(左)2017年発売予定のアルバム「HOLIDAYS」(右)2016年発売のアルバム「PUNKY」

歌手で二児の母の木村カエラさんが、自身の絵本を今年中に製作すると宣言しました。

木村カエラさんは、2010年10月に第一子・長男くんを出産(現在6歳)、2013年10月に第二子・長女さん(現在3歳)を出産し、母でありながらも新曲・新作アルバムのリリースやライブなど、精力的なアーティスト活動を続けています。

ちなみに木村カエラさんの夫は、俳優の瑛太さんです。

歌手の木村カエラ(32)が7日、大阪・あべのキューズモールでFM802の公開収録に参加した。仏語絵本の翻訳を担当するなど絵本好きで、「今年、描くって決めたんですよ!」と自作絵本の製作を表明した

自宅では作詞のほか、編み物やプラモデル作りや絵を描くなど“ものづくり”に没頭しているというカエラ。絵本出版を期待する声に、「どんなに忙しくても描くと決めた。夢なんで頑張ります」と今年中に実現させることを宣言した

木村カエラが表明「どんなに忙しくても描くと決めた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

2013年、フランスの絵本「ママのスカート」の日本語訳を手がける

ママのスカート

木村カエラさんは、何も唐突に絵本を作ると宣言した訳ではありません。2013年、木村カエラさんはフランスの絵本の日本語訳を担当しています。当時のインタビュー記事によると、「もともと絵本作りに興味があったので、すぐにやってみたいと感じました」と木村カエラさんは語っています(絵本ナビより)。

ちなみに実際に日本語訳を作る作業は、まず出版社の方で直訳を用意し、それを元に木村カエラさんが絵本の文章を作ったそうです。

また同インタビュー記事で、木村カエラさんは3冊の好きな絵本をあげています。ここから、木村カエラさんがどんな絵本を作ろうとしているのかが、少し垣間見えるかも知れませんね。

  1. 「おおきな木」 作・絵:シェル・シルヴァスタイン
  2. 「ぼくを探しに」 作・絵:シェル・シルヴァスタイン
  3. 「どろんこハリー」 作:ジーン・ジオン / 絵:マーガレット・ブロイ・グレアム)

■関連リンク
絵本ナビ:フランス発!『ママのスカート』 木村カエラさん、千倉真理さんインタビュー

▼木村カエラさんが翻訳した絵本

▼木村カエラさんが好きな絵本

童謡「おばけなんてないさ」を、木村カエラがカバー

「おばけなんてないさ」の絵本と楽譜
「おばけなんてないさ」の絵本と楽譜

うちの3歳の息子と、僕が、今一番好きな童謡は「おばけなんてないさ」です。

わが家では、「パパはお化けが苦手」と言うことになっているので、息子は僕を怖がらせようと、毎日、毎日、朝も、夜も、息子は僕に向かってお化けの曲である「おばけなんてないさ」を歌ってくるのです。僕は怖がるふりをしていますが、内心この曲が大好きです。

なので、先日買ったヤマハの電子キーボードで、今、弾けるように練習中です。

そんな「おばけなんてないさ」をApple Musicで検索すると、数十曲表示されます。いろんな人が歌っている「おばけなんてないさ」を聴くことができるのです。とにかく同じ曲のいろんなバージョンを聴いていると、突然木村カエラさんの「おばけなんてないさ」のカバーが流れはじめました。

童謡のカバーもされていたんですね! これがとても良いカバーで、おばけの曲なのにポップでアクティブな曲調になっていて僕は大好きです。何十回も聴きました。以下、昨年2016年に発売されたアルバム「PUNKY」の5曲目に収録されています。

あまりママ感を出したり、子育てについて語ったりはしないけど……

木村カエラさんは夫婦揃って芸能人ということもあってか、自分たちの子供のことについては、ブログやインスタグラムなどではほぼ発信していないのではないでしょうか。子供の名前も明らかにしていません。

そうしたことから一見するとママであることを感じにくいのですが、彼女のクリエイティブな才能は絵本や童謡など育児・子育て分野へも向いているようで、「年内に製作する」と宣言した自身の絵本は期待できそうです。

「作:木村カエラ」の絵本が楽しみですね!