「国会議員にも育休を」の宮崎議員が、妻の妊娠出産中に不倫疑惑。

うわぁぁ……応援してたのに、もし本当だったらショックすぎる。「国会議員にも育休を!」と、頑張っていた35歳の若き国会議員さん。


自民党の宮崎謙介衆院議員が、妻で同党の金子恵美衆院議員の出産直前に不倫していたとする記事が、10日発売の週刊文春に掲載されることが9日、わかった。

育児休業取得を宣言し、国会議員の育休の制度化を推進していた宮崎氏の不倫疑惑に、党内で批判が強まっている。

「育休宣言」の宮崎衆院議員に不倫疑惑 週刊文春が報道へ、党内で批判強まる 記者団の取材に“逃走”:産経ニュース より一部引用


 

ベッキーとゲスの極みの不倫、甘利明元大臣の賄賂疑惑に引き続き、またもセンテンススプリング(文春)のスクープ記事です。真意のほどはわかりませんが、各ニュースメディアを見ると、宮崎議員の事務所へ問い合わせをしても「今は話せる者がいない」と逃げ姿勢だったとか、今日の衆院本会議に出席後、報道陣を振り切って走り去った、などと報じられています。

宮崎議員が掲げた国会議員の育休取得に対して、国会内では反対する声も多数ありました.。世論も賛否両論でしたが、僕個人としては応援していました。国を背負う者が率先しないと世の中は変わらないだろう、と宮崎議員の考えに賛同したからです。

さらに言えば、僕は同じ時期にパパやるで「既婚者の不倫反対」のコラムも書いていました。……なんという嫌な偶然。

パパやる関連記事2件。「宮崎議員の育休」「既婚者は不倫をしないで」

男性国会議員の宮崎謙介さんが、1〜2ヶ月間の育休を検討。「そんなに国会を休むなんて前例がない!」と驚かれる。
画像参照元:NHK NEWS WEB

今の社会は『子育て社員 vs 雇用主&上司』的。空気感を変える必要がある!

 

 

160106_furin_ikenai_yusei

今は家族を大事にしている夫(妻)がカッコイイ時代! それでも本当に不倫相手がいいんですか?

出産から4日後の不倫疑惑報道。

宮崎議員は、4日前の2月5日に、自身のブログで出産報告をおこなっています。


定期的に陣痛の波がくるのですが、私はひたすら妻の腰をさすりました(今日は軽く筋肉痛)。その他にも勉強した陣痛を軽減させるテクニックを駆使してサポートをしたつもりですが、本当に辛そうでした。壮絶ですね、出産は。

壮大なドラマを経て、長男が出てきてくれました。

これから2人で大切に育てていきたいと思います。

皆様のご指導ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

長男誕生の報告:衆議院議員 宮崎けんすけブログ


 

なにが軽く筋肉痛だよ……。不倫疑惑となったきっかけは、妻の入院中、自宅へ相手女性を招き入れていたことで発覚したそうです。陣痛で苦しんでいる最中の密会だったのでしょうか。

もし文春の報道が事実であるならは、国民も、妻も、みんなを裏切るというゲスの極みじゃないですか。僕も素直に応援してしまい、迂闊だったとショックです。

■パパやる関連記事
→ その浮気心、ちょっと我慢して! 既婚者が絶対に不倫をしてはいけない理由。