3歳の息子とPUSHIMさんのライブへ。そこで学んだ、生きるためのチカラ

3歳の息子とPUSHIMさんのライブへ。そこで学んだ、生きるためのチカラ

PUSHIM LIVE TOUR 2017 親子席

3歳1ヶ月の息子と、レゲエシンガーPUSHIMさんのライブへ行ってきました。

大音量、大丈夫かな?
夜のライブ、グズらずに頑張れるかな?
ライブの途中でイヤイヤにならないかな?

など、不安が色々あったのですが、いずれも大丈夫でした。

かつてRYO the SKYWALKERさんのライブへ行って、大音量にびっくりして大泣き。ものの数分しか見れなかった……という苦い思い出もあるのですが、もうそうした心配は克服できたようです。

ようやく、これからは家族で音楽ライブを楽しめます!

3歳の息子とPUSHIM LIVE TOUR 2017 in 東京へ

電車のホームでピースサイン

週末金曜日、この日はいつもより早く保育園にお迎えに行き、一旦家に帰り、サクッとオニギリとコロッケを食べて電車へ。

 

電車のなか

ママとは会場(東京・お台場 Zepp Diver City Tokyo)で待ち合わせ。パパとふたりで向かいました。

 

お台場の観覧車

最寄りの東京テレポート駅、観覧車を見て「遊園地〜!」と。遊園地には、まだ一度も行ったことがないのですが、なぜ知ってるんだろ?

 

PUSHIM ライブツアー2017 会場到着

駅から歩いて、会場に到着!

 

PUSHIM LIVE TOUR 2017

PUSHIMさんのライブツアーは、全国9ヶ所。僕たちが行ったのは、6月16の東京公演です。

 

PUSHIM ライブツアー2017 会場

会場はすごい熱気でした! はたして3歳の鼓太郎は……

 

ライブを熱心に見つめる鼓太郎

すごい一生懸命見ている! 会場の雰囲気に圧倒されたのか、終始じっと見入っていたのです。

PUSHIMさんのライブから得た、生きて行くための大切なチカラ

鼓太郎とパパ

最後にライブの感想を。

PUSHIMさんのライブは、とてもドラマチックでした。まだ全国ツアーの途中ですので詳しい内容は避けますが、心打たれた一場面について少し書かせてください。

「自分って何者なんやろ?」

PUSHIMさんが、自身のルーツについて語る場面がありました。彼女は在日韓国人三世で、「自分は日本人なんかな? 韓国人なんかな? 何モンなんかな……」と、子供のころによく考えていたそうです。

そんな日本と韓国のあいだで揺れ動き続けていたある時、彼女は遠く離れた、地球の裏側のジャマイカの音楽と出会いました。そう、レゲエです。

彼女はレゲエを歌うことで、自分のアイデンティティを得たのだそうです。

人生は、良いことと悪いことの連続。
そんなとき、いつでも歌えるのは幸せなことだ、と。

PUSHIMさんは、在日韓国人ということで「自分は何者なんだろう」と、長いあいだモヤモヤしていました。でも、レゲエと出会ったことで、自信を持って人生を切り開くことができたというのです。

人には誰しも抱えている心配事があるでしょう。悩みであったり、劣等感であったり、簡単にクリアにできない想いが。

人生とは、自分を自分たらしめるアイデンティティを探し求める旅である。僕は、PUSHIMさんのライブを見てそう感じました。

今3歳の息子も、いつか大きな壁に直面することがあるでしょう。PUSHIMさんが見つけた歌のように、自分自身を強く持てる何かを見つけて欲しいです。

繰り返しになりますが、とてもドラマチックで、壮大なライブでした。

諦めない力と勇気をいただきました。

素晴らしいライブ、ありがとうございました!