画像参照元:NHK Eテレ きかんしゃトーマス公式サイト

「きかんしゃトーマス」ファンの子ども達、2016年のクリスマスと、2017年のお正月はスペシャル放送がありますよ! これは見逃せません。

うちの2歳8ヶ月の息子、最近はアンパンマンの方が優勢ですが、トーマスも負けず劣らず大好き。わが家では副音声の英語で見せているのに、なぜかかなりのキャラクターの名前を覚えているという不思議な現象が起きています。英語が聞き取れている……ということですよね(謎)

さて、特番の放送日程は以下のとおり。忘れずにチェック&録画予約しておきましょう。

12月23・24日「クリスマススペシャル」(全6本)

放送局 :NHK Eテレ
放送日時:12月23日(金)午前9時〜9時58分
再放送 :12月24日(土)午後4時〜4時58分

<放送されるお話>
「サンタクロースへのてがみ」
「デイジーとアニーとクララベル」
「ドナルドとダグラスはふたご」
「クリスマスツリーをさがせ」
「きえたクリスマスツリー」
「まっかなおはなのトーマス」

クリスマスにぴったりのお話が、8話も放送されます。普段の放送(20分・2話)の3倍のボリューム!

12月25日「ディーゼルのクリスマスキャロル」(前後編)

放送局 :NHK Eテレ
放送日時:12月25日(金)午後5時30分〜5時50分

<放送されるお話>
「ディーゼルのクリスマスキャロル その1」
「ディーゼルのクリスマスキャロル その2」

クリスマス当日は、ちょうど毎週金曜日レギュラー版の放送日です。ここでも当然、クリスマスのお話が放送されるようです。ディーゼルとは、顔は四角く、ボディーは黒のディーゼル機関車。「嫌味で自惚れが強く、よく意地悪をする」というキャラクター設定です。一体どんなクリスマスのお話なんでしょうか。

1月3日「トーマスのはじめて物語」(長編)

放送局 :NHK Eテレ
放送日時:1月3日(金)午前7時43分〜

<放送されるお話>
「トーマスのはじめて物語」

きかんしゃトーマスの原作出版70周年を記念して、2015年に制作された特別作品。トーマスがソドー島にやってきたころを描いた長編です。トーマスがソドー島にやってくるよりも先に、エドワード、ゴードン、ヘンリー、ジェームスたちはソドー島を駆けていたんですね。

かつてソドー島には、ノース・ウェスタン鉄道という小さな鉄道があった。そこでは、エドワードやゴードン、ジェームス、ヘンリーなどが働いていた。
体の小さなエドワードは、大きな機関車たちのために、操車場で貨車や客車の入れ替え作業をしていた。また、ジェームスはブレーキが木製で、ボディもまだ黒かった。
ある日、緑色の小さな機関車がソドー島にやって来る。彼の名前はトーマス。それまではロンドン・ブライトン・アンド・サウスコースト鉄道で働いていたという。
トップハム・ハット卿が新しい機関車を迎えるというウワサを聞いていたエドワードたちは、トーマスが思いのほか小さいことに驚きを隠せない。エドワードがトーマスに仕事のやり方を教えることになり、ソドー島でのトーマスの新生活が始まる。
Amazon 商品紹介

パパやる「きかんしゃトーマス」関連記事


きかんしゃトーマスのテーマ曲「Roll Call」を英語で歌いたい! 練習すれば必ずできる3ステップ学習法