ヒョイヒョイヒョイとカット。さすがプロです。

あれから2ヶ月……。
大成功でした! 今回は散髪大成功の秘訣をお届けします。

その前に、まずは改めて前回の様子をごらんください。

人生初めてのカットは、大号泣!

 

鼓太郎、はじめての散髪(1歳半・代官山の美容室にて)

■パパやる関連記事
→ はじめての散髪はいつ? 1歳6ヶ月で、美容室へ初カットに行ってきました!

散髪大号泣の反省会

なぜ、鼓太郎はあんなにも泣いたのか。

ふだん自宅などでは、鼓太郎の頭や髪を触ったり、ブラシでといても、全然嫌がりません。ではなぜ、美容室ではあんなに嫌がったのか? あたらめて振り返ってみると、「怖がらせた」。これに尽きると思います。

ママの膝の上に乗せられて、半ば押さえつけされながらのカット。最初のハサミ入れから、「お、おい。なにすんねん!」という、鼓太郎の心の叫びが聞こえていました。いつもと違う状況に驚いてしまったのでしょう。

ということで、前回は怖がらせてしまったので、今回は「楽しませる」戦法で挑みました。

1歳8ヶ月、散髪リベンジ!「美容室までの道のり」

1歳8ヶ月、散髪リベンジ!「美容室までの道のり」

まず、ママが先に美容室に行ってもらい、そこで自分のカットをしてもらっておきました。

そして、後からパパと息子が、時間差で美容室へ。「プップ(車)がいるね〜」「おっ、バスだ!」「あっ、ガタンゴトン(電車)も走ってるね〜」などと声掛けしながら、できるだけ楽しく美容室へ向かいます。

そして、美容室へ近づくころ、話題に「ママ」を挟んで行きます。息子に「パ〜パ、マ〜マ。パ〜パ、マ〜マ」なんて言うと、ママを思い出して「ママーッ!」と叫び始めます。

そして「ママはここにいるかなぁ?」と声を掛けつつ、美容室の前に到着。

息子は、「ママ〜♪」と店内に入って行き、ママ発見で満面の笑み! まずは、第一関門通過です。

1歳8ヶ月、散髪リベンジ!「いざ、ヘアカット」

1歳8ヶ月、散髪リベンジ!「いざ、ヘアカット」

まずお世話になったのは、東京・代官山にある美容室「SLUG(スラッグ)」さん。

今回は、ママの膝の上ではなく、ママの隣に席を用意してもらいました。その席には、ポータブルDVDを設置。ここでは子供用アニメ「しまじろう」の映像が流れています。

鼓太郎の今の心境としては……

  • ママと出会えて満足
  • ママと同じような椅子が、僕にもあって嬉しい
  • 目の前に、楽しい映像が流れている
  • 美容師のさん、ママ、パパ、みんなからチヤホヤされている

といった、楽しげな状況。
そんななか、美容師さんがサラッとヘアカットを開始しました。

……おぉっ、全然嫌がらないぞ!

サクッ、サクッ、サクッ。

「……ん?」と、一瞬あやしいタイミングがあったので、すかさず「お菓子」を取り出しました。すると鼓太郎は、カットされているのをそっちのけで、お菓子を食べ始めました。

もちそん、その間も美容師さんはササっとカット継続。

まだ安心はできません。息子の表情が再び曇りはじめたので、「パパにもお菓子欲しいな。あ〜ん」っと、お菓子を分けてもらいました。そしてママも「あ〜ん」。そうやって注意をそらす作戦です。

これも大成功。

そんなこんなで、最後まで全然嫌がることなく、ヘアカットが順調に進みました。

ついに完了! 今回は一度も泣かなかっただけでなく、嫌がることもありませんでした。リベンジ大成功! 美容師Nさん、ありがとうございました。

1歳児の散髪、ビブ(前掛け)を活用
美容室や理容室で使うマントではなく、普段使っているビブ(前掛け)を使いました。これを活用すると、いつもと同じなので安心。

1歳8ヶ月、散髪リベンジ!「無事終了」

1歳8ヶ月、散髪リベンジ! 後ろ姿「前髪」
前髪
1歳8ヶ月、散髪リベンジ! 後ろ姿「えりあし」
襟足

こんなんなりました〜。スッキリ!(カット料金 1,000円)

*余談:前回、今度は自宅でカット……と言っていたのですが、まだ道具が揃っていなかったので、2度目も美容室にお世話になりました。