減煙で失敗、脱煙で禁煙成功。妊娠・育児を切っ掛けにスパッと辞められる方法

減煙で失敗、脱煙で禁煙成功。妊娠・育児を切っ掛けにスパッと辞められる方法

by -
すぐ禁煙!妊娠・育児を切っ掛けにスパッと辞められる一つの方法。

妻の妊娠発覚や、生まれてきた赤ちゃんの育児を切っ掛けに、愛煙家の男性は肩身が狭くなってしまいます。タバコの副流煙が、妊娠中・授乳中の奥さんや赤ちゃんに降り掛からないよう、換気扇の下やベランダで一服。

でも、心の中では「スパッと辞めれたらなぁ……」なんて、禁煙願望を持っている方は多いのではないでしょうか。

僕自身、禁煙成功者です。
20歳でタバコを吸いはじめ、30歳で禁煙し、現在(40歳)に至ります。

もう10年間、1本も吸っていません。

どうして辞められたのか? それは「たった一つの考え方」でした。

徐々に減らす減煙方法で失敗

30歳で禁煙に成功する前、20代後半に禁煙で失敗しました。

1日1箱半を1箱に減らし、次に一日10本、そして寝起きと食後で一日4本、といった具合に徐々に減らして行きました。そして遂にタバコを0本にすることが出来ました。いわるゆ減煙方法です。タバコを1本も吸わない期間が2ヶ月ほど経ったある日、飲み会の席で会社の同僚から1本だけもらってしまったのです。

2ヶ月も我慢したんだから、1本くらい大丈夫だろう!

甘かったです。

その日は1本で済みましたが、翌日も1本、そして2本、雪崩を打つように2週間ほどで元の1日1箱半に戻ってしまったのです。これまでの我慢が水の泡です。

徐々に減らす減煙より、スパッと断ち切る脱煙! 「辞めた」の決意

前回の反省すべきポイントは、以下の2点です。

  • 【反省点1】徐々にタバコの本数を減らす。
  • 【反省点2】1本くらい大丈夫だろ……で大失敗!

そして数年後、再び訪れた次の禁煙のタイミングでは、完全に勝利しました。その際にとった禁煙の方法は「辞めた!」と決意することだったのです。

  • 辞めたんだから、一本も吸わない。
  • 辞めたんだから、人からも貰わない。
  • 辞めたんだから、タバコを吸おうと考えない。

突然「辞めた!」と決意し、車のダッシュボードにまだ10本ほど残った吸いかけの煙草を突っ込みました。いつでもすぐに取り出せる場所に煙草があります。「俺は辞めたんだから、絶対に手を伸ばさない」という試練を自分に課したのです。

吸わない理由は辞めたから。減らしているだけだと、つい一本という誘惑に負けてしまいます。ですので、「辞めた!辞めた!辞めた!俺は辞めたんだ!」と、一日1万回くらい心の中で叫び続けました。

減煙に比べ、最初は非常に辛かったです。何をしていてもタバコのことしか頭に浮かんで来ないのです。夢の中でも奴は何度も現れ 、「しまった!吸ってしまった」と悪夢のようにガバッと目覚めたことが何度もあります。「よかった……夢か。セーフ」と。

断煙から半年で、嫌煙に

初日は完全に禁断症状です。いてもたっても居られす、歯を食いしばって耐えました。

最初の24時間、3日、1週間、2週間、1ヶ月……。

そのうちに断煙の辛さは徐々に和らいで行きました。でも、割と長かったです。3ヶ月目くらいまでは、一日中タバコの事を考えていました。しかし、その山を乗り越えた辺りから、目の前でタバコを吸われても全然平気になったのです。

そして半年が立った頃には、人の煙がうっとおしく感じるようになれました! それまでは、タバコを吸っている人の隣で深呼吸していたくらいだったのに。(笑)

その後、ときどき吸いたくなる事もありましたが、「吸わないよ、俺は辞めたから」という自分の中の理由があるので、「つい1本」はそれから10年間一度もしていません。もはや、今では全く吸いたいとは思いませんが。

禁煙のコツは減煙ではなく断煙です。禁煙を考えている方は、ぜひ「辞めた!」と決意してみてください。

「タバコは落ち着く効果がある」は、嘘

書籍「禁煙セラピー」だったかな、「なるほど!そうだったのか」と唸らされた、こんな話を紹介します。

タバコを吸う人は、よくこんな事を言います。「タバコは落ち着く効果がある。仕事の休憩時間に缶コーヒーだけを飲んでいるより、タバコを一本吸う方がリラックス出来る。考え事をする際も、一服すると考えがまとまり効果的だ」……と。

もしタバコにリラックス効果があるのであれば、非喫煙者にも効果があるはずです。しかし、非喫煙者がタバコを吸うと、フラフラと目が回って、リラックスどころではありません。では、なぜリラックス効果があると勘違いしてしまうのか?

それは、ニコチン中毒だからです。

体内のニコチンが切れ始めて、ソワソワ、イライラ。そんなタイミングでニコチンが注入されるので、ホッとするという訳です。タバコは合法ですが、強い依存性を持つ麻薬と同じような仕組みですね。

「タバコでリラックスできる」なんて言っている人は、完全なニコチン中毒者という訳だったのです。

家族の為にも、健康で!

奥さんや子どもにタバコの害が無が及ばないように、と言うことで書きましたが、家族にとってはお父さんの健康も大切です。自分だけの身体じゃないので、家族のためにも「タバコを辞めた!」と決意するのも良いかも知れませんね。

本日、5月31日は「世界禁煙デー」。そして今日から1週間が「禁煙週間」です。今、世界中で禁煙を考えている人が最も多い時期です。禁煙仲間が多いと支えにもなるかも。これを切っ掛けにぜひ!

■パパやる関連記事
【Excelで禁煙成功】タバコ代を貯金・運用すればいくらになる? 自動計算式無料ダウンロード 【Excelで禁煙成功】タバコ代を貯金・運用すればいくらになる? 自動計算式無料ダウンロード