子育てブログを始めたい方は、WordPressより「はてなブログPro」がおすすめ

子育てブログを始めたい方は、WordPressより「はてなブログPro」がおすすめ

by -
子育てブログを始めたい方は、WordPressよりレンタルブログがおすすめ。はてなブログなど。
Designed by Freepik

子育てブログ運営のコツ(1) 立ち上げ編

妊娠や出産をきっかけに、「子育てブログをはじめよう!」と奮起する方は、結構いらっしゃると思います。

ブログの運営に慣れている方は、レンタルサーバーを契約してサイトを自作したり、親しみあるレンタルレンタルブログで新規に始めることができるでしょう。しかしブログの運営に慣れていない方は、どこから手をつけるべきか悩むと思います。

今回は、そんなパパ・ママに向けた「子育てブログ運営のコツ 立ち上げ編」をお届けします。ちょっと専門的なお話です。

子育てブログは、大切に育くみたい

まず、前提として「子育てブログは特別である」ということを理解しておきましょう。

なぜなら、仕切り直しができないからです。

日記ブログや趣味ブログであれば、途中で飽きてやめても問題ありません。また、新たにブログを立ち上げて、イチから始めても問題ありません。しかし、育児・子育ては途切れることなく続くものです。それらを綴ったブログを「気に入らないから、やっぱり全部消す」とか、「別のブログにお引っ越しする」などは、できれば避けたいところです。

子育てブログは、わが子の成長とともにゆっくりと育む方が良い、と僕は考えています。

子育てブログにWordPressは、お勧めではありません

ブログを始める前に、どうやってブログを運営しようかとリサーチをすると、WordPressというブログ運営ツールに出会うと思います。WordPressとは、オープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)です。簡単にいうと、無料のブログ運営プログラムです。

無料とは言っても、プログラムが無料というだけで、サーバーを借りたり、ドメインを取得するのは、別途費用が掛かります。

本サイト「パパやる」も、このWordPressを使って運営しています。

WordPressはカスタマイズの自由度が高いのが魅力です。デザインを変更したり、機能を追加したり、よりサイト表示が早い高速サーバーで運営したりなど、自分の好みをたっぷりと盛り込むことができます。

そのため、「本格的なブログを運営したい」と思い立ったら、WordPressでのブログ運営にチャレンジしてみたくなるのです。実際、多くのレンタルサーバーでは「WordPress簡単インストール」などのサービスを提供しています。これを使えば、5分もあればWordPressのサイトを立ち上げることができるのです。

「あれ、簡単なの? じゃぁ僕も(私も)やってみようかな」

そう思うかも知れませんが、僕はあえて子育てブログはWordPressでしない方が良いと考えています。

なぜ、WordPressをお勧めしないのか?

WordPressの専門書を1冊しっかりと読めば、自力でWordPressを始めることができるようになるでしょう。また、有料のテーマ(サイトのデザイン)を購入すれば、簡単にプロっぽいデザインにすることもできます。

しかし、WordPressが大変なのはサイト立ち上げ時ではなく、運営時なのです。

WordPressは世界中に多くのユーザーがいるので、悪意あるハッカーや愉快犯などに常に狙われています。そのため、WordPressはセキュリティを高めるためのアップデートを頻繁に配布しています。「自分のサイトは最新バージョンじゃなくても良いよ〜」なんて思っていても、アップデートを放置していると、針のむしろのようにサイトが攻撃にさらされるのです。

だから、WordPressのアップデートがあると、早めに更新をするのが世間の常識になっています。

しかし、ここにも大きな罠があります。WordPressはデフォルトのままで使うユーザーはほとんどいません。テーマやプラグインをインストールしたり、CSSをいじったりなど、多少なりともカスタムをしながら使います。

このテーマやプラグインにもアップデートがあり、これがWordPressの新バージョンと相性が悪かったり、契約しているレンタルサーバーの環境と合わなかったりして、突如不具合が発生することがよくあるのです。

これまで僕は、何度もサイト運営の危機に陥り、涙目になりながら必死で乗り越えて来ました。プラグインのアップデートでサイトが表示されなくなったり、ウイルスに感染して有害サイト扱いされ表示されなくなったり。これらを乗り越えるには、かなり専門的なウェブの知識が必要になります。

