生まれて初めての海外旅行は、2歳でフィリピン・セブ島。Good Morningの生英語にうれしそう!

生まれて初めての海外旅行は、2歳でフィリピン・セブ島。Good Morningの生英語にうれしそう!

パークレーンホテルのプール、2歳の鼓太郎と

2歳10ヶ月の鼓太郎、ただいまフィリピンのセブ島に来ています。

人生初の海外旅行は東南アジアになりました。1月末の寒い日本から、4時間ちょっとで常夏の国へ。飛行機を降りた途端にモワッと暖かい空気が。蒸し暑いながらも贅沢な気分です。

フィリピン航空、マクタン・セブ国際空港に到着。鼓太郎初めての海外に降り立つ
はじめて異国の地に降り立り、ママと手をつないで歩く鼓太郎。2歳10ヶ月。フィリピン航空、マクタン・セブ国際空港にて。

フィリピン語があるのに、ほとんどの国民が英語を話せる不思議な国

さて、フィリピンには、フィリピン語(タガログ語)という国の公用語があります。

しかしフィリピンでは、まるでアメリカにいるかのように普通に英語が通じます。街の看板やレストランのメニューも英語が書かれていますし、ホテルでテレビをつけたら英語で話していました。着いたばかりで詳しくはわかりませんが、フィリピン語と英語が、どちらも同じくらいの使い勝手で2言語を自然に話している印象です。

英語を公用語としている国のなかで、フィリピンは世界で3番目に英語を話す人口が多い国なんだそうです。東南アジアですよ。ビックリです!

さて、そんなフィリピン・セブ島のホテルで朝食のビュッフェに向かう途中、ホテルのスタッフの方が「グッモーニーン」と笑顔で声をかけてくれました。

鼓太郎は、ハッとして、パパとママの顔を見上げてニヤリ。

Good Morning! Good Morning!

と、嬉しそうに言っていました。

0歳の頃にお世話になった英語の保育園、TMイングリッシュアカデミーの効果が今でも!

鼓太郎は、生後8ヶ月から1歳になる直前まで、東京・世田谷区にある認可外保育園「TMイングリッシュアカデミー」でお世話になりました。子供に英語を教えてくれる保育園で、朝の挨拶は親も子供も「Good Morning!」。

そのあと、モーニングサークルと言って、子供たちと先生が輪になって英語の歌を歌います。

保育の中に自然に英語が組み込まれている。
そんな保育園に通っていたのです。

どうやら、そのときの記憶がパッと蘇ったみたいです。

TMイングリッシュアカデミー(英語の保育園)お別れ会。とても良い認可外保育園でした!

今回は旅先からなのでサクッと。
フィリピンの旅については、また改めてパパやる視点でお伝えします。

セブ島は交通量が多いにもかかわらず、信号機はほとんどありません。道路は歩行者ではなく自動車優先。信号がない道路を、隙を見てすばやく渡らないといけないのです。怖っ!