旦那の体臭が臭い! なぜ女性は、男性ほど臭わないのか?

916

先日、初めて医師への取材をしました。お話をうかがったのは、体臭研究における第一人者として治療と研究を続ける、五味クリニック院長の五味常明(ごみ つねあき)医師です。

記事は、日経DUALにて公開されています。

《妻や子どもに、モテるパパになろう!》という男性向けの「DUALパパのビジュアル向上委員会」いう連載で、「ファッション編」「筋トレ編」に続く第3弾として、「体臭編」の記事の制作に携わらせて頂きました。

スポンサーリンク

体臭で問題なのは、自分の臭いがわからないということ

臭いの専門医

五味先生のお話は、非常にためになりました。

体臭に関する様々なお話を伺いながら、「えっ、そうだったの!」と驚かされることが何度もありました。そのうちのひとつが、体臭を気にして五味クリニックを訪れる患者さんの、6〜7割は実は臭わないということ。

なぜ、臭わないのかと言うと、自分で自分の体臭がわからないからなのです。

たとえば、ワキガの人が「自分が臭くてたまらん!」と鼻をつまんでいる、なんて姿を見たことがありますか? 体臭は、他人には臭っても、本人にはわからないのです。

だから、電車で隣の人が咳き込んだり、席を移動したりすると、「もしかして臭っているのではないか?」と不安になるのです。

よく、「旦那の体臭が臭い」と悲痛を叫ぶ奥さんがいらっしゃいますが、夫は自分が臭いとは感じられないのです。

妻が臭い! と、あまり言われないのはなぜ?

夫の体臭の臭さに、嫌な顔で鼻をつまむ妻

夫・妻が臭いと、おなじ家で暮らす家族は大変です。

でも、臭いと言われているのは大抵男性です。

主な体臭に、「加齢臭」「ミドル脂臭」「疲労臭」があり、それらは男女ともにあるそうです。でも、臭いやすいのは男性ばかり。

なぜか?

体臭の原因となるのは、皮脂(皮脂腺)や、汗(汗腺)です。

女性ホルモンには、汗や皮脂を抑える働きがあるため、女性は男性より体臭が弱くなるのです。男性のほうが、汗でベタベタしたり、皮脂でテカテカしたりしがちですよね。女性は、臭いのもととなる汗や皮脂が、そもそも少ないという訳です。

体臭を消す生活改善、デオドラント剤の使い方などは、日経DUALヘ

詳しくは、日経DUALで、前編・後編に分けてしっかりと解説されています。

これを読めば、体臭を身体の中から抑えるための食事や生活リズム、また、汗を抑える制汗剤や、消臭効果のあるデオドラント剤の使い方がわかります。ぜひ、読んでみてください。

ただ、日経DUALは、無料で読める記事と有料会員向けの記事があります。この「体臭編」は会員限定の記事なので、有料会員でないと読むことができません(月ぎめコース 750円+消費税)。ご了承ください。

ちなみに、「日経DUAL」とは、働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイトです。夫婦共働きで子育てをしている方にとっては、役に立つ情報が満載ですので、よかったら覗いて見てくださいね!

五味常明先生の著書

五味常明医師のご著書

五味常明先生の著書の一部です。たくさんの本をお書きになり、テレビ、新聞、雑誌、ウェブなど、様々なメディアでも専門家としてご活躍されています。

最後に、体臭のなかでもワキガはもっとも簡単とおっしゃっていました。なぜなら、手術で完全に治せるからだそうです。そしてワキガの方は、100%耳垢が湿っているそうです。

専門医の体臭改善方法は、本当に驚きの連続でした! もちろん自分にも役立つという意味で。

 

パパやる「外仕事紹介」関連記事

ダサいパパがオシャレになる法則。コーディネートはロジックだった! MBさんインタビューダサいパパでもオシャレになれる法則。コーディネートはロジックだった! MBさんインタビュー
*誰でも「オシャレな男性」「かっこいいパパ」になれるロジックを教えます!

K-1王者のパーソナルトレーナー、古家政吉さん直伝! 子育てしながら3か月で鍛え上げる筋トレメニュー
*■「ジムに通う」→ 時間もお金もかかる、子育てや家事は妻に押し付けるの? ■「家で腕立て」→ それ、一番いらない筋肉ですから! ■「極端な食事制限」→ 子どもに悪影響。子どもの前ではモリモリ食べるべし。

3ヶ国語で展開中の育児サイト「World Mommy」がベトナムで本になりました。
Con sẽ là em bé hạnh phúc、3ヶ国語で展開中の育児サイトWorld Mommyがベトナムで本になりました
*レゲエに次いで、子育てが仕事になる不思議! 「どうせやるなら精一杯」と取り組んでみたら、人生予想外な方向へ走り出し、また面白くなって来ました。

世界の子育てコラムが読める、World Mommy(ワールドマミー)。パパの育児
世界の子育てコラムが読める、World Mommy(ワールドマミー)。パパやるが連載中の「パパの育児」まとめ
*日本語、英語、ベトナム語の3ヶ国語で同時展開。パパやるによる父親の育児記事をご紹介します。