7日間でパパを忘れる。赤ちゃんの記憶は生後3ヶ月で1週間、3歳までは記憶が定着しない。

子供や少年・少女期の記憶力は、凄いですよね。

自分のことを振り返ってみると、新型ゲーム機や新しい家電もすぐに使いこなせたり、好きな曲のタイトルや歌手名、さらには歌詞まで意識する事なく覚えたりすることができたのではないでしょうか。

だけど、大人になると何だか覚えが悪くなる。年齢分の知識や経験があるので、深みのある思考は出来ても、記憶力は年々低下してくるのです。

では、もっと幼い子供。乳幼児の記憶力はどれくらいなのか、ご存知でしょうか。

スポンサーリンク

赤ちゃんの記憶力は、どれくらいある?

僕自身の記憶を振り返ってみると、4〜5歳で入園した保育園時代の記憶が、ほんのわずか残っています。

  • 「手足口病になって『変な名前だな』と思ったこと」
  • 「保育園の椅子に結んだ座ぶとんの紐がほどけずに苦労したこと」
  • 「ある朝、母親に保育園に送られて、入口の門で突然悲しくなって泣いたこと」、など

断片的で変な記憶ばかりですが、これが僕が思い出せる最も古い記憶です。

先日、友達の5歳の子供に「赤ちゃんの頃って覚えてる?」と質問したら、「覚えていない」とあっさり言われました。忘れるのではなく、乳幼児の記憶力って、そもそもすごく短期的ものなのでしょう。

気になって検索したら、日本心理学会の記事にたどり着きました。

幼児健忘期。記憶保持期間は、生後3カ月で1週間、4カ月で2週間

Q. 子どものときのことを覚えていないのはなぜ?

公益社団法人「日本心理学会」の『心理学Q&A』に、掲載されていた質問です。「どうして赤ちゃんのころの記憶がないのでしょうか」という質問に対する回答は以下のとおりです。

 

ヒトは誰しも赤ちゃんだったころのことを覚えていません。これを幼児期健忘といいます。詳しく思い出せたのは3歳以降のことばかりで、それ以前についてはほとんど何も覚えていないことがわかりました。

しかし、乳児期にまったく記憶できないわけではありません。これまでの研究で、ヒトの生後3カ月で1週間4カ月で2週間ほど記憶が保持されていることがわかっています

心理学ふしぎふしぎ:日本心理学会より一部抜粋”

 

3歳未満の乳幼児は、記憶力が低いようで「幼児期健忘」(ようじきけんぼう)という名前までついていました。「奥さんが幼い子どもを連れて一時帰省」「夫が長期出張」などで、久しぶりに父親と会ったらパパの事を忘れていて泣かれた、ということをよく良く聞きますが、本当にすぐに忘れてしまう時期だったようです。

記憶がたった1週間って、なんだかそんな映画もいくつかありましたね。とにかく、子供が幼いうちは、7日間以上の出張などで「親のことを忘れてしまう」と覚悟しておかないといけませんね

また、日本心理学会によると、「いつ」「どこで」「何をしたか」というエピソード記憶は4歳くらいからだそうで、3歳までの記憶力はとても未熟なようです。

ストーリーの記憶は4歳から。

覚えられない理由は?

幼児健忘期については、まだまだ解明されていない事が多く、最近のニュースでも研究中の過程が時々記事になっています。

覚えられない理由については、2つの説があります。

  • 記憶の失敗」 記憶をうまく固着できない
  • 検索の失敗」 記憶の貯蔵が悪く、うまく思い出せない

どちらにせよ、赤ちゃんから3歳位までの脳は、成長途上という訳です。

また、赤ちゃんの頃の出来事は覚えておく必要がないと考える学者もいるようです。たとえば、授乳で母親のおっぱいを吸っていたことや、保護者にオムツを交換してもらっていたことを、いつまでもしっかりと覚えていては、思春期を迎えるにあたって不都合だからです。

3歳より前に、言葉は覚える

東京都神経科科学研究所のサイトでは、子どもの記憶力について、より深く解説されています。

その中に、「ヒトは通常3歳以前の経験を思い出すことが出来ない」と書かれています。しかし、3歳より前に言葉を覚え始めるので、記憶力が無いと言う訳ではなくて、脳の使い方が形成されつつある段階にあると言うことです。

  • 3歳までの経験を思い出すことができない
  • 3歳以下でも、言葉などは覚えることはできる

6〜7歳、脳がアップデートする

5歳の子供が3歳の出来事を覚えていることはあります。たしかに、3歳あたりから記憶が定着するようです。しかし、3歳、4歳、5歳の出来事をいつまでも記憶しているか? と言われると、そうではありません。

アメリカ・ジョージア州にあるエモリー大学の、パトリシア・バウアー博士によると、6〜7歳になると脳の成長により、それまでの記憶の多くが消え去ってしまうそうです。5歳の頃に覚えていた3〜4歳の思い出を、7歳になると忘れてしまうのです。

これをネット上で、誰かが「脳のOSアップデート」と表現している人がいて、なかなか上手いたとえだなと思いました。

  • 6〜7歳になると、5歳以下の記憶の大半が消える

幼児期健忘は研究段階。PTSDの軽減にもつながる?

成長の差はありますが、およそ1歳半頃になると「今日は何を食べたの?」「この人は誰?」など質問しても答える事は出来ます。しかし、成長すれば3〜4歳までの記憶のほとんどを忘れてしまうのです。反面、言語は積み重ねで覚えている。

すごく不思議なのですが、脳の働き方の違いということでしょう。この幼児期健忘症は、まだまだ研究段階なのだそうです。これから、また新たな発見が発表されるのが楽しみですね。

ちなみにこの乳幼児の記憶「幼児健忘症」の研究によって、アルツハイマー型認知症心的外傷後ストレス障害(PTSD)の予防や治療にもつながるのでは、とも期待されています。

スポンサーリンク

パパやる「記憶力」関連記事

大特集 3・7・10歳がわかれ道! 心が荒れる子・おだやかな子子供の時間感覚は小学生から。保育園児・幼稚園児は先をイメージするのがまだ未熟
*幼いうちは、ケンカをしてもすぐに仲直りできる。