今の記憶のままプロポーズの前日に戻ったら……。やっぱり今の夫・妻と結婚したい?
Designed by Freepik

インタビューで本質に迫れる質問事項

僕はこれまで、100人以上の人をインタビューした経験があります。そのとき、その人の本質を知るために、ある質問事項を活用することがあります。

たとえば、保育士さんに取材をするとします。

「保育士を志したきっかけは?」
「保育士になって今年で何年目?」
「何歳児クラスを担当しましたか?」

こういう単純な質問は、特に頭をひねることなく事実をお話しして頂けるだけで成立します。でも、こういう質問はどうですか。

「あなたにとって保育士とは何ですか?」

この質問をすることで、その人が考えている「理想の保育士」を聞くことができ、本質に迫れるというわけです。

質問事項の「保育士」の部分を、相手に合わせて変えることで応用できます。たとえば夫婦の会話だと、こんな質問とか。

「あなたにとって家族とは何ですか?」

今の記憶のまま今の配偶者とのプロポーズ前日まで戻ったとします。その場合そのプロポーズは成立しますか?

さて、前置きが長くなってしまいましたが、Twitterの投票機能を使ったハッとする質問を見かけました。これはまさに夫婦関係の本質に迫れる質問ではないでしょうか。

二択というシンプルさも良いですね(四択ですが男女別なので実質二択)。投票期間は7日間、4月29日までです。

既婚者の方は、ぜひポチッとしてみてはいかがでしょうか。投票すると集計経過と結果を見ることができます。ちなみに、自分がどれに投票したかは、相手や他の人にはシェアされないのでご安心を。

僕も一票投じました!

パパやる「夫婦」関連記事

妻「赤ちゃんが生まれてからも、夫婦ふたりだけでデートしようね」 夫「そうだね」