子どもとオセロやかるた、不機嫌になるからわざと負けた方がいい? 保育士さんのアドバイスで解決!

855

幼い子どもとゲームをする際、大人は手加減をしてわざと負けた方が良いのでしょうか?

私ごとになりますが、わが家の4歳の息子は、家でオセロや双六、かるたなどのゲームをして負けると不機嫌になります。パパやママが優勢になるとイライラしはじめ、しまいには盤面やカードをぐちゃぐちゃにしてしまうのです。

そのため僕たち親は、息子が勝つように手加減をしたり、ハンデを与えたりしています。

でもこれって、このままで良いの!?

スポンサーリンク

保育園の先生に、勝負ごとの悩みを相談

保育園ノート
ママが保育園ノートで相談

保育園との連絡ノートに、「家でゲームをして負けると、泣いたり、怒ったり、不機嫌になったりして大変です……」といったことを嫁さんが書きました。

このまま続けていて良いのか気になるし、保育園での様子も気になります。

すると翌日、担任の保育士さんから、笑顔でこんなアドバイスをいただきました。

「こたろうくん、保育園では負けても大丈夫ですよ。『ぼく、負けちゃった……』と、ちゃんと負けを受け止めていますから。だからお父さん、心配し過ぎないでくださいね!」

よかった! 保育園では、勝てないからと言って怒る、ということは無いんだ。

息子から「パパ、わざと負けないで(本気でやって)」

キリッとした男の子の表情

ただ、保育園では勝ち負けの勝負を楽しめると言っても、家では常に1番でないと気が済まない、というのではやっぱり問題です。

家ではどうすべきかなぁ……と、思案していたところ、息子からこんなひと言が。

「パパ、わざと負けないでね」

え、わざと!? なぜ息子がこんなことを言ったのか、僕は驚きました。聞いてみると、保育士さんから「パパはわざと負けてくれているかもしれないよ」と言われたのだそうです。

一見、傷つきそうなひと言のような気もしますが、そこは日頃よく見てくださっている保育士さん。息子の日ごろの様子から、今なら言っても大丈夫と判断し、そう言ってくれたのだと思います。

そして息子は、パパに対して「本気で戦って!」と挑んでくるようになったのです。

といっても、今もまだ負けそうになったときには不機嫌になりますが、これまでの状況は打破できました。

さすが子育てのプロ。
先生、ナイスフォローありがとうございました!

勝負に勝つには、どうしたらいいかを考える

笑顔の男の子

ゲームに負けることもある。

これを受け止められるようになったことで、息子と冷静に話せようになりました。「じゃぁ、ここでどうする?」「勝つために大切なのは何かな?」など、ヒントやアドバイスを与えながら、考える機会が作れるようになったのです。

ゲームは、勝敗にこだわらせてはいけないですよね。

勝負ごとの魅力は、攻略。どうやったら強くなれるのかを考えて、練習したり、仮説を立てたりしながら、何度も挑むのが面白さです。過程を楽しみたいです。

毎回わざと勝たせて気分だけ良くさせていては、学びや成長の機会を奪ってしまいますもんね。

同じように悩んでいるパパ・ママがいらっしゃったら、保育園や幼稚園の先生に相談するのも手だと思います。子どもに合ったアドバイスをもらえるかもしれません。

保育園で流行っているゲーム、ハリガリジュニア

最後に余談を。

息子は、保育園でいろんなゲームをしています。パズル、オセロ、かるた……。そんな中、息子が所属する3歳児クラスでは、「Halli Galli Junior(ハリガリジュニア)」が、いま大人気です。

created by Rinker
Amigo Spiel + Freizeit
¥2,800 (2019/10/17 09:06:03時点 Amazon調べ-詳細)

カードを順番にめくり、同じ色の笑ったピエロカードが2枚揃えば早く鐘をならします。カードが残っている限り繰り返し、一番多くピエロを集めた人が勝ちとなります。

足し算が必要な「ハリガリ」、条件設定が複雑な「ハリガリ エクストリーム」もあります。

カードゲームで、同じカードが出たときに、テーブルの中央においた鐘を素早くチーンと鳴らす遊びです。ハリガリジュニアが幼児向けで、少し難しい5〜6歳以上向けの「ハリガリ」があります。

息子は「今日は〇〇ちゃんに負けた」「今日は〇〇くんに2回買った」など、家でもハリガニジュニアの勝負の結果を報告してくれます。微笑ましいです。

パパやる「ゲーム」「保育園」関連記事

4歳の息子がオセロデビュー
オセロは何歳から? 4歳ではじめたやり方のコツ

幼児期の終わりまでに育ってほしい姿 10の育み
保育園には早期教育より大切な10の育みがある。保育所保育指針「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください