ドラえもん、2歳半の息子がついに興味を! 六本木のテレビ朝日本社ビルへ行ってきました

ドラえもん、2歳半の息子がついに興味を! 六本木のテレビ朝日本社ビルへ行ってきました

2歳半の息子が、いよいよ「ドラえもん」に興味を示し出しました。嬉しいです!

なぜなら、父親である僕も「ドラえもん」が大好きだからです。

息子がすでに大好きな「きかんしゃトーマス」「アンパンマン」「いないいないばあっ」は、僕が子供の頃にはテレビ放送されていませんでした。しかし、親子で同じアニメが楽しるドラえもんは最高ですね!

僕の記憶に残っている中で、生まれて初めて映画館で観た映画は「ドラえもん のび太の恐竜」です。1980年に公開された、ドラえもん劇場映画の第1作目。のび太が発見した恐竜の卵が孵化し、赤ちゃん恐竜ピー助を白亜紀に返すという物語なのですが、子供ながらにジーンと感動したのを覚えています。当時、僕は7歳でした(小学校1年生)。

とにかく僕はドラえもんが大好きで、ドラえもんが連載されていた月刊コロコロコミックは毎号買い、ドラえもんの漫画本も集めていました。また、ドラえもんの道具大辞典という本があり、そこに道具とその設計図(図解)が掲載されていたのですが、僕は本気で「大人になったら自分で秘密の道具を作る。そのためにも博士になりたい!」と思っていました。笑

そんな経験をしてきたので、僕は今、パソコンやガジェットなんかが好きなのかも知れません。

2歳半の息子と、六本木のテレビ番組本社へ!

アニメ「ドラえもん」を放送している、東京・六本木のテレビ朝日本社へ、先週家族で行ってきました。そのレポートをお届けします!

実はここには、ドラえもんファンににはたまらない物がいろいろあるのです……。

 

六本木ヒルズで走る息子、2歳半

まずは、東京メトロ 日比谷線「六本木駅」から、直結している「六本木ヒルズ」へ。駅から続く長いエスカレーターをのぼると到着。息子が嬉しそうに走っています。

 

六本木ヒルズの滝の壁で遊ぶ息子、2歳半

滝の壁? 最近、水遊びが大好きで、水道や噴水に興味津々。

 

六本木ヒルズの巨大クモで遊ぶ息子、2歳半

六本木ヒルズにある巨大クモ。おどろおどろしいこのオブジェは、フランスの彫刻家Louise Bourgeois(ルイーズ・ブルジョア)の作品「ママン」。真ん中にはたくさんの卵が見えます。

余談ですが、フランス語でママはママンですが、パパはパパンではありません。パパはパパだそうです。

 

六本木ヒルズから眺めるテレビ朝日ビル

巨大クモ・ママンを通過すると、左手にテレビ朝日の本社ビルが見えます。

 

六本木ヒルズから眺める東京タワー

ちなみに、その左手には東京タワー。

 

テレビ朝日、毛利公園、六本木ヒルズ

左から、テレビ朝日本社ビル、毛利公園、六本木ヒルズ。

 

テレビ朝日ビルのドラえもんに駆け寄る息子、2歳半

さっそく、ドラえもんのぬいぐるみを見かけて駆け寄る息子。

 

テレビ朝日ビル入口

テレビ朝日本社ビルの入り口はこちらです。1Fの一部エリアは、一般の方が自由に入れるようになっているのです。

 

テレビ朝日本社1F

入り口を入ったところ。

 

テレビ朝日本社1F、熊のキャラクター

テレビ朝日のマスコットキャラクターが出迎えてくれます。パンダ王子のゴーチャンという名前だそうです。

ところで、テレビ朝日の表記は「tv asahi」とすべて小文字で書くのですね。気づきませんでした。こういう謙虚さ、個人的には好きです。

 

テレビ朝日本社1Fは広々しています

一般人が無料で自由に入れるエリアは、こんな感じで結構広々しています。

 

テレビ朝日本社1F、のび太の部屋

その一番奥に、ドラえもんのスペース。「のび太の部屋」があります。

 

テレビ朝日本社1F、ドラえもんとのび太

野比家、のび太の部屋を再現しているのです。アニメや漫画より、ちょっと狭いのはご愛嬌。

 

テレビ朝日本社1F、のび太の算数の答案。0点

息子の鼓太郎は、のび太の算数の0点の答案に「なんだこれは……」と。

 

テレビ朝日本社1F、のび太の答案

のび太……これはひどいな。分数の足し算、分母も分子も足しているだけ。笑

 

テレビ朝日本社1F、ドラえもんのクレーンゲーム

ドラえもんのクレーンゲームがあります。

 

テレビ朝日本社1F、ドラえもんがプリントされたどら焼き

ドラえもんがプリントされた、どら焼きのクレーンゲームも。

 

テレビ朝日本社1F、ドラえもんのミニクレーンゲーム

小さなドラえもんが手に入る、ミニクレーンも。

 

テレビ朝日本社1F、ドラえもんのメダル精製機、シール精製機

また、ドラえもんのメダルや、ドラえもんの名前シールをつくるマシンも設置されています。

 

テレビ朝日本社1F、徹子の部屋

ちなみに、のび太の部屋の隣は、徹子の部屋です。

 

テレビ朝日本社1F、ミュージックステーション

MUSIC STATIONのコーナーも。司会のタモリさんがいます。

 

テレビ朝日本社1F、クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんのコーナーもあるのですが、息子はまだチラッとしか見たことがないので、さっさと通過。クレヨンしんちゃんって、一時期見せるべきか見せないべきかという議論がありましたが、今はどうなんでしょうね?

 

テレビ朝日本社1F、テレアサショップ

そして、グッズが買えるテレアサショップ。ここは店内撮影禁止なので遠目から。外国人観光客に向けたグッズも用意されていました。

テレビ朝日1Fの解放スペースは、ザザッと見れば所要時間15分ほどで終わっちゃいます。子供と一緒に行く際は、ここだけを目標にせずに、六本木ヒルズやミッドタウンと合わせて計画すると良いでしょう。

六本木ヒルズ、おすすめのランチとキッズスペースのレポートはこちら。

上京した両親と子連れでいける、おいしい稲庭うどん「麻布 久徳」。六本木ヒルズにて。

Amazonプライム会員は、ドラえもんが見放題!

Amazonプライムビデオ ドラえもん

息子とは、Amazonプライムビデオでドラえもんを見ています。ドラえもんは毎月15日頃に新しい話が続々と追加され、随時数十本のアニメを見放題で見ることができます。ちなみに、クレヨンしんちゃんもあります。

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員に入ることで映画・ドラマが見放題になります。会費は年払いで、1年間3,900円(1ヶ月あたり325円)。見放題の他にも様々なサービスを受けられます。

  • 【プライム・ビデオ】映画・ドラマが見放題
  • 【プライム・ミュージック】音楽が聴き放題
  • 【お急ぎ日】通常360円、514円が使い放題
  • 【お届け日時指定】通常360円が使い放題
  • 【毎月1冊KIndle本をプレゼント】Kindle端末を持っている方限定
  • 【タイムセール】会員限定で30分早く参加できる
  • その他、お得な特典やキャンペーンが色々展開!

ドラえもん好きは、ぜひAmazonプライム会員に入ってみてはいかがでしょう! 1ヶ月間の無料体験もできるので、まずはお試しを。スマホ、タブレット、PCで観ることができ、Kindle Fire(4,980円)を別途購入すると、家庭のテレビで観ることもできますよ。


▲ドラえもんが未来に帰る、全10話の誕生日スペシャルも公開中