映画「かぞくはじめました」で育児予習。子育てで最も大切なことは…これ?

赤ちゃんが生まれる前に「育児に役立つ映画をみておきたいなぁ〜」と観た映画。ビンゴでした!新米ママ・パパによる育児の奮闘っぷりをみながら、たっぷりと予習できます。
かぞくはじめました [Blu-ray]

突然、赤ちゃんの面倒をする事になったふたり。

がさつで、女たらしで、汗臭くて、セクシーな男。
パン屋を営み、しばらく恋をしていない、恋人が欲しい女性。

そんなふたりが、ある友達夫婦の紹介で「デートしてみれば?」と出会うものの、性格タイプの違いから、お互いがお互いを苦手に。

しかし、思わぬ展開により、そんな相反するふたりが協力し合って『子育て』をしないといけない羽目に。

育児経験のないふたりが、赤ちゃんを育てることが出来るのか?! そんなストーリーです。

 

えぇぇーーー!こんな事できるかな?

僕の奥さんは4ヶ月後に第一子を出産予定。そして僕は4ヶ月後、親父になるわけです。

周りの友達に育児のことを訊ねてみると、「まぁどうにかなるよ」と大抵楽観的。「ホントかよ!」と一瞬思いましたが、「でも確かに、皆やってる事だし余裕でしょ」と、高をくくっています。

・・・が、しかし。やっぱり大変そう!

ウンチって臭いよな。ウンチまみれになりながら、オムツ交換なんて出来る気がしない!あと、泣いてばかりで寝てくれない。ごはんを食べてくれない。何より、つねに赤ちゃん最優先でめちゃくちゃ大変そう。

 

映画を観ながら、覚悟を決めました。

僕の仕事は、企画、物書き、編集など、アタマを悩ませながら集中して作業に取り組むことが多いです。ヒラメキが生まれるよう、BGMにこだわったり、時にはカフェに移動して雑踏の中で思考を巡らしたり。

しかし、これは超贅沢な環境なのかも知れません。

赤ちゃんが生まれたら、どんなシチュエーションでも、仕事がこなせるようにならないとダメっぽい。でないと、筆も進まないし、〆切も守れない。

 

子育てで、もっとも大切なこと。

とはいえ、やっぱり赤ちゃんには会いたい!

実際、自分が親になってみないとわからないんだと思いますが、赤ちゃんの成長を見守りながら日々感動することは沢山ありそう。早く体験したいです。

そして映画を通じてわかった、最も大切なことは、思いやり。

赤ちゃんにじゃなくて、育児している者同士での思いやり。これに尽きるなぁと感じました。

ホント育児って大変そうだし、ストレスもたまる。そんな時、もし心ない言葉でパートナーを責めてしまったら?そうじゃなく、ひと呼吸おいて感謝の言葉を選んでたら?

疲れているときこそ、思いやり。心に刻んでおきます。

楽しい映画でしたよ!

 

映画予告編「life as we know it」(かぞくはじめました)

概要を観覧
子育てって最高?!
ひとつ前の記事妊娠中の妻をインタビュー「22週目に初めての胎動! お腹がゴロゴロ動き出した」
ひとつ新しい記事小倉優子さん「はなまるカフェ」ゲスト出演。叱らない子育て法とは?
パパに役立つ情報を発信中! 妊活から、育児、保活、夫婦関係、子どもの遊び場・遊び方、役立つモノ、注目ニュースの解説まで、子育てをわかりやすくお伝えしています。本サイト「パパやる」は、男性視点の子育てサイト。フリーランスライター・編集者の北野 啓太郎が、全力で手探り育児をしながら運営しています。→パパやるについて、運営者プロフィール、お問い合わせはコチラ
デートが大失敗に終わった上昇志向が強い男女が、ひょんなことから親友の娘を交えて共同生活を送るハメになるラブ・コメディー。テレビ界で活躍するグレッグ・バーランティが監督を務め、個人的な不仲の感情と仕事の予定を調整しながら、まるで本当の家族のように暮らし始める男女の姿をコミカルに描く。(シネマトゥデイより一部引用)kazoku-hajimemasita-eiga-kosodate

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください