2015年に第一子を授かったパパ、モン吉さんの「茜空」。子育て中に聞きたい名曲です

絵本「ママのスマホになりたい」「ママがおばけになっちゃった!」などの代表作を持つ、絵本作家ののぶみさんが作詞した新曲「あたしおかあさんだから」 が 、ネット上で炎上しています。

原因は、《お母さんの我慢》を美化した歌詞で、それが母親に我慢を強要してしている、と受け止められたからです。

お母さんになる前は、ヒールを履いて、ネイルをして、痩せていたけど、今は爪を切って、朝5時に起きて、自分のことよりあなたのことばかり……といった内容です。

リアルじゃない! 感動の押し売りはすぐにわかる

僕はこの歌詞を読んで、感動の押し売りソング、だと思いました。

作詞家の勝手な解釈で、弱っている(と思われる)人への感動の押し売りは気持ち悪いですね。今回は育児中のママに向けた曲でしたが、この手の戦略は音楽業界ではありがちで、妙な感動押し売りソングって結構あるように思います。失恋系とか、壁にぶち当たった系とか。

もちろん、こうした曲に鼓舞され、勇気が湧いてくることもあります。

ただ、リアルじゃないとまったく刺さりませんよね。

それは「あたしおかあさんだから」が、《感動させてやろう》ありきで書かれた曲だからではないでしょうか。僕たちがこの曲に対して、これ以上消耗するもの疲れます……。

感動押し売りソングなんてスルーして、良い曲を聴こう!

前置きが長くなってしまいましらが、今回は逆に良い曲をご紹介します。

僕はこの曲を聞いて、目頭が熱くなり、息子のことがさらに愛おしくなり、「もっと子どもと遊びたいぞ!」と、やる気と勇気とが湧きました。そんな曲です。

2015年に第一子を授かったパパ、モン吉さんの「茜空」

この曲「茜空(あかねぞら)」は、2017年末に発売されたモン吉さんのアルバム「モン吉2」に収録されている曲です。曲のオープニングから「そうそう、そうそう!」と、グッと胸が熱くなりました。

モン吉さん「伝えたいことや、見せたい場所が、本当にたくさんあるんだよ。絶えず笑顔にいっぱいさせたいし、心配なんてかけたくないし、この先ずっと見守ってたい、かけがえのない君の未来」

 

モン吉 茜空

僕個人的なことになりますはが、息子を保育園に迎えに行って、その帰り道に息子と空の色についてよく話しているのです。「あっ、今日はオレンジだ!」「ねぇ、パパ。前はピンクのときあったよね?」と、息子は空を見上げながら、僕に興奮しながら話してくれるのです。

あぁ、この歌詞。……泣きました。

モン吉さん「君とあとどれくらい同じ景色を、君とあとどれだけ見れるのかな? 僕は幸せ抱きしめて、手と手、重ね上げた茜空」

 

空。

そう、空なんですよ。

朝や夕方に限らず、僕は、息子が夜眠れないときに「お月さまを見に行こう」と、夜の散歩に出かけることもあります。空って、当たり前すぎてつい忘れがちですが、親子にとって「空」は、共通の話題であり、心を落ち着かせてくれる存在でもあるんですよね。

この曲は、あかね色に染まった空をキーワードに、子育てに取り組む親の思いが綴られています。

この曲、モン吉さんの「茜空」は、歌詞のすべて、一言一句が全部リアルもういい、もういい、やめてくれ〜……と思えるほど、涙が止まらなくなってしまうのです。何度聴いても。

子育て中のパパとママ、ぜひ良い曲を聴いてくださいね。

パパやる「音楽」関連記事


FIRE BALL「究極の1曲」に参加させてもらいました。息子の鼓太郎がサイトに掲載!

PUSHIM LIVE TOUR 2017 親子席
3歳の息子とPUSHIMさんのライブへ。そこで学んだ、生きるためのチカラ

RYO the SKYWALKER、次男誕生。アルバム制作の中、家族に感謝。
RYO the SKYWALKER、次男誕生。アルバム制作の中、家族に感謝。
check! 私ごとですが、息子の鼓太郎に、生まれて初めて聴かせた曲が、RYO the SKYWAKERさんの「好きにやったらええ!」です。めっちゃ良い曲です!!

息子よ、大きくなったら何になりたいんだ?
Christopher Martin – Just Like You 「男はどう生きるべきか」をシンプルに伝える、ジャマイカのパパチューン