2歳半の息子とパパ、ふたりきりで過ごした夜。ママが退院しました

2歳半の息子とパパ、ふたりきりで過ごした夜。ママが退院しました

by -
寝起きの息子2歳半。ふわぁぁ〜、おはよう

妻が入院しました、という記事を公開し、たくさんの方からメッセージを頂きました。優しいお心遣い、本当にありがとうございます。

おかげさまで、嫁さんは無事に退院できました。

保育園から帰ってきた2歳半の息子は「ママーっ!」と泣いて飛びつくのかと思ったのですが、案外ふつう。特別な様子はなく、何事もなかったかのように日常が返ってきました。あれ……? と拍子抜けですが、ある意味、癒しをもたらしてくれました。

妻が入院、2歳半の息子が初めてママがいない夜を過ごしました。パパとふたりきりで

断乳・卒乳と同じ。初日が山場!

右手にゼリー、左手に食べかけのバナナを握ったまま寝ちゃいました
右手にゼリー、左手に食べかけのバナナを握ったまま寝ちゃいました

息子は相当なママっ子であり、生まれてから一日も母親と離れたことがないので、今度ばかりは結構不安でした。僕は、事前に息子が喜びそうなオモチャ、絵本、お菓子などを準備し、そわそわしながらその日を待ったのです。

できる限りの準備をしていたものの、やっぱり「ママがいない!」と号泣。深夜2時半から5時まで、家の周辺を抱っこして歩き回るという夜を過ごしました。

しかし、翌日には早くもパパとの生活に慣れたのか、結構楽勝!

パパとふたりで夕食を楽しく食べて、お風呂ではたっぷり遊んで、寝る前はお布団の上でゴロゴロしながら、絵本を読んだり、歌を歌ったり、お話をしたりしました。

パパとふたりの夜は無礼講ということで、お布団の上でおやつも食べました。

そしてふたりで遊び疲れて、そのまま一緒に就寝……。

気づけば朝でした。

パパの隣で寝ている息子

「ママがいい!」と、一度もアンパンチを喰らわされることなく、楽しく眠りについて、穏やかな朝を迎えることができたのです。

僕は、改めて感じました。

父と子の絆は、一緒に過ごす時間で決まるな、と。「うちの子はママがいないとダメだから……」と言っていては、子供と父親の関係はそこまで止まり。乗り越えてこそ、築ける関係があるのだと思います。

今回、嫁さんの入院による父と子のふたりきり生活を経験して、かつての断乳・卒乳の苦労を思い出しました。ただし、どちらも大変なのは最初だけです。ちょっとずつ成長して行けるのが楽しいですね。息子も僕も。

寝起き、眠たい目をこすりながら朝食
「眠い……。目が開かないよ」

ママがいない、パパとふたりきり

父と息子、ふたりきりで乗り切った過去記事いろいろ。看病したり、遊びに行ったり、思えばいろんなドラマがありました。

嫁がいない。1歳1ヶ月の息子と、ふたりですごした休日。

「ママじゃないとだめ」スイッチが入ったとき、世のお父さんはどう克服されているんでしょう? 1歳2ヶ月。

やればできた。保育園から「お熱出ました」コールで、ママじゃないとダメ〜な息子を迎えにいって看護。

卒乳1日目。パパとふたりきりで過ごした初めての夜。授乳なしの寝かしつけに成功!

2歳の子連れで行く、初めての東京ディズニーランド&ディズニーシー。良かったこと、悪かったこと、コツまとめ。

子供の看病、ママがいなくてもパパがいれば大丈夫! 2歳3ヶ月、言葉がかなり理解できるようになりました