1歳0ヶ月、手をつないで一緒にお出かけできるようになりました。可愛すぎて嬉し泣き!

土曜日の夕方、家で仕事をしているとコーヒーが切れたので、子守をしてくれていた嫁さんに「鼓太郎(息子)とコーヒー豆、買いに行ってくるわ」と。これまでであれば「抱っこ紐」か「ベビーカー」のどちらかを選ぶのですが、今回はじめて「歩いて」をやってみました。

息子は、ただいま1歳0ヶ月(1歳3週間)。ちょうど1歳の誕生日を迎えた日に、歩いている姿をはじめて目にしました。まだヨチヨチ以下の、すぐに転んじゃうほどだったのですが、日に日に歩く能力が高まり、たった3週間で、家の中を自在に歩き回ったり、台の上に乗って高いところに手を伸ばしたり、両手をあげて「わ〜っ」っと走り出したり。おそるべき成長です。

■パパやる関連記事

可愛すぎ、ヤバい!

カバンに、オムツとおしりふき、そして念のため抱っこ紐を入れて出発。

目的地のコーヒーショップは家から1kmほど離れているので、道中すべて歩けるわけではありません。抱っこしながら、安全な道のみ降ろして、手をつないで歩きました。

手をつないで歩きました。

手をつないで歩きました。

手をつないで歩きましたぁぁ!!!

手をつないで歩きました!

なにこれ! めちゃくちゃ感動!!
手をつないで一緒に歩いてるよ……。涙

スマホの自撮りなので足元が写っていませんが、ちゃんとスニーカーを履いてお父さん(僕)と一緒に歩いています。室内と公園以外で歩いたのは初めて! 途中、鼓太郎はしゃがみこんで地面を触っていました。アスファルトが初めてだったので気になったみたいです。

ベビーカーや抱っこでは、自分の意思で行きたい方向へ行けません。でも、今は違います。自分で歩きたい方向へ、自分の意思で進むことができるんです。

いやいや、もう感動ですわ。

自分で歩きたい方向へ、自分の意思で進むことができる。

なんとなく思いつきで息子とふたりで出かけてしまったけど、こんなに素晴らしく感動的なタイミングなのに、嫁さんを家に残してきてしまったよ。ゴメン。

買い物に来ている人など、人がたくさんいた駅周辺を歩いていたのですが、何人もの人から「かわいいね〜」と声を掛けていただき、嬉しさ倍増でした。

さらに可愛い「抱っこ」の要求まで。

帰宅途中、ずいぶん歩いて疲れたのか、急にぼくの足元に抱きついてきました。

帰宅途中、ずいぶん歩いて疲れたのか、急にぼくの足元に抱きついてきました。

これってアレじゃないですか! 子供がよく言っている「抱っこ〜」ってやつ。まだ話せないので何も言いませんが、言葉なんてなくても、息子の言いたいことはわかります。

こんなスペシャルなことまで、一度に体験できるとは。

「まだ赤ちゃんのままでいいよ。成長早すぎるよ……」なんて考えていた時期もありますが、今日、新たな可愛さの境地にたどり着いた気がします。赤ちゃんから子供へと変貌する転換期。やっぱりこれからの成長も楽しみです! お父さん、幸せです!