手足口病が流行! 保育園で移ってきたようです。発症までの経緯と病児保育。

手足口病が流行! 保育園で移ってきたようです。発症までの経緯と病児保育。

ただいま1歳3ヶ月の息子、手足口病(てあしくちびょう)にかかってしまいました。

今、息子が通っている保育園で流行しているみたいで、移ったと思われます。「保育園へ入るとたくさん病気もらうよ〜」と人から言われていたのですが、その洗礼を受けてしまったようです。

<今回の記事>

  • 手足口病と診断されるまでの経緯。
  • 手足口病とは。
  • 共働き夫婦にとって重要な病児保育。

手足口病は、ちょっとわかりにくい。

息子が「手足口病」と気づいたのは保育園の先生でした。僕たち夫婦は気づくことができず、ちょっと難しいなと感じたのでで、病院で診断されるまでの経緯をザッと書き残しておきます。

診断2日前(土曜日)

150804_kotaro_teashikuchibyou_1

前夜、嫁さんのお姉さんとその次男くん(小5)がうちに泊まりに来てくれました。とくに変わった様子もなく、従兄弟のお兄ちゃんが変顔で笑わせてくれたり、絵本を読んでくれたりなど、息子をとても楽しませてくれました。従兄弟たちは、お昼前に家を発ち、この日は家の洗濯や掃除をしたりなど、ゆっくりと家ですごしました。

ただ、息子の鼓太郎は、1週間ほどまえから「汗疹」「飛び火」で、身体には少しポツポツは出ていました。

■パパやる関連記事

診断1日前(日曜日)

150804_kotaro_teashikuchibyou_2

朝から、なぜか不機嫌泣いてばかりいます。いつもなら「ママに会えずに寂しい〜」と泣くことは良くあるのですが、この日は週末で夫婦ともそばにいます。ママがおっぱいをあげても、全然飲もうとしません。乳首をくわえるのですが、吸わない(飲まない)という感じです。

体温は平熱、ウンチも通常通り、怪我もないし、どこか痛くて泣いているような感じでもないのです。

嫁さんが息子をあやしてくれているあいだ、僕は食事の準備をしました。2時間ほど台所にいたのですが、息子は全然寝ないし、泣き止まないしで、逆に嫁さんが疲れてぐったりと……。

そこで、僕が子供を連れ出して近くの公園へ行きました。公園では、同じ保育園のパパ友たちとバッタリ出会い、ワイワイと楽しく過ごすことができました。息子も元気を取り戻したのですが、本調子とはいかず、どうもパパの足にまとわりついて、ちょっと弱々しい感じです。ただ、公園で遊んでいるあいだ、「まんま、まんま」とお腹が空いたアピールしてくれたので、「よし、帰ってごはんだ〜!」と、公園で1時間ほどすごして家路へつきました。

帰宅。息子の好物をあげたのですが、全然食べません。食べようとするんだけど、食べないのです。そして泣いてしまいます。泣き疲れたのか、そのまま寝てしまいました。

寝ているあいだに、汗疹と飛び火の薬を塗ってあげようとカラダを見ると、足首と足の裏に発疹が。「あれ、こんなところにも飛び火が」。そう思ってました。

診断当日(月曜日)

150804_kotaro_teashikuchibyou_4

朝、相変わらずあまり元気がなく、泣き調子。食事もあまり食べません。熱もないし、下痢や便秘もないし、とにかくいつも通り保育園へゆきました。

朝、先生に「週末調子悪くて〜」と伝えると、先生はサッと足と手を確認。ムムっと、「これは手足口病かもしれない。このまま病院で診てもらえますか」と。

そして病院へ。
そこで手足口病の診断を受けたわけです。

まったく想定外で、発疹は飛び火か汗疹のたぐいだと思っていたのですが、まさか手足口病だったとは。水際で止めるとは、さすが保育園の先生です。

小児科の先生より。手足口病について。

150804_kotaro_teashikuchibyou_3
わずかですが、足首あたりに小さな発疹がいくつか。

(以下、先生の診察)

手足口病は、特別な治療法はないんです。今は、まだかかり始めで、これから「手」「足」「口のなか」「お尻」「股の周辺」に、発疹が出ると思います。

口のなかは口内炎のようなものなので、刺激が少なく、熱くなく、柔らかいメニューで。あと、「熱いお風呂」「直射日光」は避けてください。

治るまでは1週間ほど掛かります。感染しやすいので、保育園は休んでください。

あと、手足口病は大人にも移ります。大人がかかると、高熱が出るなど厄介なので、同じ食器やタオルを使わないようにして、感染しないよう気をつけて下さい。

とくに薬もありませんので、処方箋もなし。今日はこれで終わりです。それでは次は明後日、経過を診せてください。

保育園に登園できないとなると、頼れるのは病児保育。

150804_kotaro_teashikuchibyou_5

診察を受けた日は、保育園を休んで、家で看病しました。午前中が僕で、午後からは嫁さんに帰ってきてもらいバトンタッチ。

一日だけのお休みなら何とかできるのですが、「手足口病は治るのに1週間ほど掛かります」と言われているので、その間、仕事を放置して看病するのはちょっと辛いです。実家など、近くに頼れるところがあれば救われるのですが、僕たち夫婦は東京暮らしで、実家は大阪。ちょっと見て欲しい、と頼ることはできません。

幸い、近くの病児保育のキャンセル待ちに入ることができて、診察後2日目は保育施設のある病院で預かってもらうことができました。一度預かってもらうと、基本的には自らキャンセルしない限り、翌日も預かってもらえます。

息子の手足口病は思いのほか軽症のようで、病児保育の保育士さんからは、「明日はいつもの保育園いけるんじゃないかなぁ。朝、7時半までに電話もらえれば予約のキャンセルができるので、また明日の朝のようすをみて決めてください」と、アドバイスをいただきました。

病児保育でみてもらえたこと、病気が軽症だったこと。不幸中の幸いでした。夫婦共働きの育児、病気のときは一家総出で一大事です。明日は元気だったら良いなぁ。

夏は感染症が多いので、いろんな病気にかかりやすい季節。皆さんもどうぞお気をつけください。

 

【追記】父親にうつってしまいました。
手足口病、手に発疹大人も感染! 息子(1歳)の手足口病が、父親にうつってしまいました。