台風が過ぎたあとの公園 折れた木・枝や、壊れた遊具に注意!

990

2019年10月、本州を直撃した超大型台風「台風19号」が過ぎた直後にこの記事を書いています。

今回の台風では、多摩川(東京・神奈川)、千曲川(長野県)、秋山川(栃木県)などが氾濫し、地域一帯が水没しました。被害に遭われた方々、無事を心よりお祈りしています。

スポンサーリンク

台風一過、子連れで公園で遊ぶ際の注意点

さて、今回は台風前ではなく、台風が過ぎた後の注意点をお伝えします。

注意すべき点はいくつもありますが、ここでは1点だけ。公園についてです。

わが家が暮らす東京では、夜9時頃に台風が直撃しました。雨戸を閉めて不安な夜を過ごしていたのですが、一夜明けて玄関のドアを開けると……

 

台風一過、雲ひとつない澄んだ青空

そこには、雲ひとつない青空が広がっていたのです。空気も10月にしては暖かく、南国リゾート地にやってきたような空気感。清々しい。

台風の爪痕を確認するため、息子が通っている保育園や公園を見て回りました。

 

世田谷公園の入り口

近所の世田谷公園です。

 

台風のあと、葉っぱが敷き詰められた公園

台風で落ちた葉や小枝が、地面に敷き詰められています。

 

世田谷公園の噴水

朝8時台ですが、すでによちよち歩き子どもから高齢者まで、大勢が集っていました。ランナーやウォーカーも沢山います。

 

世田谷公園プレーパークのすべり台

プレーパークのすべり台。プレーパークは手作りの遊具がいくつもあるのですが、パッと見た感じ、いずれも大丈夫そうでした。

 

「あぁ、よかった。心配なく子どもたちが遊べるな」

 

そう思った、その時です……

台風で折れた大きな枝

大きな枝が折れていました。折れた部分は尖っていて危険です。

台風後の危険 木、枝、遊具などに用心しましょう!

1ヶ月前にも上陸した超巨大台風「台風15号」でも、公園で木がバッサリ倒れているのを見かけました。

 

こちらは2018年9月の大阪。岸和田市にある八幡公園の様子です。大木が根元からバッサバッサ倒れていました。

 

台風が迫り来る間、子どもたちは家にこもって自由に遊べない時間を過ごさないといけません。

そして台風一過。気持ちいい青空が広がり、すぐにでも飛び出して遊びに行きたくなります。

でも、公園では木や枝が折れていたり、遊具が壊れている可能性がありますので、くれぐれもご用心して遊んでください。放ったらかしにするのではなく、いつも以上に目配せするのが大事ですね。

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください