雪の中を歩く3歳の子供

大雪の日の、保育園・幼稚園の送迎は大変ですよね! 自転車は滑るので乗れないし、ベビーカーでの移動も思うように進めないし、抱っこ紐は足元が見えずに怖いです。

今日2018年1月22日、東京23区では4年ぶりの大雪警報が発令されました。わが家の息子は、ただいま3歳。生まれて初めての「大雪」「吹雪」体験をしたのです(4年前の大雪は、東京積雪27センチ。嫁さんは妊娠中でした)。

今回は、そんな様子をお伝えします。

お昼過ぎ雪が降りはじめ、積もるの?積もらないの?

学芸大学駅前で雪が降りはじめた(2018年1月22日 東京23区4年ぶり大雪警報)

雪が降りはじめたお昼過ぎ。まだ傘やカッパなどの雨具を持っていない人も結構いました。

まだ道路に雪が積もるほどではありません。

吹雪と積雪! たった4時間で銀世界(学芸大学)

学芸大学駅前に雪が積もっている(2018年1月22日 東京23区4年ぶり大雪警報)

先ほどからおよそ4時間後。夕方5時台の東急東横線「学芸大学駅」駅前です(東京都目黒区)。

雪はさらに強まり、あっという間に積もってしまいました。駅前で大勢が歩いているにも関わらず、どんどん雪が降ってくるので道路は真っ白です。

 

学芸大学駅前商店街に雪が積もっている(2018年1月22日 東京23区4年ぶり大雪警報)

寒すぎる吹雪。僕は透明のビニール傘を持っていたのですが、ほんの2〜3分で傘の上に雪がびっしり張り付き、白の傘になってしまいました。

 

目黒区五本木に積もる雪

うちの近所なのですが、「ここ、どこ?」感。

 

木の上に積もる雪

木の上に積もる雪。

 

交通標識に積もる雪

まっすぐに立っている道路標識にも積もっています。

 

雪の上を歩く足

足元は、雪に埋まるほど。サクサクと半歩ずつ歩いて行きます。

吹雪と大雪のなか、保育園に3歳の息子をお迎え

吹雪くの中を歩く3歳の子供

3歳の息子の鼓太郎、生まれて初めて大雪警報を体験。自分で傘をもって、しっかりと歩いています。

吹雪もへっちゃら! 割といつも抱っこをせがむのですが、この日は抱っこや手をつないだりは、一切せずに歩き切りました。

 

雪の中を歩く3歳の子供

写真では辛そうに見えますが、鼓太郎めちゃくちゃテンション上がっています。

 

息子「今日雪だから、サンタさんくるんじゃない?」
パパ「え、サンタさんが〜!?」
息子「サンタさん、こっちゃんに急いでプゼレント(プレゼントと言えない)持ってくるんじゃない?」
パパ「そうだったらいいねー」
息子「♪ サンタクロース、サンタクロース、サンタクロース」

クリスマスからは1か月ほど経っていますが、確かにこんな日はクリスマスソングを聴くと元気がでそうです。

鼓太郎は、一度も転ぶことなく、初めての大雪をひとりで歩いて帰れました。成長したねー。

ママは帰宅難民者に。渋谷は大混雑で、電車もバスも乗れず

余談ですが、このとき嫁さんは渋谷で仕事をしていました。

早めの帰宅指示が会社から出て夕方5時上がりだったのですが、電車は大混雑でまったく進まず、バスは大行列で乗れそうになかったそうです。

バスは並んで乗ったとしても、渋谷から三宿まで、国道246号線で1時間かかるとのこと。4kmの距離で1時間なので、車は時速4キロの超のろのろ運転です。

これでは帰れない!

ということで、嫁さんは吹雪と大雪のなか、歩いて帰宅。大変な一日でした。

【追記】翌朝の登園風景

翌朝。積もる雪に一歩踏み出し、わだちを選んでペンギン歩き。ゆっくり保育園に登園しました。

保育園は半数ほどしか登園していませんでした。雪で来られないだけでなく、職場から自宅待機の指示を受けている親御さんも多いそうです。

東京は銀世界。積雪23cm。

パパやる「雪」関連記事

大人「雪の日の保育園送迎は大変」。子供「アナと雪の女王みたい〜」。