お子様用Apple IDを取得しよう。親のMacを子どもに使わせてあげることができる!

親のMacを子どもに使わせたい。でも、大事なデータが消えたり、勝手にSNSに投稿してしまったり、課金・買い物したりしないか心配……。そんなとき、どうしたらいいの!?

今回は、親がMacを使っていて、わが子にそのMacを使わせたいときの、いいアイデアをお伝えします。

具体的には「お子様用Apple IDを新規取得する」です。

お子様用Apple IDを新規取得する手順【13歳未満の子供】

まず、子ども用のApple IDをMacで取得する方法をお伝えします(具体的な使い方については後述します)。

システム環境設定

まずは、システム環境設定を開き、「ファミリー共有」をクリックします。

 

ファミリー共有

次に、ファミリー共有のリストの左下にある「」をクリック。

 

ファミリー共有への登録を依頼する

「ファミリー共有への登録を依頼する」という表示になりますが、ここにある「お子様用アカウントを作成」をクリックします。

 

お子様様アカウントを作成

「お子様様アカウントを作成」が表示されるので、ここで「次へ」をクリック。

お子様が少なくとも満13歳に達するまで、お子様用アカウントはファミリーに属します。このアカウントを作成するには、あなたがお子様の保護者または法的後見人であり、同意を行う必要があります。

 

保護者の同意

「保護者の同意」では、親のApple IDに登録済みのクレジットカードのセキュリティコードを入力します。

このお子様用アカウントの作成に同意するには、カードのセキュリティコードを入力してください。これは確認にのみ使用されます。カードには請求されません。

 

保護者同意規約

保護者同意規約」を確認し、チェックボックスにチェックを入れ、「同意する」をクリックします。

 

お子様の情報を入力してください。

お子様の情報を入力してください」と表示されるので、各項目に記入します。

Apple IDはメールアドレスと紐づいているので、すでに登録済みの親のメールアドレスは使えません。事前に子ども用のメールアドレスを準備しておくと便利です。もし無い場合は、無料のiCloudメールアドレスを入手することもできます。

 

確認コードの入力

親のiPhoneやMacに、6桁の確認コードが届きます。それを入力してください。

 

2ファクタ認証

親のApple IDが「2ファクタ認証(二段階認証)」に設定していると、携帯電話に確認コードが送信されます。

 

利用規約

利用規約」を確認し、同意します。

 

ファミリーに追加されました

無事、ファミリーに追加されました!

ここで「承認と購入のリクエスト」「位置情報の共有」にはチェックを入れておきましょう。App Storeで勝手にアプリが購入できなくなり、また端末の位置情報がアプリ「探す」などでわかるようになります。

 

ファミリー共有

おつかれさまでした! ファミリー共有のリストに無事追加さているのを確認したら、完了です

子ども用のMacの初期設定で、このApple IDでログインしてくださいね。

 

Apple 公式サイトより

この手順は、Appleの公式サイトにも掲載されています。

手順

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」>「ファミリー共有」の順に選択し、「ファミリーメンバーの追加」をクリックします。macOS Mojave 以前を搭載した Mac では、Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「ファミリー共有」>「iCloud」>「ファミリーを管理」の順にクリックして、追加ボタン「+」をクリックします。
  2. アカウントを持っていないお子様用に Apple ID を作成」を選択して「続ける」をクリックします。
  3. お子様の生年月日を入力します。必ず正しい日付を入力してください。後から変更することはできません。
  4. お子様の Apple ID (○○○@icloud.com)、名前パスワードを入力します。macOS Catalina を搭載した Mac では、「お子様の位置情報をファミリー内で共有する」チェックボックスを選択しておくこともできます。「次へ」をクリックします。
  5. お支払い方法について要求された情報を入力して、「同意する」をクリックします。お支払い方法が登録されていない場合は、この時点で追加する必要があります。
  6. 画面の指示に従ってパスワードを設定し、セキュリティ質問を選択して、お子様のアカウントを設定します。お客様とお子様の双方が記憶できるパスワードとセキュリティ質問を選んでください。Apple ID の作成後に確認メールが届きます。

ファミリー共有とお子様用の Apple ID – Apple より引用

子供用Apple IDは、どうやって使うの?

MacBookProを使う子ども(6歳)

さて、用意した新しいApple IDは、どうやって使うのか?

それには、2つの方法があります。

2つの方法

  1. ユーザーを新規に追加する
  2. 外付けSSDにmacOSを新規インストールする

Macで新規ユーザーを追加する

1つめは、ユーザーの追加です。

システム環境設定の「ユーザーとグループ」で、新規ユーザーを追加することができます。

メリット

  • 追加でお金がかからない

デメリット

  • Macの内蔵SSD(HDD)の容量が圧迫される
  • ウイルス感染した際、親のデータまで破壊されるリスクがある

 

外付けSSDで起動ディスクを作ろう!

僕のおすすめは、2つめの「外付けSSDにmacOSを新規インストールする」です。断然おすすめ!

SanDisk 外付けSSD SDSSDE61-1T00-GH25

パパ
ハイスペックモデル! 容量1TB、転送速度1050MB/秒。僕は仕事用(動画編集)に買いました。

BUFFALO USB3.2Gen2(240GB) SD-PGM240U3-B

パパ
こちら、息子の起動ディスク用に買いました! 容量240GB、転送速度530MB/秒

「外付けHDD(ハードディスク)じゃダメなの?」と思った方もいるかと思いますが、OSをインストールするなら高速は必須。SSDは、ここ最近値段がグッと下がってきたのでコスパ的にもGOODです。

メリット

  • 親のストレージ(内蔵SSD・HDD)とは、完全に分離できるので安心
  • 親のお下がりの古いMacでもサクサク動く(2010年以前のMacだと厳しい)

デメリット

  • 外付けSSDの購入代がかかる(数千円〜)

外付けSSDへ、macOSをインストールして起動ディスクにする手順については、後日別の記事でレポートします。今回はここまで。

とにかく、子どもに親のMacを触らせるのであれば、お子様用Apple IDを取得した方が良いよ、というお話でした。

パパやる「パソコン」関連記事

HackforPlayでプログラミング学習 5歳・保育園児でもRPGゲームが作れたよ!

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください