卒乳1日目。パパとふたりきりで過ごした初めての夜。授乳なしの寝かしつけに成功!

ホントは「卒乳」の予定では無かったんです。

昨夜は、嫁さん(ママ)が仕事上の新年会で、前もって僕(パパ)が、息子を寝かしつける予定になっていたんですね。息子はただいま1歳8ヶ月。まだ卒乳が出来ていなくて、夜寝るときだけなんだけど、おっぱいが無いと眠れないんです。

ちなみに卒乳というのは、乳幼児が授乳を卒業すること。自然と苦労なくやめる子もいれば、親が強制的にやめさせる場合もある。後者は、卒乳ではなく「断乳」と呼ぶようだけど。

で、昨夜は、初めて僕が息子を寝かしつけないといけない日、だった訳です。

当然、僕は男なのでおっぱいはありません。この日を迎えるにあたって、僕は期待と不安でいっぱいでした。

  • 期待は、パパと楽しみながらすんなり眠れる。
  • 不安は、号泣! 号泣! 号泣!

結果は、なんと「前者」でした。
パパと楽しい夜を過ごし、ママ無しですやすやと眠ってくれたのです。(感動)

そこで、急遽この日を「卒乳」の日として取り組むことにしました。卒乳については、嫁さんとは以前から「そろそろオッパイ卒業したいね」と話していたので、この日がとても良い機会に思えたからです。

授乳中の子どもを、父親だけで寝かしつけるコツ。

この夜のために、僕は以前から準備をしていました。今回の記事では、そのようすをお届けします。

子どもは人それぞれなので、他の子にも当てはまる訳ではありませんが、僕と同じように「ママ無しで授乳中の子どもを寝かしつけしないといけなくなったパパ」のために参考になれば!

夜7時「帰宅〜夕食」

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_1

お迎えに行った保育園では、「お父さん、今夜はがんばって!」と送り出されました。

鼓太郎、上機嫌!
うん、幸先イイね。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_2

帰宅して、手洗いをして、パパにバスを。「一緒に遊ぼう!」と、誘ってくれました(まだそんな会話はできませんが)。

■パパやる関連記事
→ リアルな東急バスのおもちゃを発見! バス大好きな息子にプレゼントしました。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_3

あぁーっ! あとで遊ぼうと思ってた、雑誌「ベビーブック」の付録を発見。こういうの探すの早いなぁ〜。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_4

まずは、まんま(夕食)。
パパとふたりきりでどうかなぁ〜と思っていましたが、残さずキレイに食べてくれました! ふだんよりも良い子。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_5

ないな〜い。食後の食器下げは、わが家では食べた人が片付けます。もちろん1歳の鼓太郎も。

夜8時「お風呂、デザート」

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_6

お風呂〜! ……の前に、鼓太郎くんはウンチをしてくれました。あったかいお風呂で、おしりも、カラダも、キレイさっぱり。30分ほど、ここで楽しみました。

ちなみに写真は、スマホを防水ケースに入れて撮影。Amazonだと1,000円以下で買えます。これ使いやすくておすすめですよ。



150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_7

風呂上がりのパン。
明日の朝用に買っていたのですが、見つかってしまいました。こういうのも見つけるの早いなぁ〜。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_8

今日のために、鼓太郎の大好物「ぶどうゼリー」を買っておきました。パパと一緒に、風呂上がりのすっきりデザート。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_9

ごちそうさまでした。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_10

ないな〜い。(台所までお片づけ)

夜9時「オモチャ、読み聞かせ」

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_11

続いて、おもちゃタイム。
ここまでかなり順調です! ママいなくても全然平気だな〜。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_12

あぁ”〜っ。上機嫌な鼓太郎。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_13

でんちゃ、でんちゃ(電車)。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_14

いよいよ普段の就寝時間になりました。
この日のために初めて買ってきた、幼児向けの雑誌。1〜3歳向けの「ベビーブック」を、就寝時の絵本代わりに読んでみます。

アンパンマン、機関車トーマス、ワンワン(いないいないばあっ!)、メーコブ(おかあさんといっしょ)など、鼓太郎が大好きなものが全部載っていました。パパも一緒に大興奮!

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_15

ワンワン。プップー。パンパンパン!(アンパンマンがまだ言えない)

なんとここで、鼓太郎が「ねんね」と言い、自分で部屋の電気を消しました。なんという順調な流れ! やったぁ〜、大成功!!

