イクメンという言葉は好きじゃないけど、新しくなった中学校の家庭科の教科書はイケてる!

イクメンという言葉は好きじゃないけど、新しくなった中学校の家庭科の教科書はイケてる!

by -

僕は「イクメン」という言葉は、好きではありません。

なぜなら、その言葉から「基本、育児は嫁(母親)がやるものだけど、俺、男だけど育児やってます(ドヤ顔)」的な、いやらしさを感じるからです。

とはいえ、イクメンコンテストか何かで、「パパやるの鼓太郎くんのお父さんが選ばれましたよ」と連絡があれば、迷うことなく満面の笑みで授賞台に立ちます。笑

今年から、中学校の教科書に「イクメン」。

“来年4月から使われる中学校の教科書に育児を積極的に行う男性、“イクメン”ということばが初めて登場し、ライフスタイルの変化や新しい家族関係についての記述が多く盛り込まれています。 

中学校の教科書に“イクメン”初登場:NHK NEWSより一部引用”

なんと今年2015年4月から、中学校の家庭科の教科書に「イクメン」という言葉が掲載されているそうです。厚生労働省が「イクメン(育MEN)プロジェクト」を支援しているので、政府公認キーワードとして掲載の決め手になったのかもしれませんね。

しかし「生涯イクメン宣言」って、なかなか恥ずかしい表現で、やっぱり僕はちょっと苦手です。笑

ただ、新しくなった教科書には、なかなか良いことが書いているようなので、NHK NEWSよりご紹介します。

昭和33年「家庭の仕事は女性がこなすもの」

昭和33年「家事の仕事は女性がこなすもの」
NHK NEWSより

57年前、昭和33年(1958年)の家庭科の教科書です。この頃は高度成長期といわれる時代で、「家事労働の仕事は普通、主婦が中心となって行われている」と書かれていたんだそうです。

「家事」=「主婦」という価値観が、一般的だったということです。

平成14年「母親も外で働く、共働き時代」

平成14年「母親も外へ働きに。共働き時代」
NHK NEWSより

44年後の平成14年(2002年)になると、家庭科の教科書に、はじめて女性が出勤する姿が描かれるようになりました。イラストをみると、父親・母親が外で働いていて、家では祖母が子守りをしている、という様子がうかがえます。

平成27年「家事・育児は男女協力型に」

平成27年「家事・育児は男女協力型に」
NHK NEWSより

そして、今年平成27年(2015年)に入り、いよいよイクメンという記述も登場し、男性も家事や育児を行うものである、と教科書で教えられることになりました。あたらしい家庭科の教科書には、娘と一緒に食器洗いをする父親のイラストや、赤ちゃんに離乳食をあげる父親の写真が掲載されています。

これまでは夫婦共働きであっても、家事・育児は女性が担当という社会の風潮がありました。また、今のように育児休業をとる男性というのも聞いたことがありませんでした。それが変わりつつある、ということです。

平成27年「家事・育児は男女協力型に」
NHK NEWSより

ひとり親家庭や、血のつながらない中で育つこともある。

150408_nhk_kateika_ikumen_5

とくに良いなと思ったのは、この部分です。

家族には、いろんな形があると説明しています。両親のいる家族、単親の家族、祖父母のる家族。また、血のつながらない人びとの中で育つこともある、と。

子供たちは、自分たちが実感している社会の範囲はまだ狭く、知らないがゆえに、ときに差別的になってしまう場合があります。いくらイクメンを推奨しても、父親がいない家庭でくらす子供もいるでしょう。また、虐待や死別により親と一緒に暮らせない子供もいるでしょう。

家族にはいろんな形があるんだよ、と教えることは、とても良いことだと感じました。

■パパやる関連記事
→ 親と一緒に暮らせない子供たち。児童養護施設を支援するNPO 3keys代表の森山誉恵さんインタビュー

最後に。

男女平等・男女同権という言葉が日本でも当たり前になって久しいですが、家庭科の教科書の移り変わりをみると、社会制度に比べて、家庭内の改革はずいぶん遅れをとっている印象を受けます。

本来であれば、男女雇用機会均等法が施行された1986年(昭和61年)頃から、「家庭内でも家事・育児は分担しましょう」という流れになってもおかしくないはずです。しかし、それから約30年たって、ようやく男女平等という意識になってきたということです。

とはいえ、イクメンという言葉で男性にスポットライト当てているので、真の平等ではないんですけどね。男性は担ぎ上げられると誇らしげになる。そういう意味では、イクメンという言葉はアリかもしれません。笑