子ども2人目決断の決め手。経済的ゆとりより夫の育児参加が重要という結果に。

子ども2人目決断の決め手。経済的ゆとりより夫の育児参加が重要という結果に。

by -
子ども2人目決断の決め手。経済的ゆとりより夫の育児参加が重要でした。

ふたり目の子どもをつくるかどうか?
この決め手は『夫が子育てを手伝っているか』が、重要なポイントなんだそうです。

妻が2人目の子どもを希望するどうかは、経済状況にゆとりがあるかより、夫が育児をするかどうかのほうが大きな要素になっていることが厚生労働省の研究班の調査で分かりました。

夫の育児参加が2人目の子どもの決め手に:NHKニュースより引用

 

2人目の子どもを希望しますか?

  • 調査対象:生後数か月の乳児が1人いる全国の女性およそ9,300人

圧倒的に、夫が育児に参加しているかどうかが、2人目の決め手となっています。

 

【妻】夫が子どもと遊んでいると感じるか?
夫が子どもと遊んでいる

「はい」と答えた家庭は、「いいえ」の3.15倍、2人目の子どもが欲しい。

【妻】夫が育児をすると感じるか?
夫が育児をする

「はい」と答えた家庭は、「いいえ」の2.91倍、2人目の子どもが欲しい。

【妻】経済状況にゆとりがあると感じるか?
経済状況にゆとりがある

「はい」と答えた家庭は、「いいえ」の1.13倍、2人目の子どもが欲しい。

 

理想的な子どもの数。2〜3人派が圧倒的。

厚生労働省の『平成25年版厚生労働白書』によると、1977年の調査より、変わらず理想人数は2〜3人となっています(妻の年齢39歳以下)。

平均理想子ども数の分布

2人以上の子どもが生まれてこないと、日本の人口は減る一方となります。人口維持に必要な出生率は2.08と言われています。

 

子育て:最も大変な時期はいつ頃?

同じ厚生労働省の平成25年版厚生労働白書に、「子育てで最も大変な時期はいつ頃か」という調査結果も掲載されています。それによると、1歳から小学校修学までの幼児期間がもっとも多く32.8%の親が大変だと答えています。

子育てで最も大変な時期はいつ頃か

次に大変なのは、生まれててから1歳までの乳児。小学生は一旦落ち着いて、また中・高生から大変さが増すようです。

 

企業や社会のしくみ作り。少子化対策にとっても重要。

調査を行った山梨大学の山縣然太朗教授は「仕事が忙しく育児に参加したくても体力的にも時間的にも参加できないという男性が多い。少子化を改善するためにも、企業や社会が幼い子どもがいる夫婦が育児ための時間を持てるよう協力する仕組みを作ることが必要だ」と話しています。

夫の育児参加が2人目の子どもの決め手に:NHKニュースより引用

育児休暇

法律で、育児休暇が認められています(育児介護休業法)。
そして、政府も育児休暇取得を推進しています。

厚生労働省では「出産後数ヶ月〜1年はお母さん、その後バトンタッチしてお父さんが育休」という夫婦交互取得の提案も行っています。近年、男性の育児休暇も話題になっていますが、実際に男性が育児休暇を取得しているのはわずかでしょう。男性の場合、取りたくても取れない『風潮』の職場が圧倒的だと思います。

雇い主は、育児休暇の申し出があった場合、原則として拒否する事はできません。もし拒否したり不当な扱いを受けた場合は、紛争解決のため、労働局の行政指導や調停が行われます。

ただ、冒頭の調査結果「男性の育児参加が第2子の決め手」については、単なる法整備だけでなく、罰則を強化するなど強い意思と指導をもって世の中の風潮を変えて行かないと、なかなか解決には至らないと思います。


家族との時間は量より質。たった3分でも、子どもや妻と濃密な時間を過ごせれば、量はあとからついてきます。

忙しいビジネスマンのための3分間育児 (ディスカヴァー携書)より引用