Medi Teddy(メディテディ)点滴が怖い子ども達のために、12歳の女の子が発明

1465

アメリカのコネチカット州で暮らす、12歳の少女がつくった「Medi Teddy(メディテディ)」が話題です。

これは、テディベアのかたちをしている点滴袋用カバーで、子どもの恐怖を和らげるものです。

ぶら下がっている点滴袋を長い時間眺めているのは、ちょっと怖いですよね。でも、それがクマさんのぬいぐるみだったら?

スポンサーリンク

点滴袋用カバー Medi Teddy(メディテディ)とは

座っているメディテディ
座っているメディテディ 画像参照元:Medi Teddy™️

これがメディテディです。

一見、可愛いクマのぬいぐるみですよね。

 

メディテディの背中に点滴袋をセット
メディテディの背中に点滴袋をセット 画像参照元:Medi Teddy™️

このメディテディを、ぶさ下がっている点滴袋にかぶせると




点滴が怖くなくなるカバー

ぶさ下がっているメディテディ
ぶさ下がっているメディテディ 画像参照元:Medi Teddy™️

ほら、かわいい! 全然怖くない。

点滴袋は子どもを不安にさせますが、クマのぬいぐるみがそばにいるのなら、きっと気持ちは楽になるのではないでしょうか。

ぶさ下がっているメディテディ 画像参照元:Medi Teddy™️

なぜ作ったの? 7歳で難病特発性血小板減少性紫斑病(ITP)を発症、点滴が欠かせない生活に

メディテディを作ったのは、Ella Casano(エラ・カサーノ)さん。

現在12歳の彼女は、7歳のときに特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と呼ばれる自己免疫疾患と診断されました。特発性血小板減少性紫斑病とは、血小板が減少して、出血すると血が止まらなくなる病気です。

それ以来彼女は、6〜8週おきに点滴をしないといけなくなったのです。7歳の頃からずっと。

 

点滴のポールとチューブ、そして医療機器の量に驚き、怖かった

 

彼女はウェブサイトで、そう綴っています。

そこで彼女は、自分のぬいぐるみを切り取って、最初のメディテディを自作しました。メディテディの目的は、子どもに点滴袋を見せないこと。背中が丸見えなのは、医師・看護師が点滴の残りの量を確認できるようにするためです。

これを見た看護師さんは、すごく喜びました。

そこで彼女の母親は、この発明の特許を取得し、世の中に広めようと考えたのです。

しかし、問題が立ちはだかります。

このメディテディの生産を工場に依頼すると、最低ロット(最小生産数)が500個からだったのです。1個10ドルで、5,000ドル(約53万円)もかかってしまいます。

クラウドファンディングで資金調達。目標5000ドル、結果2万ドル超え

「Help 500 Kids In Hospitals Receive A Medi Teddy!」

12歳のエラ・カサーさんは、クラウドファンディング GoFoundMe で支援を求めました。「病院にいる500人の子どもにメディテディを届けるのを手伝ってください」と。

目標額は、5,000ドル(約53万円)。

6月20日現在、クラウドファンディングでのプロジェクト開始から10日間で約640人もの人から支援が集まり、目標額を大きく上回る約2万2千ドル(約235万円)に達しています。支援者の中には、日本人名の方もいました。

今後、この資金をもとに、病院にいる子どもたちの元へ500個のメディテディが寄付されることになります。

メディテディの購入方法

メディテディ公式サイト
www.medi-teddy.org/

メディテディをさらに広げるため、メディテディの公式サイトでは予約注文を受け付けています。

1つ、19.99ドル(約2,150円)プラス送料。

現時点では、簡単な簡単なお問い合わせフォームからの申し込みとなっています。後ほど改めてメールにて案内が届くようです。

今すぐ届くわけではありませんが、小児科病院を経営されている方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。メディテディそのものの良さもありますが、モノが作られたストーリーも素敵ですよね。

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください