大阪名物「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」。

大阪人にとっては何の珍しさもないかと思いますが、東京で暮らす僕にとっては「大阪土産はコレをお願い!」と思えるものが2つあります。

ひとつは、551蓬莱の「豚まん」。
そしてもうひとつは「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」です。

551の豚まんに関しては、横浜の崎陽軒シウマウと双璧をなす、東西の筆頭といえる点心。コンビニの肉まんとは比べものにならないほどのジューシーさと味わいとボリュームで、関西人ならずとも愛している方は多いでしょう。551は、街中の路面店や百貨店だけでなく、新幹線や空港といった主要駅でも販売されています。

それに比べると、若干地味なのが「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」。大阪人なら誰しもが食べたことがあるのに、買えるお店がかなり限られているのです。実際に店内でチーズケーキを焼いて、焼きたてほやほやを販売しているので、簡単に出店できないというのも理由かなと思います。

チーズケーキの箱に書かれているマップ。大阪都心部を中心に8店舗でしか買えません(なんば本店、岸里本店、JR新大阪駅店、北区長柄店、大丸梅田店、JR天王寺駅店、長居公園店、住之江公園店)。
チーズケーキの箱に書かれているマップ。大阪都心部を中心に8店舗でしか買えません(なんば本店、岸里本店、JR新大阪駅店、北区長柄店、大丸梅田店、JR天王寺駅店、長居公園店、住之江公園店)。

18cmのホールまるごとで600円!(税別)

先日、大阪に行ってきたついでに、なんば本店で買って帰ってきました♪ 平日の昼間というのに行列。10分ほど並びました。

中国人かな? 海外の方も並んでいました。
中国人かな? 海外の方も並んでいました。

お店の正式名称は「りくろーおじさんの店」。創業は1956年で、来年60周年。大阪名物の「焼きたてチーズケーキ」は、1984年に販売が開始されました。

僕の記憶では、発売当初は500円だったと思います。当時は消費税もなかったので、ちょうどワンコイン! あれから約30年の時を経て100円(税別)値上がりましたが、現在600円(税別)という安さです。大阪では「安くて美味い」は当たり前ですので、あっという間に大阪人に受け入れられました。

チーズケーキのサイズは直径18cm(6号)。6分割して、6人で食べるのにちょうど良い大きさです。

「ひとりで丸ごと食べたい!」という方もいるでしょう。参考として「焼きたてチーズケーキ」のカロリーは約1,400kcalのようです。案外低カロリー?!

焼きたて、もしくは冷蔵庫で冷やしてが美味しい。

りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ

「焼きたてがこだわりなのに、持って帰ってくるってどうよ?」と思われる方もいるでしょう。そこは全く問題ありません!

「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」は、冷蔵庫で冷やして食べても美味しいんです。冷めてしまったケーキを温め直すこともできるのですが、僕は冷やして食べるのが好きです。ヒンヤリ、ふんわり、な感覚が美味しいんです。

りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキを食べる赤ちゃん。

1歳1ヶ月の息子も、かぶりついていました。

大阪人にとっては、ベタな「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」ですが、大阪人以外にとっては珍しくて美味しいお土産なんです。大阪土産に悩んだ方は、ぜひどうぞ♪

大阪銘菓「焼きたてチーズケーキ」・りくろーおじさんの店

■関連リンク
大阪銘菓「焼きたてチーズケーキ」・りくろーおじさんの店