画像参照元:IBC 岩手放送

これはひどい! 岩手県盛岡市にある幼稚園で、園児たちが園内の畑で栽培していたサツマイモが、収穫間近で盗まれました。

3歳の園児と女性教諭が発見し、辺りには、土に刺さったままのスコップ、たばこの吸い殻、空き缶などが散乱していたそうです。

子供達は、この事態をどう受け止めたのか? その心情を想うと心が痛みます。

また、園内に不法侵入とは、防犯上の不安も感じますね。

16日午前11時ごろ女性職員が園児と散歩していたところ、収穫間近のサツマイモ27株のうち、21株が掘り起こされているのを発見しました。辺りには、土に刺さったままのスコップの他、たばこの吸い殻や空き缶が散乱していたということです。
幼稚園の畑からサツマイモ盗まれる/岩手・盛岡市:IBC 岩手放送

■関連リンク

荒らされた畑
画像参照元:IBC 岩手放送

もみじが丘幼稚園、11月には「焼き芋会」を予定

画像参照元:もみじが丘幼稚園

被害を受けた、もみじが丘幼稚園のウェブサイトに掲載されている年間行事によると、11月に「焼き芋会」が予定されていました。過去の写真が掲載されていますので、毎年恒例の行事のようです。

今年の芋掘りや焼き芋会の開催は、どうなるのでしょうか。

現場に残されたスコップからは指紋、たばこの吸い殻や空き缶からはDNAが採取できるでしょう。警察はしっかりと捜査を行い、せめて園児たちには「警察官が悪い奴を逮捕してくれたよ」と伝えてあげたいですね。

ちなみに逮捕された場合の犯人の罪状は、窃盗罪、住居侵入罪、器物破損罪が考えられます。

  • 窃盗罪 10年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 住居侵入罪 3年以下の懲役または10万円以下の罰金
  • 器物破損罪 3年以下の懲役又は30万円以下の罰金