1歳7ヶ月の鼓太郎、突然喋れるようになった! ママやパパの単語ではなく「こっちゃんの〜」と文章を話すんです。

最近、鼓太郎の成長がすごいんです。

保育園にお迎えにゆくと、それまで遊んでいたおもちゃを自分で「ないない」と言いながらおもちゃ箱になおします。そして下駄箱へ駆けてゆき、自分のスニーカーを取ってきます。そしてみんなに「ぱいぱーい(バイバイ)」と言って、ちゃんと出口まで歩いて行きます。

そして今日、その保育園の出口でこんなことがありました……。

ねっ!喋ってますよね? 驚いて慌てて動画撮影してしまいました。

息子「こっちゃんの〜、こっちゃんの〜」
パパ「うん、クックはこう」
息子「くっくはくの」「こっちゃんの」

これまでは、パパ、ママ、まんま、ワンワン、ニャンニャン、カァカァといった単語のみだったのが、いきなり文章に! ……な、なんで? あまりに突然でびっくり。

「こっちゃん」とは、自分(鼓太郎)のこと。そして「こっちゃんの」の「の」は、助詞ですよ。助詞!

このあとの帰宅途中でも、ゴニョゴニョとずっと喋っていました。どうやら鼓太郎の中で、何かが開花したようです。感動!

保育園からの連絡帳にも、おしゃべりの報告。

帰宅後、保育園と毎日やりとりしている連絡帳に、先生からの今日の報告欄にこんなことが書かれていました。


お昼寝の前に、初めて喃語(なんご → ことばになっていないけど、声でたくさんしゃべっていました)で、お友達に接し「*☆□▲◎」と話ていました。

「〇〇ちゃん(お友達)ネンネ〜」と聞こえたのは、空耳アワード(?)


 

なんと、保育園では、先生やお友達の前でも話していたようです。

「話し出すと早いですよー」なんて、先輩パパママから教えてもらっていましたが、ここから一気に会話ができるように成長するんでしょうか? これからは、鼓太郎に向かってはキチンと話さないと。楽しみです!

あまり興味は無いかと思いますが、これまでの喃語・クーイング遍歴をまとめてみました。(笑)

【生後1ヶ月】あーうー。

【生後4ヶ月】あー、あぁ〜っ♪

【生後8ヶ月】いないいないばぁ(相手の言葉を理解)

驚き!生後8ヶ月の赤ちゃんが、自分で「いないいないばあ」!

【生10後ヶ月】おつむてんてん(相手の言葉を理解)

【生後16ヶ月・1歳4ヶ月】パパ!

【生後19ヶ月・1歳7ヶ月】バイバーイ。カァカァ。

 

以上です。
今日はとってもびっくりさせられた良い日でした。ありがとう!