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_15_2

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_15_3

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_15_4

……おやすみ。

夜10時「だんじり、おやつ、オモチャ」

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_16

……かと思ったのですが、「パイ(おっぱい)」が無いので寝方がわからず、「まい(おしまい)」と起き出しました。

再び部屋の電気をつけて、今度は「だんじり祭ごっこ」です。

■パパやる関連記事
→ 東京の保育園で、だんじりごっこを披露する鼓太郎。先生困惑。

ふたたびブロックで遊びはじめた鼓太郎に、「ねんね〜」と言っても、寝るふりばかりで、ふざけてばかり。うーん、どうなってるんだ。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_17

次に冷蔵庫に向かって歩き出し、勝手に開けて中を物色。

「アカンで〜!」と伝えても止まりません。仕方なく、これもこの日のために事前に買っておいた鼓太郎の大好物「ブルーベリー」をあげました。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_18

ペロリとごちそうさま。
おかわりをせがまれましたが、さすがにもうええやろ。食べ過ぎです、こたろー。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_19

次は、隠していたオモチャを発見。今度は笛。

吹き方を教えてあげたら、鼓太郎大爆笑! 夜遅いですが、家のなかに「ピー、ピー」鳴り響いています。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_20

次は、年末におもちゃ屋さんで買った「木製のおままごとセット」を持ってきました。「トン、トン、トン。こっちゃん、上手だね〜」。さすがにそろそろパパも疲れてきました……。

■パパやる関連記事
博品館 TOY PARKへ行ってきました。銀座にあるギネスブック掲載の超大型オモチャ屋さん!

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_21

次は、再びバス。
ここまで一度も泣かなかった鼓太郎はえらい!

途中「ママ、ママ」と言い出すこともあったのですが、「今日はパパと寝ようね」と何度も伝えました。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_22

でも、パイ(おっぱい)が無いから、寝る方法がわからない。がんばって無理やり遊んでいるようすです。

夜11時「寝たいけど、寝れない……」

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_23

ふだんならとっくに寝ている時間。
鼓太郎の遊びが、だんだんよくわからなくなってきました。謎……。笑

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_24

座布団を持ってきて、パパに「フライング座布団」をねだります。僕はこの座布団の両端をもって、ゆ〜ら、ゆ〜らと揺らして遊びました。

もう11時まわってるよ、鼓太郎。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_25

と、ここで最後の秘密兵器登場! 1歳8ヶ月にして、はじめて「おしゃぶり」デビュー。笑 この日のために買っておいたのです。



鼓太郎にあげてみると、ジュバジュバと爆笑しながら吸っていました。「なんだこれは〜!」という感覚だったのでしょう。

パパを背もたれに、おしゃぶりをくわえさせながら、再び雑誌「ベビーブック」を読み聞かせ。ゆっくりと角度を寝る方向に持って行って、だんだん眠くなる〜と念じながら、トン、トン、トン……。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_25_2

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_25_3

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_25_4

深夜2時、ママの気配に気づいて大大大号泣!

鼓太郎は眠りについて30分ほどたった、深夜0時にママは帰ってきました。

まさかこんなに大成功すると思っていなかったようで、嫁さんはえらく驚いていました。驚いているのは僕も同じです。

でも、夜はまだはじまったばかり。これで終わりでは無かったのです。

深夜2時。疲れて熟睡していた鼓太郎ですが、ママの気配を感じて起きてしまいました。しばらくはママのおっぱいを必死で求めていたのですが、卒乳すると決めたので簡単にあげることはできません。

泣き叫ぶ鼓太郎と、困ったママ。
10分ほど攻防しましたが、「このままでは鼓太郎もママも眠れない」と思い、僕が鼓太郎を抱きかかえ別室に。

背中を力一杯のけぞらせて、全身で号泣! そんな鼓太郎を「いいこ〜、いいこ〜」「今日はパパと寝れるね〜」などと声掛けをしながら、1時間ほど抱っこし続けました。できるだけママを思い出さないように、ママが歌っている子守唄ではなく、僕が即興でつくった子守唄を歌いながら……。


今日の こたろーは えらかった
パパといっしょに まんまに おふろ
ブロックつくって遊んだね〜

明日は どんな日が やってくるかな〜
プープ パーパー ガタンゴトン
明日は みんなに 会えるかな〜

こーたろ こーたろ
今日は パパと ねんねしよー
パパと たのしく ねんねしよー


 

卒乳とは、うまい言葉をつけましたね。
パパも、ママも、鼓太郎も、みんなオッパイとのお別れが悲しくて泣けました。

翌朝(今朝)、保育園にて。

150114_sotsunyu_hajimete_papa_nekashitsuke_26

保育園へ行くと、保育士の皆さんから「パパ、どうだった!?」と聞かれました。「はい、なんとか……」。その場にいた4人の保育士さんから、「おめでとー!」「パパ、がんばったね〜」と褒めてもらえました。(笑)

ちなみに鼓太郎は、昨日のことはすっかり忘れしまったのか、とっても元気でした!

19さて、今夜は「卒乳2日目」。
無事乗り切ることができるのでしょうか。

不安はつづく……。

■パパやる関連記事
卒乳2日目。抱っこ紐で、パパと深夜の街を徘徊。「えっ、パパで寝ても良いの?」。卒乳2日目。抱っこ紐で、パパと深夜の街を徘徊。「えっ、パパで寝ても良いの?」。