車の乗り降りをエレガントにする方法で、素敵なパパ・ママになろう!【身体の中心軸シリーズ】

891
北野
今すぐ、簡単に、エレガントになれる!

今回は「あなたの動きを、今すぐエレガントにする方法」をお伝えします。

エレガントな動きと言っても、人間には様々な動きがあるので、今回はそのうちのひとつ「車の乗り降り」をエレガントにさせて頂きます!

特に子育て中の方は、車に乗る機会が多く、色んな人との出会いも多いと思います。せっかくだったら、「素敵なパパだな」「エレガントな奥様だな」と思われる方が良いじゃ無いですか。

逆に言うと、「ガサツだな」「ガラ悪そうだな」と思われるのは、ちょっと嫌ですよね。

今回のノウハウは、もちろん子育て中だけでなく、恋人とのデートだったり、ビジネスシーンでも使えます! ぜひ、学んで行ってください。

【動画で解説】エレガントに、車を乗り降りする方法

パパやるチャンネル

……と、偉そうに言っていますが、皆さんにお教えするのは、僕ではありません。

先日、東京・南青山にある「DS STORE 東京」で開催されたワークショップに参加してきたのですが、それがすごく良かったのです。主催者さんにも許可をもらったので、その様子を動画でお届けします。

実はこれ、
ほんの少し、
あるロジックを知っていれば、今すぐに実践できるテクニックなのです。

ヒントは「身体の中心軸」。

それでは、上の動画をポチッと再生してください。

 

どんなイベント? Tuning 5 senses “Feel & Enjoy DS”

Tuning 5 senses “Feel & Enjoy DS”

ところで、これはどんなイベントなのか? 案内状から一部を引用します。

フランスの名車シトロエンDSのエスプリを受け継ぐDS オートモビルの「DS」と、Body Tuning®を主宰するパーソナルトレーナーの内田あやがコラボレートし、ユニークなワークショップが生まれた。
「Tuning 5 senses “Feel & Enjoy DS”」と題したこのワークショップでは、「五感」を磨くことを通じて車にエレガントに乗るコツや、ドライブを今まで以上に楽しむためのティップスがレクチャーされる。

つまり「自動車メーカーとパーソナルトレーナーとのコラボ企画」という訳です。

今回はさらに、ダンサーでDJのYacheemi(ヤチーミ)さんもゲスト講師に招かれ、わかりやすく、楽しく、エレガントな動きのコツを教えてもらうことができました。

身体の中心軸から車に乗り降りするのが、エレガントに見せるポイント

北野
動画の一部を、写真・文章でも一部ご紹介します!

 

車の乗り降りをエレガントにするための心構え「パブリックをお客さんだと思え」

まずは、車の乗り降りをエレガントにするための心構え。

「パブリックをお客さんだと思え」

ステージ上のダンサーのように、優雅に、自然に。そんな気持ちを持ちましょう。

 

泥棒乗り

それでは、エレガントな乗り降りを紹介する前に、《ついやってしまいがちなNGパターン》を3つご紹介します。まずは、ひとつめ。

「泥棒乗り」

先に手をついて乗り込むのは、お尻を突き出してしまうのでエレガントではありません。

 

股を開いて、車を乗り降り

ふたつ目は「股の開き」です。

開いた股を見せるのはエレガントではありません。男性の場合であっても同じで、オラオラ感が出てしまいます。ギャングっぽいですね。

 

くの字乗り

そして、3つ目が腰を曲げてお尻から乗り込む「くの字乗り」。

これは惜しいのですが、身体を「くの字」に曲げると腰に負担がかかり、腰痛などの原因になってしまいます。つまり、無理な姿勢という訳です。

 

中心軸からツイストする

では、正解はどうか? 答えは「身体の中心軸から乗り込む、降りる」です。

身体の中心軸から膝を揃えたまま乗り込むと……。あら、不思議! とてもエレガントになるのです。

この動きは文章では説明しづらいので、ぜひ動画でご確認ください。

 

美しい車の乗り降りをするための自重トレーニング

動画では、美しい車の乗り降りをするための自重トレーニング方法や、実際にやってみた僕のチャレンジも公開しています。

■YouTube
Tuning 5 Senses「車の乗り降り」編

 

\講師・DS STORE ご紹介/

内田あや プロフィール

内田あや

Body Tunings Founder, パーソナルトレーナー

大学卒業後『25ans』『Figaro Japon』などの女性誌の編集に携わる。 在職中にニューヨーク発のボディワーク、ジャイロトニックに出会いパーソナルトレーナーの道へ。女優、モデル、俳優、編集者、クリエイター、ファッション関係者をはじめ、経営者や管理職などのエグゼクティブを含む、都会で活躍するクリエイティブクラスが足繁く通うスタジオ as・i・am/apartment を東京南青山に2007年設立。クライアントとの日々のレッスン、スタッフ育成、ジャイロトニックやジャイロキネシスの指導者養成にも務める。そして2013年に、カラダと心をしなやかに保つ秘訣を明かした『エグゼグティブ・ボディチューニング』(講談社刊)を上梓。また、アメリカだけにとどまらず、アジアやヨーロッパなどを旅しながら、ヨガ、呼吸法、タイマッサージ、瞑想などでカラダへの探求をより深める。また東洋思想を大切にする欧米人の指導者たちとの交流を通して、あらためて、自分自身の東洋人らしさ、アジア人としてのアイデンティティに気づく。強さとしなやかさ、自信とリラックスが共存する、力ではなく呼吸で逆立ちできるようなカラダ作り(少ないパワーで最大限の力を発揮する)ボディチューニングメソッドを考案。


Yacheemi プロフィール

Yacheemi ヤチーミ

ダンサー/DJ

ダンサー/DJとしてナイトクラブを中心に活動。 日本有数のダンスバトル『DANCE@LIVE』の年間 FINALIST にな った他、ジャマイカで行われたレゲエダンスの世界大会で準優勝。また、結成25年を迎えるヒップホップクルー『餓鬼レンジャー』で は、マスコット“タコ神様”としてパフォーマーを担当するなど活動範囲は幅広い。

2019年末のNHK紅白歌合戦では、大トリを務めた国民的アイドルグループのバックダンサーとして登場。R&Bリスナー歴25年が高じて、最近は音楽ライターとしても活躍中。仏文科卒の経歴がありフランス文化などにも造詣が深い…と、聞けば聞くほど謎が深まる七変化系男子。


DS STORE 東京

1955年、フランス・パリモーターショーでセンセーショナルなデビューを果たした「シトロエン DS」を起源に、2009年にシトロエンの高級サブブランド「DS」がスタート。その後、2015年に仏PSAグループ内で 「DS AUTOMOBILES」(DSオートモビル)として、独立したプレミアムブランドとして発足した。発足以来、 フランス大統領車として採用されている。
「DS AUTOMOBILES」は、自動車業界の慣例にアヴァンギャルドに挑みながら、フランスの卓越したクラフトマンシップ、時代の先端をゆく技術とデザイン、そして伝統を凝縮した、フレンチ・ラグジュアリーを体現し続けている。

2018年11月に南青山にオープンした「DS STORE 東京」は、そんな DS の世界観を五感で感じられる特別なフラッグシップストアである。

第二弾は「エレガントな腕の動かし方」

ダンスを踊るときは、身体の中心から動かすのかっこよく見せるコツ

また、このセミナーはこれで終わりではありません。本サイト「パパやる」では、同セミナー内で教えてもらった「エレガントな腕の動かし方」もお伝えします。

ハンドルさばきだったり、
物を渡すときだったり、
そんな些細な動きを「あれ……なんだか素敵!」と思ってもらえるロジックもあるのです。

ヒントは、今回と同じく「中心軸」。

それでは、第二弾もお楽しみに!

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください