壮大すぎる父娘の愛、SF超大作「インターステラー」。宇宙、時間、空間を超えた5次元の世界で描かれる親子愛。

『親子の愛』を描いた映画は無数にありますが、ドラマやアクションといったカテゴリーではなく、宇宙を舞台に繰り広げられるSF超大作親子劇。時間も空間も超えた5次元空間(初めて聞きました)で魅せてくれる父娘愛は、あまりに壮大で常識や概念をぶっ壊してくれます。

2015年2月に開催された本作「インターステラー」は、第67回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞するなど、SFファンから大絶賛を受けました。理系の専門用語が次々と出てくるので、観る人を選ぶ映画ではありますが、難解でありながらも世界各地で記録的な興行収益を上げ、多くの人を魅了する結果となりました。ストーリーの根底に、父親と娘の親子愛があるからでしょう。

映画の時代背景は近未来。異常気象により植物・作物が育たなくなり、食糧不足、酸素不足が迫り、地球が滅亡の危機に。そこで、新たな居住地を求め、宇宙の星々を探索するという話です。

iTunes StoreやGoogle Playなどのレビューを見ると大絶賛の方が大半なのですが、個人的にはSF素人ながらも「そんなことってあり得るんですか!」と、突っ込みどころを感じてしまい、それほど没入できませんでした。(汗)

地球から宇宙船が飛び立つときは大掛かりな装置が必要なのに、他の惑星から宇宙に出る際は、小型船でいとも簡単に大気圏を出てしまう。また、宇宙、時間、空間を超えてストーリーが展開するほどの壮大さなのに、そこの親子愛が絡むという、妙なアンバランスさ。

……でも、そんな屁理屈いっちゃダメなんでしょうね。素直に観れば、壮大な気持ちで感動できる映画です。

3時間近くもある長い映画ですが、僕は何回かに分けて観ました。子育て中の方は、特に長い映画を観るのはなかなか難しいですよね。細切れに観ても大丈夫です!

SF超大作親子愛(父親と娘)という異色作ですが、たまにはこんな映画もいかがでしょう。

余談ですが、映画「インターステラー」を観て、手塚治虫の「火の鳥」シリーズを思い出しました。火の鳥は1950年代に連載がはじまった超大作マンガ。改めて手塚治虫のすごさを再認識させられました。




概要を観覧
父親と娘の親子愛に感動!
ひとつ前の記事不妊症の認定期間が、WHOに合わせて2年から1年に短縮。ただし日本人夫婦の性行為回数は世界最低
ひとつ新しい記事子供の歯みがき、転倒でのどに歯ブラシが刺さる事故多発! 1〜2歳が全体の75%を占める
パパに役立つ情報を発信中! 妊活から、育児、保活、夫婦関係、子どもの遊び場・遊び方、役立つモノ、注目ニュースの解説まで、子育てをわかりやすくお伝えしています。本サイト「パパやる」は、男性視点の子育てサイト。フリーランスライター・編集者の北野 啓太郎が、全力で手探り育児をしながら運営しています。→パパやるについて、運営者プロフィール、お問い合わせはコチラ
interstellar-chichioya-musume-oyakoai地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか? 鬼才クリストファー・ノーラン監督×アカデミー主演男優賞受賞マシュー・マコノヒー×アカデミー助演女優賞受賞アン・ハサウェイ。世界最強の監督とキャストが仕掛ける、衝撃の宇宙体験!

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください