恋をして、結婚をして、我が子を授かって……。
人は愚かというか、自分で経験してみないと判らないことが沢山あります。

僕の場合、息子が生まれ、子育てをするようになったときが顕著でした。小さな命に対して溢れ出てくる愛を知り、同時に自分が親から頂いてきた深い慈しみを知る事になりました。子どもの頃にはわからなかったこと、社会人になるまでわからなかったこと、結婚して子どもを授かるまでわからなかったこと。

そういった想いを、たった一曲で表現した素晴らしい曲が、このFire Ball「Wonderful Days」です。

Fire Ball「Wonderful Days」ミュージックビデオ

TRUTHFUL a.k.a. STICKO

TRUTHFUL a.k.a. STICKO「初めての記憶は無いに等しいけど、これ以上無いほど温もりを感じていた」

TRUTHFUL a.k.a. STICKO

CHOZEN LEE「あぁ、あなたに出逢えた。ただそれだけで、私のこの人生は価値がある」

TRUTHFUL a.k.a. STICKO

JUN 4 SHOT「愛ある言葉さえ口うるさくてうざいぜ。『人生は自分のもんだ』と好き放題やらかしても、語りかけ続けてくれた言葉が響き渡る。今、何よりも」

TRUTHFUL a.k.a. STICKO

SUPER CRISS「出会いと別れの繰り返しの中で、愛しい恋人よ、運命を感じていた」

今の気持ちを、素直に口にしておこう。

Fire Ball「Wonderful Days」。父親になって気づく沢山の想いを、たった1曲で歌い上げる。

子どもは日に日に成長します、そして自分の親は老います。当然、奥さんも歳を重ねるし、何より自分自身もいつまでも若くはいられません。

今ある環境は、今しかないのです。

「家族を愛する気持ち、感謝する気持ちは、素直に口に出しておくべきなんだろなぁ」と、この曲を聴きながら感じました。とても素晴らしい曲で、じわじわと胸に刺さってきます。

ぜひ、聴いてみてください。

 

パパやる「音楽」関連記事


FIRE BALL「究極の1曲」に参加させてもらいました。息子の鼓太郎がサイトに掲載!
*”人生の価値を決めるものとは何なのか。それはとてつもないものだと思っていたけど、案外身近にあるのかもしれない。愛する気持ち、感謝する気持ち、自分と素直に向き合おうとチカラをもらえます。” by 北野 啓太郎