パパと3歳の息子で餅つき

友人が自宅で、年末恒例で「餅つき」を開催してくれています。毎年参加させてもらっていて、今年も息子を連れて行ってきました。

3歳になった息子は、いよいよ餅つきに参加できるのか? また、今年こそ餅が食べられるのか?

今回は「子供」と「おもち」についてお伝えします。

3歳は、もちつきはできるのか?

3歳の男の子が餅つき

まず、最初の疑問。

「3歳で、餅はつけるのか?」

これに関しては、無理です!(笑) ただし、2歳までは見よう見まねでも出来なかったのですが、3歳になってからは軽い杵を自分でもって、ぺったんぺったんと遊びですることはできました。

戦力にはなっていませんが、餅つきの体験はできましたね。

ちなみに6歳のお兄ちゃんは、勢いよくぺったんぺったん出来ていました。力が弱いので大人が仕上げる必要はありますが、6歳頃から様になってくる感じです。

3歳で、餅は食べられるのか?

3歳の息子が、あんころ餅をぱくぱく

次の疑問。

「3歳で、餅は食べられるのか?」

これについては、問題なし。余裕で食べていました。写真は、あんころ餅をぱくぱく食べているところです。これ以外にも、つきたてほやほやのお餅や、焼いたお餅も、たくさん食べました。

2歳の頃は餅が食べられなかったので、食べることに関してはしっかり一人前になりましたね。

もし、餅が子供の喉に詰まったら

ちなみに、「餅は何歳から食べて良いのか?」については定められていません。目安としては、噛む力と、飲み込む力が、しっかりとついてからになると思います。

今回のもちつきには、0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、6歳……の子供が参加しましたが、餅つきに関しては、2歳以下はちょっと難しい印象です。個人差がありますが、3歳が目安なのかな。

また、子供に餅を与える時は、一気に口に入れて喉に詰まらせてしまわないように、小さくちぎってあげましょう。また、食べる時は大人がそばについていてあげるのが安心です。喉を詰まらせた場合は声を上げることができないので、静かに窒息してしまう恐れがあるからです。

窒息事故の対処のポイント

YouTubeのJ:COMチャンネルに、餅が喉に詰まった時の対処法が、わかりやすく動画で解説されていましたのでご紹介します。

窒息事故の対処のポイント(日本赤十字社千葉県支部)
窒息事故の対処のポイント(日本赤十字社千葉県支部)
  • 咳をさせる
  • 背部高叩法
  • 腹部突き上げ法

窒息事故の対処のポイント J:COMテレビ

まず、子供が自分で咳ができるようであれば、咳をさせます。

 

窒息事故の対処のポイント J:COMテレビ

【背部高叩法】
咳をしても餅が出ないときや咳が出来ないときは、大人が片膝を立てて座り、その上に子供をうつ伏せに乗せます。

そして、背中の、肩甲骨と肩甲骨のあいだを叩きます。子供を支えながら、しっかりと強く叩きます。

 

窒息事故の対処のポイント J:COMテレビ

【腹部突き上げ法】
叩いても餅が出ない場合は、子供を立たせて、お腹(おへその上・みぞおち下)あたりに握りこぶしをあてて、もう一方の手で押さえながら瞬間的に突き上げます。上に突き上げることによって、横隔膜にある空気を瞬間的に外に吐き出させることで、気道から異物を吐き出させます。

*このとき、みぞおちの上にある剣状突起の損傷に注意してください。折れやすいので内臓を損傷する危険性があるためです。

餅つきの手順

最後に、「餅つきってどうやってするの?」と疑問を持った方のために、一連の流れを簡単にご案内いたします。

洗ったもち米

もち米を洗って、

 

もち米を蒸している

もち米を蒸して、

 

木臼と杵で餅をつく

ほどよく蒸したもち米を、木臼と杵でついて行きます。

 

木臼と杵で餅をつく

どんどんつきます。大人も子供もつきます。

 

木臼と杵で餅をつく

僕も3歳の息子とペアでつきました。

 

つきたての餅を丸める女性

つきたての餅は、熱々の状態で手早く丸めます。

 

つきたての餅を炭火で焼く

そして餅を炭火で焼いたり、きなこをまぶしたり、あんこを詰めたり、磯辺焼きにしたり、大根おろしを添えたりして、いただきます。つきたての餅は、格別に美味しいです!

 

牡蠣の炭火焼

大人向けには、牡蠣の炭火焼と、日本酒の熱燗も。最高!

親子で楽しい一日を過ごすことができました。毎年素晴らしいイベントを開催してくれる友人には感謝です。ちなみに、杵と臼はレンタルです。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。