公園の木の下で遊ぶ子ども達

週末、子どもを遊びに連れて行ってあげたいけど、遠出は疲れるし、人気スポットは混んでるし、そもそも遊びに行ったらお金も掛かるし……。

保育園・幼稚園に通っているくらいのお子さんがいらっしゃるパパ・ママ、毎週末やってくる休日の過ごし方は毎回大変ですよね。

今回はそんなご家族のために、「疲れず、お金も掛からないのに、親子ともに楽しめる週末の過ごし方」をご提案します。

スポンサーリンク

3〜4歳から外遊びが増える

公園の遊具で遊ぶ子ども達

子どもが赤ちゃんの頃や、1〜2歳のよちよち歩きの頃は、「パパ友・ママ友がいなくても、家族だけで十分楽しめるな」と思ってました。

しかし、3歳頃から状況が変化してきます。

子どもが活発になってくるので、親と子の一対一で遊び続けるのはとても疲れるのです。また、子ども自身も、お友達と遊びたがるようになります。

わが家の4歳の息子に、「今度のお休みの日、〇〇くんと遊びに行くよ」というと、「やったぁ!」ととても嬉しそうにします。そして休日は、お友達と公園などのお出かけ先でたっぷりとはしゃいでいます。

親は、遊んでいる子ども達を見守っていれば良いので、体力的にはぐっと楽になります。しかも、子どもにとっても、お友達と遊ぶ経験って良いじゃないですか。人づきあいや社会と関わりを学ぶ、良い機会になります。

だから週末は、お友達家族をお誘いしたくなるのです。

しかし、ここでちょっとした問題が。

保育園・幼稚園のお友達家族をお誘いする場合、誰に声を掛けるべきかを悩みます。また、家族ぐるみの付き合いになるので、多少なりとも気づかいがいる。もし自宅に来てもらうことになれば、部屋が狭い、散らかっているなど気が引ける。……など。

よほど仲良しの関係であれば問題ありませんが、これからはじめる関係づくりにおいては、やっぱり気になりますよね。

お弁当持参で公園に集合。それだけで楽しい!

お弁当

先日、晴れた日曜日に、近所の公園で7組ほどのお友達家族が集まって遊びました。

以下、息子が通う保育園でのママトーク(イメージ)です。ひとりは、うちの嫁さん。

「次の週末、公園で遊ばない?」
「いいね!」
「ピクニック気分でお弁当を持って行こうよ」
「うん、たのしそう! 他にも誘おうよ」
「そうだね。幼稚園に転園した子も声かけていい?」
「もちろん!」

そんな感じで、大人と子ども合わせて、総勢7家族・30人ほどが近所の公園に集まることになりました。お弁当持参で。

これが、すごく楽しかったのです。

子ども達は、お友達がたくさんいるので終始大はしゃぎです。大人は、何人かが子ども達を見守って、残りはおしゃべりに花を咲かせました。

「いつもの公園なのに、なにこの幸せな空間は」

そんな気分です。

午前11時に集合して、16時に解散。ひとつの公園で5時間も楽しめたのです。

この夜、ほとんどの子どもは、帰宅後、お風呂に入って、夕食を食べたら、コテっとすぐに寝ちゃったそうです。わが家の息子も早々に熟睡。

ただ、公園に集まるだけなのですが、この遊び方は最高でした。

【ルール】事前に決めておいた方が良いこと

  • お弁当は各自持参(シェアはなし)
  • 好きなときに来て、好きなときに帰っても良い

ルールというほどではないのですが、お弁当に関しては「各家庭、自分たちで食べる分だけ持ってきてくださいね」と、決めておくと良いでしょう。

「おかずをシェアしよう」を前提にしてしまうと、家事の時間が増えてしまうし、気づかいが発生するからです。厳格にシェア禁止という訳ではありませんが、「〇〇さんは唐揚げ、〇〇さんはおにぎり担当ね」などと決めない方が気楽ということです。

おやつに感しては、子ども達どうしで交換し合っていましたね。かわいい!

あと、時間も目安で決めて、「好きなときにきて、好きなタイミングで帰って良い」ことにします。わざわざルールとして言うほどではありませんが、気軽に参加できるのが大事ですからね。

■持ち物一例
・お弁当
・おやつ
・水筒(お茶)
・レジャーシート
・蚊除け(夏季)
応急処置セット

家族ぐるみで遊ぶと、大人も子どもも一気に仲良くなれる

笑顔の子ども達

公園で遊んだ数日後、うちの嫁さんが「保育園のお迎えに行ったとき、〇〇くんがすごく嬉しそうにタッチしに来てくれた」と言っていました。

また、パパ同士も親密になり、今度「パパだけの忘年会」を開催することになりました。いつもはママ会ばかりなので、たまにはパパもやろうよ! と。

とにかく、休日に家族ぐるみで遊ぶと一気に仲良しになれます。

子育てには、助け合いが必要な場面が度々出てきます。わが家では、夫婦揃って仕事で保育園のお迎えに行けないという緊急事態がかつてあったのですが、同じ保育園のお友達のママが迎えに行ってくれて、そのお家で預かってもらったことがありました。

遊びのときもそうだし、困ったときもそうだし、親しいお友達家族がいると心強いです。

そういう関係に楽しみながら自然になれるのが、休日の公園遊びです。気兼ねなく集まれて、楽しくて、仲良くなれます。

かなりおすすめです!

今度、公園でお弁当食べませんか? クラス全員にゆるく案内してみよう

公園でお弁当を食べている子ども達

僕たちは今回、ふんわりした流れで7組の家族が集まりました。

でも、ここまで規模が大きくなると、誘われていないご家族が知ったら気分を害するかもしれませんね。

保育園・幼稚園に通っているお子さんの場合、クラス全員に声を掛けると良さそうです。クラス用のLINEグループとかメーリングリストで、「今度、公園でお弁当食べませんか?」と。

出欠も取らずに、来たい人、来れる家族だけが参加する。

公式なクラス会ではなく、「公園で遊ぼう」のデカい版です。

最初は2〜3組みの小規模でも良いと思うので、ぜひやってみてください。素敵な週末になりますよ!