この顛末は僕のもうひとつのブログ「Swingin’ Thinkin’」に書いていますので、知りたい方は読んでみてください。

■関連リンク

 

この他にも、現在もある不具合に悩まされています。

それはサイトの改ざんです。サイト内に勝手に不正なタグを仕込まれてしまうのです。消しても、消しても、また埋め込まれるのです。あらゆるパスワードを変更しても同じです。

サーバー運営会社に相談をすると、「不正アクセスの形跡や、ウイスルなどの不審なファイルは見つからなかった」という調査結果を頂きました。でも確かに、数日おきに不具合が発生しています。その原因が見つからないのです。

もう疲れたよ……。

子育てをしながら、WordPressの不具合に対処し続けるのはかなり大変!

WordPressユーザーで、たまたま何年も何の不具合も起きていない方もいるでしょう。でも、ブログが突如ウイルスに侵されたり、ハッキングされた場合、問題を解決する自信があるでしょうか?

じっくりと取り組むことができれば良いのですが、仕事、家事、子育てなどに追われながら、サイトの不具合に対処するのはかなり大変です。時間的余裕、精神的余裕、スキル不足などにより、たいていめげてしまうと思います。

僕はWordPressを6年以上使い続けた経験上、ウェブの知識やセキュリティ対策などに自信がある方以外は、子育てブログをWordPressで運営するのはお勧めしません。

子育てブログはレンタルがベスト! はてなブログProの独自ドメイン運営がおすすめ

そこで僕は、子育てブログは書くことに集中できるレンタルブログが良い、と今は考えています。

レンタルブログサービスはいくつかありますが、その中でも「はてなブログ Pro」をおすすめします。Proは有料版という意味です。はてなブログは無料でも利用できますが、機能に制限があるので、有料版のProが良いでしょう。

はてなブログProは、1ヶ月あたり600円からと多少料金がかります。しかしはてなブログはWordPressのようにレンタルサーバー(有料)と契約しなくて良いので、その分だと思えば高くはありません。

僕ははてなブログProをお勧めする理由はいくつかありますが、特にはこの3つです。

  • 独自ドメインが設定できる
  • Google Adsenseなどの広告が設置できる
  • はてなブログユーザーとのコミュニケーション機能がある

ひとつめの「独自ドメイン」ですが、もし仮にはてながブログサービスを終了することになった場合、独自ドメインを設定していたら、URLを変更することなく他サービスへ引っ越すなどの対処ができる可能性があります。

そしてふたつめの「Google Adsenseなどの広告」ですが、これはサイト運営で稼ぐことができるということです。月額600円分を稼ごうと思ったら、月間およそ2,000〜3,000PVあれば稼げます(Adsenseは累計8,000円を超えないと入金されませんが)。

最後の三つ目「はてなブログユーザーとのコミュニケーション機能」ですが、これは結構大事なかと思います。WordPressで新規にサイトを運営した場合、最初の数ヶ月はさっぱりアクセスがありません。誰もいない砂漠でポツーンと声を上げている気分になるのです。はてなブログは、ユーザー同士がつながれますので、ブログを始めたばかりでも読者の反応があり、やる気につながります。

■関連リンク
はてなブログ
はてなブログ Pro

どうしてもWordPressを始めたいなら、サポートが優秀なエックスサーバーがおすすめ

最後に、それでもどうしてもWordPressでブログを始めたい方は、レンタルサーバーはエックスサーバーが良いでしょう。

なぜなら、高性能というのもありますが、サポートが優秀だからです。僕はこれまで何度もサポートセンターにメールで問い合わせをしているのですが、いつも半日ほどで丁寧な返信が返って来ます。電話サポートはありませんが、メール対応はしっかりしています。

レンタルサーバーは安いだけで選ばず、サポート体制がしっかりしているのは安心感があります。

ちなみにパパやるもエックスサーバーで運営しています。

■関連リンク
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

【お知らせ】パパやる、近日リニューアルします

ここしばらく毎日更新してきたパパやるですが、この2週間ほどはあまり記事が書けていません。手足口病に感染して大変だったということもあるのですが、上にも書いた通り、現在サイトに不具合が発生し、裏で色々格闘しているからです。

これを機に、実はサイトデザインのリニューアルも検討しています。

しばらくは記事の更新が少なめになるかと思いますが、乞うご期待ということで暖かく見守っていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。