自宅で出産する方法。大雪時の陣痛、車で病院へ向かうと孤立する危険性がある

3251

妊婦とその家族にとって、雪は危険な存在です。

もちろん滑って転ぶというリスクもありますが、意外と見落としがちなのが大雪です。もし、陣痛が始まったり、何かトラブルが起きた歳、積雪の中、病院へ駆けつけられなくなるからです。

スポンサーリンク

大雪で、電車がとまり、道路が閉鎖

五本木(目黒区)近所で雪かき
東京都目黒区でも雪が積もりました。

本記事執筆時、関東・東北に記録的な大雪が襲っています。

一部地域では、道路や鉄道が封鎖され孤立するなどの非常事態が続いており、さらに何人もの凍死者が出ています。

山梨県では県外とつながる国道の通行止めや鉄道の不通が続いている。群馬県南牧村のほぼ全域や東京・多摩地区と静岡県小山町の一部も、停電や道路の不通で孤立している。

記録的大雪、死者15人に 停電・立ち往生・相次ぐ孤立 :日本経済新聞

陣痛、雪道での車内出産は危険。自宅で産める!

望月 こずえ さん

日本赤十字社助産師学校の助産師・望月こずえさんは、自身のFacebookで「山梨の妊婦のみなさん」という書き込みをされています。

転載で申し訳有りません!

今、大雪で緊急性が高いので、そのまま掲載させて頂きます。

 


▼ 望月こずえさんのFacebookより

*山梨の妊婦のみなさん*
予定日前後のみなさん
今、陣痛がきたら、車で病院に向かう方が、危ないとわたしは思います。

途中で車がストップしたら…
車内出産だと、赤ちゃんが寒くて大変だし、ママも産後の出血が心配です。

救急車呼んでも来れるのかな…

救急車も無理かもしれない、そんなときは、

大丈夫、大丈夫!
赤ちゃんの生まれてくる力を信じて!
大丈夫!

それを無駄にしないように…
お腹が痛くなってきたら、まずは、お風呂を沸かしましょう。
お部屋をしっかり温めてね〜

お風呂に入って、身体を温めて、痛みと不安を和らげましょう。

タオルをいっぱい用意して〜
タオルはストーブとか炬燵で温めてね。
赤ちゃんが産まれたら、しっかりふくよー!
ママのお胸の上にしっかり乗せてね!
ママも胸をしっかり出して、
赤ちゃんは羊水で濡れたままだと、体温が奪われて、呼吸をサボってしまうから、タオルが濡れたらどんどん新しいのに交換して、水分なくなるまで何度も拭いてね!

ハサミと糸を用意して…赤ちゃんのお臍の緒を切る準備。

糸は太い方がいいかな〜
細い糸なら、束ねて太くして〜
細いとしっかり縛る過程でお臍の緒が切れることがあるの。
2箇所しっかり縛って、その間をハサミで切るんだよ〜

羊水拭き取れて、お臍もきったら、オムツして服着せて、タオルでたくさんくるんで、ママと同じ布団で寝ましょう。

胎盤がでたら、袋にいれてね〜

ママの出血は、月経の多い日より、多くなければ大丈夫だよ!
それより多い時は、お臍あたりに、子宮があると思うから、そこを触って、硬さを確認してね。
お臍周囲と恥骨の間に必ず子宮があるはずだから、わからなかったら、まずは、くるくるマッサージしてね〜
子宮がしっかりわかる硬さになったら、マッサージやめ、骨盤を高くして休みましょう。
できる人は骨盤を支えるアイテムで、支えてね〜

なんて書いてる間に、雪が止んできた!

みなさん、無事でありますように。

望月こずえさん「山梨の妊婦のみなさん」:Facebook より


 

車・タクシーで出産したあとはカンガルーケア

望月こずえさんのFacebookは、tamtamさんのツイートで知りました。tamtamさんはこの記事と合わせ、上記のカンガルーケアについて書かれた記事も紹介されています。

 

 


  • 母体より下に赤ちゃんを置くと臍の緒に血液が逆流してしまうので、赤ちゃんを母体の上に置く。
  • 上半身裸になってお母さんの体温で直接赤ちゃんを温めてあげる。

「4 タクシーの中で」こだわり出産・育児グッズより一部引用


 

陣痛で病院、大雪のなか立ち往生が最も危険!

自宅出産は、いざという時のための対応ができないので安全とは言えません。まずは、かかりつけの産婦人科や助産院へ連絡し、相談してください。

しかし、大雪で道路が閉鎖されたり、完全に立ち往生してしまっている地域では、無理な病院への駆け込みは、辿り着けない可能性があるのでかえって危険ということです。参考になるかはわかりませんが、YouTubeで「自宅 出産」と検索すると、いくつもの自宅出産映像が出て来ました。洋式トイレで一人で出産される方もいて驚きです。

突然の大雪被害に見舞われた地域の皆様、1時間でも早い復旧願っています。

■パパやる関連記事

雪道の自転車と肩ぐるまは超危険! 保育園・幼稚園の送迎時などで注意

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください