ベビーベッドだけど添い寝ができるSoine(ソイネ)。赤ちゃんはいつでもママのそば

ベビーベッドだけど添い寝ができるSoine(ソイネ)。赤ちゃんはいつでもママのそば

ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

赤ちゃんと添い寝をするか、それともベビーベッドを使うか。

これはとても難しい問題です。特に一人目のお子さんの場合、出産前・出産直後にどうしようか悩むことになるでしょう。なぜなら、双方にメリット・デメリットがあるからです。

添い寝のメリット「愛情」

  • 寝かしつけの際、となりでママやパパが一緒に寝転べるので楽
  • 授乳をしながら寝かしつけができる(添い乳)(母乳育児の場合)
  • 夜泣きしても、すぐにおっぱいをくわえさせられる(母乳育児の場合)
  • いつでもそばで触れ合える
  • 触れ合うことで愛情ホルモン「オキシトシン」が大量に分泌され、お互いがリラックスでき、親子・家族の絆が深まる

■パパやる関連記事
オキシトシンで男性も育児脳になれる!妻のイライラもなくなる! ……だけど父親の育児参加にデメリットがあるかも。オキシトシンで男性も育児脳になれる!妻のイライラもなくなる! ……だけど父親の育児参加にデメリットがあるかも。

添い寝のデメリット「命の危険」

  • 命の危険がある!
  • 大人の掛け布団がかぶさって窒息死
  • 大人が寝返りして圧迫死
  • 赤ちゃんがベッドから転落

■パパやる関連記事
乳幼児の死因。最多が授乳後ゲップさせずに窒息、次に大人用の布団がかぶさって窒息。乳幼児の死因。最多が授乳後ゲップさせずに窒息、次に大人用の布団がかぶさって窒息。

0歳の赤ちゃん、添い寝は危険! 大人用布団で窒息死、親で圧死など、家庭内死亡事故5年間で160人0歳の赤ちゃん、添い寝は危険! 大人用布団で窒息死、親で圧迫など、睡眠中の死亡事故5年間で160人

*ベッドからの転落事故に関しては、ベビーベットでも赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちを始めてからも使い続けていると、転落する危険性があります。ベビーベットの使用期間の目安はおよそ生後6ヶ月までです。

メリット・デメリットを克服した、ベッドサイドベッド

「ママが楽しいベビーグッズ」をコンセプトに展開する、ベビー用品メーカーのKATOJI(カトージ)が、2017年4月、とても面白い商品を発売しました。

その名も、Soine(ソイネ)。

ベビーベットならぬ、ベッドサイドベッドなのだそうです。赤ちゃんと添い寝したい、でも、おなじベッドで一緒に寝るのは不安……。そんなママの育児の悩みを解決する寝具です。

ベッドサイドベッド・Soine(ソイネ)

収納 - 添い寝ができるベビーベッド、ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

まず、Soine(ソイネ)は専用の収納袋にコンパクトにしまうことができます。実家の帰省などの時に便利ですね。重量は約8.4kgです。

 

広げたところ - 添い寝ができるベビーベッド、ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

これがSoine(ソイネ)を広げたところ。サイズは、幅97 × 奥行69 × 高さ83cmです。

赤ちゃんを寝かせる - 添い寝ができるベビーベッド、ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

赤ちゃんをSoine(ソイネ)寝かせて、ソファーに座りながら見守ったり、

 

大人のベッドにくっつけられる - 添い寝ができるベビーベッド、ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

大人のベットの隣にくっつけて、添い寝することができます。

ベッドの側面は開閉式になっています。添い寝のときは赤ちゃんを見守ったり、触れたりできますし、閉めれば単独のベビーベッドとして使えるのです。

このとき、Soine(ソイネ)の高さは6段階に設定可能。
1:約36cm
2:約38cm
3:約40cm
4:約42cm
5:約45cm
6:約47cm
※床からマット(赤ちゃんのお布団)までの高さです。

さらに、大人のベットとSoine(ソイネ)に隙間ができてしまわないように、固定できるセーフティーベルトもあります。固定に対応している大人のベッド幅は80〜180cmです。シングルから、セミダブル、ダブル、クイーンまで対応しています。

 

赤ちゃんが寂しくない - 添い寝ができるベビーベッド、ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

まさにベビーベッドと添い寝のいいとこ取り!

ちなみに、Soine(ソイネ)の中でオムツ替えもできますし、もし汚れてもマットやシートを取り外して洗濯することもできます。いつでも清潔を保てますね。

 

蚊除けもある - 添い寝ができるベビーベッド、ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

さらに、ドーム型の「かや」も付属しています。蚊やホコリ、エヤコンの直風から赤ちゃんを守れます。

写真ではわかりにくいのですが、足の片側にキャスターがついているので、少し傾けることで室内を楽に移動させることもできます。

家事をしているとき、リラックスしたいとき、眠るとき……。いつでもママのそばにSoine(ソイネ)を置くことができるのです。

とにかく、ただ寝かせるだけのベビーベッドではなく、ママの行動をよく理解した上での、よくできた製品ではないでしょうか。

昔ながらの木製で柵になっているベビーベッドも、大人のベッドの横に付けられるモデルもあるのですが、はやり見た目の圧迫感と無理矢理感があります。Soine(ソイネ)は、添い寝を優先して開発されているので、使い勝手やデザインに無理がありません。

Soine(ソイネ)製品概要:税込価格19,440円 / 重量8.4kg

  • ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)
  • メーカー希望小売価格:¥19,440(税込)
  • 使用期間:新生児~体重約9kg(6か月頃)まで
  • サイズ:幅97×奥行69×高さ83cm
  • 重量:約8.4kg
  • 素材
    脚部フレーム:アルミニウム(アルマイト加工)
    ベッド格子枠パイプ:スチール(粉体塗装)
    プラスチック:ポリプロピレン
    表生地:ポリエステル100%
    袋・蚊帳:ポリエステル100%
    裏生地・マット:ポリエステル100%

カトージについて

画像参照元:KATOJI 公式サイト

ベビーベッド、ベビーチェア、バウンサーなどの製造販売を行うベビー用品メーカー。

「ママが楽しいベビーグッズ」をコンセプトに、子育ての楽しみを応援し、赤ちゃんに安らぎを与える環境作りを提供しています。「hugme」を始めとする自社ブランドの製造販売、「Joie」や「nuna」「Peg-Perego」などの海外ベビーブランドの正規販売代理店として日本での販売も行っています。

赤ちゃんの成長にあわせて、次々とママの希望を叶えて行きたい。カトージはママと同じ目線と温かさで子育ての楽しみを応援いたします。

カトージ直営店舗

実際に触って商品を確かめたい、お店の方に相談したい、という方は直営店があります。都心部に限られていますが、お近くの方がぜひ足を運んでみてください。

遠方の方や、気軽にお出かけできない方は、情報満載のKATOJI公式のオンラインショップもあります。割引、延長保証、購入前でも相談できる電話サポートもあります。

  • ラ・フェンテ代官山(東京)
  • アーバンドックららぽーと豊洲(東京)
  • モザイクモール港北(神奈川)
  • 芦屋(兵庫)
  • グランフロント大阪(大阪)
  • メイカーズピア(愛知)




■関連リンク
katoji-online shop楽天市場店
Amazon「カトージ」商品一覧
KATOJI Online Shop

【関連記事】ベビーベットは使用期間が短くてもったいない、を克服!

同じカトージ製品で、こんなベビーベットもあります(2017年6月下旬発売予定)。

使用期間は生後6ヶ月までと言われているベビーベットですが、ハイハイやつかまり立ちをするようになってからでも使えます。秘密基地みたいできっと楽しいですよね!

カトージのポータブルベビーベッド
カトージのポータブルベビーベッドは、折りたためて運べて、つかまり立ち後は秘密基地として遊べる!